スマートフォン用RPG『Fate/Grand Order』(FGO)が本日2020年7月30日にサービス5周年を迎えた。

 その記念するべき日に、ゲーム内で第2部の後期オープニング映像が実装。アプリを起動すると自動的に見ることができる。主題歌は、坂本真綾さんが歌う『躍動』。

 なお、一度見た映像はマイルームで再度確認可能だ。

映像はマイルームで再度確認できる。

 映像の序盤は、過ぎ去っていった者たちを想い幻視する主人公やマシュの苦悩のようなものが描かれ、曲の中盤からは曲調が変化。一気に第二部後半を期待させてくれる映像が続出する。

かつてのAチームの姿も。
所長を気に掛けるキリシュタリア。何を意味しているのか?

 映像の後半では、これから対峙するであろうクリプターとサーヴァント、そしてまだ見ぬ新サーヴァントの姿も確認できる。冬木と思われる燃える街も……特異点Fの謎が明らかになるのだろうか?

 ほかにも、見たことのある杖を持つ少女や村正たちとの戦闘映像、主人公の新たな魔術礼装など、見所が満載だ。

このシルエットは、やはりあの生命体だろうか。
妖精のような少女も。ベリルの発言からすると、6章のブリテンで登場か?
中央の少女の甲冑はセイバーオルタのデザインに似ているように見える。何か関係があるのだろうか? 関係があるとすれば、モルガンか?
後ろ姿のみ登場する少女。持っている杖に既視感があるが……。プロトマーリンなのではないかと予想するマスターも多いようだ。
燃える街といえば冬木だが、中央のサーヴァントはまさか。
村正と例の走りを見せてくれる言峰綺礼。村正は投影しながら戦う姿を見せてくれる。
男主人公を抱える男性も新キャラクター。白の鎧とランス? 大きな槍? それとも巨大な剣? が印象的だ。円卓の騎士の誰かだろうか?
まだ見ぬ魔術礼装も。
白紙化が割れ、青い光が見える? カルデア側の状況の好転の兆しか、それとも?