任天堂は、2020年7月20日(月)23時より、“Nintendo Direct mini ソフトメーカーラインナップ 2020.7”を配信。パイク・チュンソフト(メーカー)の『ケイデンス・オブ・ハイラル: クリプト・オブ・ネクロダンサー feat. ゼルダの伝説』の有料追加DLC3種類と、DLCを内包したパッケージ版の発売が発表された。

 有料追加DLCは、インパやアリア、シャドウリンク、シャドウゼルダ、ショップキーパーなどの5種類の主人公を追加する“新たな挑戦者たち”、全39曲を追加する“リミックスメロディパック”、スタルキッドをプレイヤーにした、新たな楽曲、新たなシナリオなどを追加した“仮面交響曲”の3種類。

 スタルキッドは『ゼルダの伝説 ムジュラの仮面』でも大きくフィーチャーされたキャラクター。“仮面交響曲”はつけた仮面によって能力が変化するなど、『ゼルダの伝説 ムジュラの仮面』らしい遊びが楽しめそうだ。

薙刀を使うインパ。
リズムを外すとダメージを受けるアリア。

 “新たな挑戦者たち”は2020年7月21日に配信予定(価格は600円[税込])で、そのほかの追加DLCは順次配信予定。そして、3種類のDLCをまとめたシーズンパスも7月21日から配信(価格は1800円[税込])。シーズンパスの購入特典として、特別カラーのリンク、ゼルダで遊べるようになる。また、追加コンテンツなどをすべて収録したパッケージ版は、2020年10月23日に発売予定(価格は4780円[税込])。

 『ケイデンス・オブ・ハイラル: クリプト・オブ・ネクロダンサー feat. ゼルダの伝説』は、リズムゲームとローグライクを融合させた『クリプト・オブ・ネクロダンサー』と『ゼルダの伝説』がコラボしたタイトル。『ゼルダの伝説』シリーズらしい謎解きや、おなじみのキャラクター、BGMで、リズムに合わせて行動していく『クリプト・オブ・ネクロダンサー』の要素が楽しめる。

※画面は配信をキャプチャーしたものです。