現在、アマゾンプライム・ビデオで配信中のアニメ『ゴーストスイーパー美神』。同作は『絶対可憐チルドレン』でも知られるマンガ家・椎名高志氏原作の1990年代アニメで、ギャグ&お色気が満載の“痛快オカルトコメディー”です。

 知る人ぞ知る懐かしの名作に、ネット上では「ノリが最高! 平成の文化財アニメといっても過言ではない」、「乳・尻・太ももを惜しみなく見せてくれた神アニメ。もちろん初恋は美神さんです!」といった反響が続出。その名を知っている人は多いと思いますが、果たしてその魅力は……?

 なお、本作は来週2020年7月18日にプライム特典終了予定! ぜひ期間中にご覧になってみては。

『ゴーストスイーパー美神』(アマゾンプライムビデオ)
Amazonより

 そもそも“ゴーストスイーパー(GS)”とは、悪霊や妖怪を退治する現代版エクソシストのこと。主人公・美神令子は腕もギャラも超一流の美人GSで、さまざまな特殊アイテムを使って妖怪、悪魔、悪霊たちを退治していきます。

 そんな彼女のパートナーは、美神の色香に惑わされたスケベアシスタント・横島忠夫と巫女の幽霊・おキヌのふたり(ちなみに横島のギャラは時給250円、おキヌは日給30円と超破格)。このメンバーだけでも十分個性的ですが、ここに美神の商売敵や箱入り娘GSなどが絡んでよりハチャメチャに……!?

東映アニメーション『ゴーストスイーパー美神』公式サイト キャラクター紹介より

 同作の見どころは、何と言っても“個性的なキャラクターたち”。中でも美神のアシスタント・横島は物語のムードメーカー的存在で、その賑やかさは第1話から健在です。

Amazon prime video『ゴーストスイーパー美神』第1話

 ある日雪山の温泉旅館へ幽霊退治に出かける美神と横島ですが、もちろん彼の狙いは“美神の湯浴み姿”。幽霊がなかなか現れないのをいいことに、横島は「やっぱ女性が風呂に入ってないとダメなんでは?」と促します。

 ところが「とりあえず入ってみましょうか」と彼女が露天風呂に入ろうとした瞬間、目の前に幽霊の姿が……。“助けてほしい”と涙を流す幽霊に対し、横島は「あほか、貴様~!!」「もうちょっとで美神さんの裸体が拝めたものを」「幽霊とはいえそれが、それが男のすることかあああ!!」とまるで親でも殺されたかのように責め立てるのです。

 とにかく煩悩の塊のような彼には、ネット上も「ここまでスケベ心丸出しだともはや清々しいwww」、「横島忠夫はスケベキャラの鑑」といった声が(これがニチアサ枠で放送されていたというから驚きです)。

 ちなみに美神の声を担当しているのは声優・鶴ひろみさん。横島は堀川りょうさんが演じています。このコンビといえば…… そう、アニメ『ドラゴンボール』シリーズのベストカップル・ブルマとベジータを務めたおふたり。美神&横島コンビを“ブルマに煩悩丸出しのベジータ”として観るのもまた一興…… かも?(笑)

 エピソードは全45話。今週末は昔懐かしの90'sアニメに浸ってみませんか?

※Amazon prime videoの配信情報は記事制作時のものです。

『ゴーストスイーパー美神』(アマゾンプライムビデオ)