新しいシリーズのカタチが時代にもマッチして社会現象に!

 2009年(平成21年)7月11日は、ニンテンドーDS用ソフト『ドラゴンクエストIX 星空の守り人』が発売された日。

 『ドラゴンクエストIX』は『ドラゴンクエスト』シリーズのナンバリングタイトル9作目で、シリーズとして初めて携帯ゲーム機に登場したナンバリング作品になります。

 DSワイヤレスプレイによる最大4人のマルチプレイや、すれちがい通信による“宝の地図”の受け取りなど、ほかのプレイヤーとのコミュニケーションが楽しい作品でした。本作が生んだ新しいシリーズのカタチは時代にもマッチして社会現象に。400万本を超える大ヒットを記録し、国内における出荷本数で同シリーズ過去最高の本数を記録しました。

 本作のシナリオは、シリアスなエピソードが多くて思わず引き込まれます。そんな、ちょっぴりシリアスな『IX』を明るくしてくれるのが、主人公の相方となる妖精のサンディでした。彼女は妖精でありながらガングロのギャルで、当時は『ドラゴンクエスト』ファンを驚かせました。

 性格もギャルっぽくて最初こそちょっと面食らうのですが、主人公のことを励ましたり心配してくれたりするなど、途中から優しい面も見えてくるようになります。こちらは、ぜひ実際にゲームをプレイして確かめてみてもらいたいですね。

 ゲームシステム的には『III』と似ており、自分でキャラクターメイキングをして自由にパーティを組んで冒険することになります。キャラクターは体型や顔などを用意されたパーツから自由に選ぶことができ、装備を付け替えると見た目にもしっかり反映されます。これは『ドラゴンクエストウォーク』などにも引き継がれている要素ですね。

 スキルを引き継いだ状態で別の職業に転職できるほか、条件を満たすことで上級職に転職できたり、レベル99になったあとにレベル1からやり直すことができる(スキルポイントをさらに取得できる)転生もあったりと、やりこみ要素が豊富でした。

 また、いまでこそシリーズ間のコラボは珍しくなくなりましたが、Wi-Fiを繋ぐと歴代のキャラクターたちが本作の舞台である“リッカの宿屋”に遊びにやってくるという仕様には驚きました。“大魔王の地図”を入手することで歴代の魔王に挑戦できるのもアツかったです!

 また、『IX』で有名だったのは、“見えざる魔神の地図Lv87”通称“まさゆきの地図”ですね。本作では“宝の地図”を手に入れることで自動生成マップのダンジョンに挑戦できるのですが、その“宝の地図”はすれちがい通信でほかのユーザーからもらったり渡したりすることが可能でした。

 “まさゆき”というプレイヤーが発見して配った地図はメタルキングばかりが登場するダンジョンでレベル上げに最適。インターネットで告知され、秋葉原で配られたのが最初ですが、一気に全国に広まりました。

 当時、自分が働いていた編集部でも“まさゆきの地図”を手に入れた人が現れて大騒ぎに。みんな仕事を忘れて地図を交換していましたね。

 自分はシャイなのでその輪には入ることができず、でも“まさゆきの地図”は欲しかったので、こっそり『IX』を起動して、配っている人の宿屋に潜入。これだけ多くの人に配っているのだから、紛れ込んでもバレないだろうと思っていたのですが、「この“ぶちこみ”っていう急に現れたキャラクターは誰だ?」とちょっと周囲がざわつきました……。すいません、あのときにいた“ぶちこみ”は俺でした(どうでもいいですが、よく〆切ギリギリで原稿をぶちこんでいたことから“ぶちこみ”という名前でした)。

【関連記事】まさゆきさんに地図発見時などのお話を聞いたインタビュー
『ドラゴンクエストIX』の有名プレイヤー、“まさゆき”インタビュー完全版をお届け!

※古い記事のため、スマートフォンではご覧になれません。PCかPC版サイトの表示でご覧ください。

 『IX』は残念ながら移植などがおこなわれておらず、いまプレイしようと思ったらオリジナル版を3DSでプレイすることになります。当時のようにマルチプレイを楽しむのも難しいですが、ゲーム自体はソロでもクリアーできる設計になっています。当時大ヒットした『IX』がどんな作品だったのか振り返ってみるのもいいかもしれません!

これまでの今日は何の日?