2020年6月17日夜に配信された『ポケットモンスター ソード・シールド』の有料追加ダウンロードコンテンツ『ポケットモンスター ソード・シールド エキスパンションパス』第1弾「鎧の孤島」には、新たな伝説のポケモン・ダクマと、その進化系のウーラオスが登場する。

 ダクマは、プレイヤーの選択によってウーラオス(いちげきのかた、かくとう・あくタイプ)とウーラオス(れんげきのかた、かくとう・みずタイプ)のどちらかに進化。

 それぞれ“あんこくきょうだ”と“すいりゅうれんだ”という特別な技を覚えるほか、どちらのかたもキョダイマックスが可能。キョダイマックスわざ“キョダイイチゲキ”と“キョダイレンゲキ”は、なんと“ダイウォール”ですら防げない超強力な技だ!

 そんなウーラオスが、2020年7月1日13:00より開始されるランクバトル シリーズ5にて使用可能となる。それに伴って、ウーラオスがランクバトルで人気のポケモンたちを相手にバトルする動画が公開されたので、これを見ながらウーラオスの強さを改めて解説していこう。

ウーラオス VS 最強クラス軍団!

 動画では、エキシビションマッチとしてウーラオス(れんげきのかた)&ウーラオス(いちげきのかた)チーム対最強クラス軍団(ドラパルト、ミミッキュ、エルフーン、フシギバナ)の戦いが見られる。

 それぞれの1番手は、ウーラオス(れんげきのかた)とミミッキュ。ミミッキュは特性“ばけのかわ”によってどんな攻撃も1度耐えられるので、1ターンで倒すことは困難を極める。そのうえタイプ相性もミミッキュが有利で、ウーラオス(れんげきのかた)は不利な局面。

 しかし、先手を取ったのはウーラオス(れんげきのかた)。そう、ウーラオスとミミッキュでは、ほんのすこしだけウーラオスのほうがすばやさが高いのだ。そしてくり出したのはウーラオス(れんげきのかた)だけが覚えられる“すいりゅうれんだ”。

 すいりゅうれんだは、一撃の威力は25と控えめだが、3回連続で攻撃できるので実質威力は75。しかもその3発がすべて確定で急所に当たるというとんでもない技なのだ。

 1回目の攻撃はミミッキュのばけのかわに防がれてしまうが、2回目、3回目の攻撃はミミッキュにしっかりとヒット。なんとミミッキュに何も行動させずに、倒しきってしまった。

 なお、ウーラオス(れんげきのかた)には、持たせたポケモンの技のダメージが1.3倍になる(代わりに攻撃技を使うたびにHPが最大HPの10分の1ずつ減る)どうぐ“いのちのたま”が持たされていた。ミミッキュへのダメージ量を見るに、いのちのたまを持たせていなければ、ミミッキュは3回の攻撃を耐えきっていただろう。

 さて、最強クラス軍団2匹目のポケモンはエルフーン。またもフェアリータイプのポケモンで、タイプ相性はウーラオス(れんげきのかた)が不利だ。

 そして先に動いたのはエルフーン。フェアリータイプの技“ムーンフォース”で攻撃するがウーラオスはギリギリでこれを耐え、フェアリータイプに効果抜群のはがねタイプの技“アイアンヘッド”で反撃。しかし、エルフーンもこれをギリギリで耐える熱い展開に。

 おたがいにあと1撃で倒されてしまうHPだが、先ほどの攻防からすばやさが高いのはエルフーンのほうだとわかっている。このままではウーラオス(れんげきのかた)が倒されてしまうが……。

 しかし、先に動いたのはウーラオス(れんげきのかた)だった! ウーラオス(れんげきのかた)はみずタイプの先制技“アクアジェット”を覚えられるのだ。いのちのたまの反動ダメージによって自身も倒れてしまったが、見事に最強クラス軍団のポケモンを2匹も倒して見せた。

 続いてくり出されたのはウーラオス(いちげきのかた)。そして対するはドラパルト。ウーラオス(いちげきのかた)はかくとう・あくタイプ。ゴーストタイプのドラパルトにはかくとう技が無効化されてしまうが、逆にあくタイプの技は効果抜群。タイプ相性はウーラオス(いちげきのかた)が有利と言えるだろう。

 だが、ドラパルトの武器はその圧倒的なすばやさ。ここでも、先手を取ったのはやはりドラパルト。ドラパルトの代名詞ともいえる技“ドラゴンアロー”で攻撃を仕掛ける。しかし、ウーラオス(いちげきのかた)はこれを半分以上のHPを保って耐えきった。ウーラオスはHPやぼうぎょが高いため、物理技主体の相手に強いのだ。

 そして、返しの“あんこくきょうだ”が炸裂! こちらもすいりゅうれんだと同様、必ず急所に当たる技。ドラパルトを“いちげき”で倒してみせた。

 最後に出てきたのは、フシギバナ。こちらは“鎧の孤島”で新たにキョダイマックスのすがたが発見されており、キョダイマックスするフシギバナもウーラオスとおなじくランクバトル シリーズ5から使用可能となる。

 そしてお互いに初手からキョダイマックスを選択。先に動いたのはウーラオス(いちげきのかた)。フシギバナに効果抜群の“ダイバーン”が炸裂。ウーラオスは“ほのおのパンチ”を覚えるため、ほのおタイプのダイバーンが使えるのだ。

 しかし、フシギバナはいちげきでは倒れない。キョダイマックスわざ“キョダイベンタツ”で反撃を仕掛ける。

 ウーラオス(いちげきのかた)もギリギリで耐えたが、キョダイベンタツの追加効果で4ターンのあいだ一定のダメージを受け続けてしまう。ウーラオス(いちげきのかた)の残りHPは1。つぎのターン終了時のキョダイベンタツのダメージによって、確実に倒れてしまう。

 ウーラオス(いちげきのかた)はこのターンで確実にフシギバナを倒しきらなければならない。が、ここでフシギバナはダイウォールを選択! 確実に攻撃をしのいで、ターン終了時のダメージで勝利を狙う構えだ。

 そんなフシギバナの狙いとは裏腹に、ウーラオス(いちげきのかた)はキョダイマックスわざ“キョダイイチゲキ”をくり出した。フシギバナのダイウォールはなかったかのようにすり抜け、キョダイイチゲキがフシギバナにヒット! ダメージが減衰されることもなく、フシギバナを倒しきって見せた。

余談だが、フシギバナの特性が“ようりょくそ”であれば、ダイバーンによってひざしが強くなっているので、フシギバナが先に攻撃できて勝っていたかも!? 

 これにて、エキシビションマッチは決着。ウーラオスチームの勝利となった。

 ウーラオスたちの強さは存分に理解できただろう。確定急所の3連撃でミミッキュをも1ターンで倒すウーラオス(れんげきのかた)や、かくとうタイプでありながらドラパルトのようなゴーストタイプに強いウーラオス(いちげきのかた)。そしてダイウォールですら防げないキョダイマックスわざ。

 なお、ウーラオスはどちらのかたも特性が“ふかしのこぶし”で、キョダイマックスわざを使わずとも、相手の“まもる”や“みきり”などを無視して攻撃ができる。ただ、この特性でもダイウォールだけは突破できないので、ダイウォールを相手にするときはキョダイマックスわざを使おう。

ウーラオスに勝つためにはどうすればいい?

 さて、これほどまでに強いウーラオスを相手にするにはどうすればいいのか。こちらもウーラオスを使うというのは言わずもがなだが、今回は別の方法を考えてみようと思う。

 まずはシンプルに、タイプ相性で有利なポケモンを考えてみる。ウーラオスはかたによってタイプが異なるが、かくとうタイプは共通している。そのためひこうタイプとフェアリータイプは共通の弱点だ。

 筆者の脳裏に最初に浮かんできたのは、隠れ特性の“はやてのつばさ”でひこうタイプの技を先制で使えるファイアロー。ウーラオスのHPが減っていれば先制の“ダイジェット”によって無傷突破することが可能だ。

 つぎに、フェアリータイプ・ひこうタイプのトゲキッス。タイプ相性的にも、ウーラオスの天敵となりそうなポケモンだ。“ダイスチル”で弱点を突かれたとしても余裕を持って耐えられるうえ、返しのダイジェットで大ダメージを与えながらすばやさを上昇。つぎのターンは先に動けるので無理なく勝てるだろう。

 また、ウーラオスはHPやぼうぎょは高いが、とくぼうはあまり高くない。動画内ではエルフーンのムーンフォースをギリギリで耐えていたが、あのエルフーンはHPとすばやさにきそポイントが振られていて、とくこうにはきそポイントが振られていないように見える。

 ランクバトルではとくこうとすばやさにきそポイントを振られたエルフーンも多くいるので、実際は安易に突っ込むと返り討ちになるケースも多いので注意したい。逆に言えば、特殊攻撃主体のフェアリータイプもしくはひこうタイプのポケモンならウーラオスと有利に戦えるということだ。

 さらに、動画ではミミッキュが何もできずにやられてしまっていたが、ウーラオスが登場したことによってウーラオス対策を施したミミッキュが現れるのではないかとも思う。具体的には、HPやぼうぎょにきそポイントを振り、すいりゅうれんだを耐えきれるように育てたミミッキュだ。

 『ポケモン サン・ムーン』や『ポケモン ウルトラサン・ウルトラムーン』でレーティングバトルを遊んでいたプレイヤーなら、そうしたミミッキュに覚えがあるだろう。

 そしてまたその対策を対策したウーラオスが現れて……と環境がぐるぐる回っていくのがポケモンバトルの奥深いところ。なんにせよ、2020年7月1日からのランクバトル シリーズ5は、これまでのシリーズからガラッと環境が変化するのは間違いない。

 まだランクバトルを遊んだことがない人や最近少しご無沙汰だった人も、いまが始めるチャンス! 進化した『ポケモン ソード・シールド』のポケモンバトルを、ぜひいっしょに楽しもう!