本当に“迫力あるサウンド”が楽しめるのか、いざ実践!

 各種ゲーミングデバイスを始め、ゲーマー生活が豊かになるさまざまなアイテムが発売されている昨今。

 リアルに役立つガジェットからちょっと変わったグッズまで、ゲームライフをすこし楽しくする商品をご紹介します!

 「押すな!」と言われるほど、押してみたくなる魅惑のスイッチ。そんなスイッチの不思議な魅力に憑りつかれた人に、ぜひチェックしてほしいアイテムがあります。その名もザリガニワークスの“音入り自爆ボタン DX・USB3.0ハブ”(4980円[税込])。

音入り自爆ボタン DX・USB3.0ハブ(Amazon.co.jp)
パッケージからすでに危険な香りが漂う同商品。

 文字通り“自爆ボタン(もちろん本物ではありません)”と、USBの口が増やせる“USBハブ”が融合したグッズで、本体内蔵スピーカーからは“ポチッ! ドカーン!!!”と迫力あるサウンドが流れるそうです。

 ちなみに、自爆させてもUSBハブに接続したメモリーのデータが消えたり、悪影響が出ることはありませんのでご安心を(笑)。

 さっそく箱を開封してみると、中からメタリックな自爆ボタンがお目見え。起爆スイッチには、ご丁寧に“CAUTION”の文字が記されたボタンカバーがついています。

 本体の大きさは、約100(幅)×67(高さ)×80ミリ(奥行き)。比較的コンパクトなサイズ感なので、パソコン周りに置いてもあまりジャマになりません。

 USBポートは全部で4つあり、使いかたはUSBケーブルをパソコンに接続するだけ。

 実際にパソコンに接続した様子がこちらです。

 ご覧ください、この有無を言わさぬ佇まいを……。“危険”と告知しているにも関わらず、“押してみろ”と言わんばかりの強烈な存在感を放っています。

 よく見ると鍵が刺さっていますが、何の鍵なのかはこのあとじっくりお伝えしましょう。 起爆手順は主に3ステップ。自爆ボタンを押すためには2つのスイッチを切り替え、さらに鍵をまわす必要があります。

 少々面倒に感じるかと思いますが、スイッチ好きからすればむしろ大歓迎の仕様。個人的には、スイッチを切り替える際の“カチッ”という音が妙に心地良くてたまりませんでした。

最初に右上のスイッチをONに切り替えて……
2つ目のスイッチもON!
あとは鍵をまわしたら準備完了!

 MAINランプが赤く点灯したら、準備完了のサイン。一体どれほど迫力あるサウンドが楽しめるのかワクワクします。

 みなさん、心の準備はいいですか? カウントダウン3、2、1…… ポチっとな。

 さて、ここで残念なお知らせがあります。

 パッケージには確かに“ポチッ! ドカーン!!!”と記述があったのですが、実際に聞こえたのは“ププッ、ジューン……”。爆発音というより、銃声の余韻といった方が近いかもしれません。

 とはいえUSBハブとしての機能はもちろん、ビジュアルのインパクトについてはまったく問題なし。“音なんてむしろおまけ”と考えれば、拍子抜けのサウンドも微々たる問題に感じます。

 ゲーム中のストレス解消に役立ててみては?

商品情報

  • 商品名:音入り自爆ボタン DX・USB3.0ハブ
  • 価格:4980円[税込]

※商品のスペックや価格は、Amazonでの購入当時のものです。

音入り自爆ボタン DX・USB3.0ハブ(Amazon.co.jp)