2020年6月18日、PLAYISMは、Nintendo Switch向けにダウンロード版『片道勇者プラス』、『箱庭えくすぷろーらもあ』を配信開始した。

 価格は『片道勇者プラス』が1500円[税込み]、『箱庭えくすぷろーらもあ』は1200円[税込]。

以下、リリースを引用

一方通行ローグライクRPG『片道勇者プラス』、可愛い女の子モンスターにかわいがられるアクションRPG『箱庭えくすぷろーらもあ』、ニンテンドーeショップにて配信開始!

 株式会社アクティブゲーミングメディア(代表取締役:イバイアメストイ本社:大阪市西区)が運営するオリジナリティあふれるゲームタイトルを厳選し販売する“PLAYISM”は、『片道勇者プラス』、『箱庭えくすぷろーらもあ』のNintendo Switch版をニンテンドーeショップにて配信開始しました。

『片道勇者プラス』左から闇に飲み込まれていく世界を右に旅しながら魔王を倒す、強制横スクロールRPG!

 この世界は『闇』に支配された世界です。

 『闇』は、ゲーム中、常に画面左側から世界を喰らい続けて行きます。『闇』に飲まれればゲームオーバーとなります。引き返すことはできません。街で用事をすませている間も、戦っている間も、強制的に右にスクロールされるマップを進みながら世界を救わなければなりません。片道勇者は、プレイヤーが一歩移動したり攻撃したりすれば敵も1ターン行動する、いわゆるローグライクと呼ばれる形式のゲームです。ゲームのクリアには、魔王を倒さなければいけません。

 魔王は、一定時間が経過することで出現します。PCフリーゲームより出発し、Steamで『片道勇者』・『片道勇者プラス』として発売され、累計50万DLを突破した名作がついにNintendo Switchに登場。1ゲーム平均30分ほどで遊べる一方通行の冒険に挑戦してみてください。

特徴

  • 傑作の呼び声高いPCゲーム「片道勇者」と「片道勇者プラス」のほぼ全ての要素を網羅し、Nintendo Switchに登場
  • Nintendo Switchに最適化された操作
  • 主人公である勇者のクラスは全11種
  • 主人公をサポートする多数の仲間やNPC
  • 260種類を超える多彩なアイテム
  • 全9種類にも及ぶマルチエンディングのストーリー
  • 冒険を振り返ることができるリプレイ機能

『片道勇者プラス』概要

  • ジャンル:強制横スクロールRPG
  • 対応機種:Nintendo Switch
  • 発売日:2020年6月18日(木)
  • 価格:1,500円(税込)
  • プレイ人数:1人
  • CERO:A
  • 発売元:SmokingWOLF/株式会社エスカドラ
  • 販売元:PLAYISM
  • 『片道勇者プラス』ダウンロードページ

『片道勇者プラス』トレーラー

『箱庭えくすぷろーらもあ』可愛い女の子のモンスターに殴られたり、ヒップアタックされたり巻きつかれたり、ちゅっちゅ吸われたり、食べられたりするアクションRPG。

 ハジメタウンという郊外の町の空き家に寝泊まりし、モンスターを倒したりしている主人公。町の人に話を聞いて探索範囲を広げ自由に冒険しましょう。どこから進むか、どんなふうにモンスターを倒すかもあなた次第。各地のボスを倒すなどして実績を積んでいくと……?

 モンスターは、都合よく衣服の繊維だけ溶かしてしまうけしからん「すらりん」や脚で締め付けて攻撃してくる「どらいあど」など、危険がいっぱい。あなたを導く「すく水」とともに、うごめくドット絵で描かれたクオータービューの世界で、たくさんのダンジョンを攻略しましょう。

特徴

  • 主人公は住所不定無職。性別を選べます。
  • 剣、斧、爪、杖、弓などたくさんの武器があります。すぐ壊れます。自分の好きな武器や道具をやりくりして敵を倒しましょう。
  • 水泳用・観賞用などさまざまなすく水も装備できます。
  • モンスターはやらかい、かわいい、さでぃすとな女の子が多めです。

 開発者によるネタバレ満載の完全攻略本ともいえる「取扱説明書」もNintendo Switchニュースで順次公開予定! 配信されたらぜひチャンネル登録してみてください。

『箱庭えくすぷろーらもあ』概要

『箱庭えくすぷろーらもあ』トレーラー