2020年6月12日、武井宏之氏によるシリーズ累計3500万部突破の人気漫画『SHAMAN KING』(シャーマンキング)が、2021年4月に完全新作テレビアニメ化されることが発表された。

 6月17日より発売される『SHAMAN KING』全35巻を原作として、シリーズを最後まで描き切るという。

『SHAMAN KING』特報PV

 本作は、霊が見える少年・麻倉葉がシャーマンの頂点を決めるシャーマンファイトに参加し、シャーマンキングとなるため、仲間たちとともに戦いをくり広げる物語。

 週刊少年ジャンプで1998年6月から2004年8月まで連載され、最終回を迎えた後に2011年9月にジャンプ改で復活。主要キャラの過去を描いた『シャーマンキング0-ZERO-』や葉の息子・花を主人公にした『シャーマンキングFLOWERS』が掲載されたが、同誌の休刊とともに終了となった。

 現在は新章となる『SHAMAN KING THE SUPER STAR』が、少年マガジンエッジ(講談社)にて連載中だ。

 新作テレビアニメ化とともに発表された特報PVには、『SHAMAN KING』の歴史が凝縮。林原めぐみが歌う名曲『Over Soul』(旧アニメ版の主題歌)をバックに、葉と出会う仲間たちや強大な敵の姿が描かれている。そして、葉がまとうオーバーソウル“スピリット・オブ・ソード”がアニメ化への序章を切り開く。

 また、2001年7月から2002年9月までテレビ東京系列にて放送された2000年放送版テレビアニメ『シャーマンキング』が、フル☆アニメTVにて配信されることが決定した。

フル☆アニメTV
ボンボンTV(12日より2話収録を2本ずつ公開)