今回紹介するのは、メディアスケープからNintendo SwitchとPC向けに発売中の『PIRATES 7(パイレーツ7)』。同人ゲームサークル773が手掛けるシミュレーションRPGだ。本作の推薦者は、海洋から来た軟体生物ライターを自称するまさん

 多島海と呼ばれる大陸のほとんどが海に沈んだ世界で、自由を愛する海賊王女・カリビアが大国ログレスと戦うシミュレーションRPG。ユニットごとに用意された特殊なアクションや、地形効果を利用して戦うシンプルだが奥深いバトルと、王道で気持ちよく読み進められるストーリーが秀逸だ。

 PC版からの移植となるNintendo Switch版は、新たな外伝エピソードや新キャラクターの参戦といった追加要素や操作性などの改良で、より遊びやすく進化。PC版の難易度に加えて新たにふたつ難易度が選べるようになり、初心者から上級者まで楽しめるようになっている。

味方側はもちろん、信念のもとに行動する敵側のキャラクターたちも、印象に残る魅力的な人物ばかりだ。

Nintendo Switch 版では新キャラクターも登場!
 Nintendo Switch版だけの追加要素としてEXステージが存在。クリアーすると、遺跡を守るオートマトンの少女・メルセデスが仲間に加わる。

メルセデスは、盾役として攻撃を引き受ける特殊な性能のユニットだ。

海賊・カリビアと仲間たちが多島海を舞台に大暴れ!

 本作では、幻の島と呼ばれるウルル島を舞台に海賊カリビアと仲間たちの戦いが描かれている。フリーランスのゲームシナリオライターとして活躍中のひづめ氏による活き活きとしたキャラクターたちの掛け合いと、思わず先が気になる王道で熱い物語が見どころだ。

APを消費して仲間とのエピソードを読むと、能力が強化される。積極的に交流せよ!
ある者はカリビアの人柄に惹かれ、またある者は国家から受けた任務を果たすため……立場を超えて、さまざまな人々がカリビアのもとに集う。

主人公・カリビア
 多島海で“海賊王女”と呼ばれる女性。敵を倒すと再行動できるスキルや、強力な技で敵陣に切り込める。

※左から

ボニー
カリビアが率いる海賊団の部下。銃による攻撃に加え、貴重な回復アクションなども使える。
ラッド
カリビアの部下で、ボニーと同じく生き残った海賊団の一員。切り込み役として剣で戦う。
ルシオ
幻の島ウルルの住民。島の外に憧れを抱いている。攻撃も回復もこなせる万能なタイプ。

■マウリ
ルシオの幼なじみで、海神に祈りを捧げる海女。戦闘では多彩なサポート能力で活躍する。
■キッド
アルビオンの使節として島を訪れた少年。銃による遠距離攻撃で、安全な位置から戦える。
■ラフィット
カリビアの父に仕え、身代わりとして捕まった紳士。ピストルで敵を中距離から狙い撃てる。

■プロセナ
別の世界からやって来た修道騎士。死霊や魔族に大ダメージを与えられる強力な技が特徴。
■キルドリケ
海の魔女と呼ばれ、カリビアに力を貸す謎の存在。射程距離の長い強大な魔法を得意とする。
■パーシヴァル
ログレスの円卓騎士で、カリビアのライバル的な存在。銃剣を使って遠近両方に対応できる。

反撃やクリティカルがないシンプルなルールでテンポよく楽しめる

 ゲームは、オーソドックスなターン制のシミュレーションRPG。アイテムや反撃の概念、毒や麻痺などの状態異常はなく、非常にわかりやすいシステムになっている。仲間たちが持っている固有のアクションや有利になる地形効果をうまく利用して、迫り来る敵に立ち向かおう!

カリビアは一騎当千の強ユニット。ただし、彼女がやられるとゲームオーバーになるので要注意。
敵を操るキルドリケや、味方を再行動させられるマウリなど、仲間たちの力で難局を乗り切れ!

『PIRATES 7(パイレーツ7)』

  • プラットフォーム:Nintendo Switch、PC
  • メーカー:メディアスケープ
  • 開発元:773
  • 配信日:2019年7月25日配信
  • 価格:1364円[税抜](1500円[税込])
  • ジャンル:シミュレーション・RPG
  • CERO:12歳以上対象
  • 備考:PC版は“DL site”にて2018年8月15日配信、1500円[税抜](1650円[税込])
とっておきインディーバックナンバー