世界を魅了した数千キロの旅路を追う

 ゲーム史に名を残す傑作『The Last of Us』の続編『The Last of Us Part II』(以下、『Part II』)が、2020年6月19日にいよいよ発売となる。『Part II』は、前作エンディングの5年後からスタートする、まさしく正統な続編だ。過酷な旅路を生き抜いたジョエルとエリーが、その後どうなったのか……気になって夜も眠れぬ日々を過ごしたファンも多いことだろう。

 本記事では、新たな物語の開幕に備えて、あの過酷な旅路を振り返っていく。前作プレイ済みの人は思い出しながら、前作未プレイの人は『Part II』のプロローグとして、発売までに読了しておいていただきたい。

『The Last of Us Remastered PlayStation Hits』(PS4)の購入はこちら (Amazon.co.jp) 『The Last of Us Part II』(PS4)の購入はこちら (Amazon.co.jp)

以下、『The Last of Us』のストーリーに関する重大なネタバレがあります。

物語の核となる3つのポイント

 ジョエルとエリーの旅程を詳細に追う前に、まず物語の基本をまとめておこう。ふたりが旅をするのは、謎の寄生菌の爆発的な感染によって人口が激減し、荒廃したアメリカ大陸だ。生き残った人々は、軍が管理する隔離地域に身を寄せ合い、不自由な暮らしを余儀なくされている。隔離地域の外は、寄生菌に侵された感染者(インフェクテッド)や、無法者が支配する危険地帯。ジョエルとエリーは、つねに死と隣り合わせの世界を旅しながら、徐々に絆を深めていく。

ジョエル(画像左) 声:山寺宏一
本作の主人公。数少ない安全な地域のボストンで、仕事仲間のテスと闇取引に手を染めている。20年前に発生した感染爆発で最愛の娘サラを失い、生き残るためなら手段を選ばない冷酷さと、戦闘やサバイバルの技術を身につけた。

エリー(画像右) 声:潘めぐみ
14歳の少女。謎の寄生菌によって崩壊した世界に生まれ、感染爆発前の豊かな暮らしや家族の愛情を知らずに成長した。並外れた行動力の持ち主で芯が強い。なぜか寄生菌に対して抗体を持っており、菌に感染しない。

point[1] ふたりが旅をする目的

 寄生菌の感染爆発から20年が経ったいまも、人類は有効な治療方法を確立できないでいた。絶滅の危機が刻一刻と迫る中で、人類の希望となるのがエリーの存在だ。エリーは寄生菌の抗体を持っており、彼女からワクチンが開発できるかもしれないという。

 軍の対抗組織ファイアフライにエリーの運搬を任されたジョエルは、ボストンを出発。当初は、街の近郊まで連れていくはずだったが、目的地は二転三転し、アメリカを横断する長旅となる。

ジョエルはエリーを送り届けることに乗り気ではなかったが、旅の道中で寄生菌に感染した仕事仲間のテスに懇願され、決意を新たにした。
長く過酷な旅の中で、ジョエルの心情も変化していく。目的地の目と鼻の先で、エリーの身を案じたジョエルが旅の中断を提案するひと幕も。

POINT[2] 危険に満ちた隔離地域の外の世界
 秩序が崩壊した世界で、生き残った人々をまとめあげているのはアメリカ軍だ。ジョエルたちが暮らすボストンなど、感染を免れた地域を隔離し、感染者が街中に入り込まないよう徹底的に管理していた。軍の手が届かない隔離地域の外の世界では、いたるところで寄生菌に侵された感染者たちがうごめいていた。彼らは自我を失い、ひとたび生存者を見つけると容赦なく攻撃を仕掛けてくる。

軍は、ルールを守らない者や、感染が疑われる者には、ためらいなく銃の引き金を引く。隔離地域から抜け出したジョエルたちも軍の執拗な追撃を受けることになる。

POINT[3] 感染者とハンター
 感染者は寄生菌の感染段階によって、ランナー、ストーカー、クリッカー、ブローターの形態に分類される。いずれも危険な存在だが、菌の感染が進むほど手強くなっていく。また、隔離地域の外の世界では、生存者たちにも注意が必要。彼らの中には、他人を攻撃して物資を略奪する、ハンターと呼ばれる無法者たちも存在。ハンターに襲撃されたジョエルたちは、彼らを撃退して魔の手から逃れるも、恨みを買って命を狙われてしまう。

隔離地域の外で、数少ない生存者を探す感染者たち。彼らは寄生菌の影響で徐々に視力を失うが、その代わりに聴覚が発達。わずかな物音を聞き分けて襲撃してくる。

ふたりの長き旅路を追う

 それではここから、ふたりの旅した軌跡を詳細に見ていこう。アメリカ北東部のボストンからスタートしたジョエルとエリーの旅は、過酷を極めた。貴重な自動車や馬などの移動手段を入手しても、度重なる敵の襲撃で失ってしまう。エリーを届ける目的地が、二転三転するという不運が重なったのも、過酷さに拍車をかけた。

 それでも諦めることなく旅を続け、ジョエルはソルトレイクシティで、エリーを届けるという当初の依頼を達成する。ふたりはどのような旅路をたどったのか。ボストンやリンカン、ピッツバーグなど、舞台となった場所ごとにエピソードや登場人物をまとめてみた。

 なお旅のスタート地点ボストンからソルトレイクシティの距離は、約3359キロにおよぶ。日本の東西の長さは約3146キロ(最東端の南鳥島から最西端の与那国島までの経度の差)なので、日本を横断したうえでさらに200キロ以上も移動した……と考えると、途方もない長旅だったことが想像できるだろう。要した時間は、作中で明確に明かされていないものの、季節が秋、冬を経て、再び新緑の時期を迎えていたことから、1年近くにわたる旅だったと推測できる。

(1) マサチューセッツ州 ボストン

(チャプター:隔離地域/隔離地域郊外)

すぐに終わるはずの仕事は数々のトラブルで長旅に

 闇市場での取引を生業とするジョエルは、武器を巡るトラブルから、テスとともにエリーという少女を隔離地域の郊外へ連れて行く依頼を引き受ける。何とか目的地にたどり着くも、そこにはエリーを引き取るはずのファイアフライの死体が。さらにテスが感染していたことも判明する。彼女に懇願され覚悟を決めたジョエルは、エリーに自分の指示を厳守するなどのルールを言い含めて街を出た。

隔離地域を出てすぐ、エリーが感染者に噛まれていたことを知ったジョエル。エリーは抗体を持っているから大丈夫だと伝えるも、ジョエルはすぐには信用しなかった。
〔重要キャラクター〕テス(声:田中敦子)
ジョエルの仕事仲間。乗り気でないジョエルを説得し、エリーを送り届ける依頼を受けた。その道中で感染し、最後はふたりを逃すために囮となって命を落とした。

(2) マサチューセッツ州 リンカン

(チャプター:ビルの町)

自動車を求めて罠と感染者だらけの街へ

 ジョエルの弟で、元ファイアフライのトミーなら、エリーを連れて行く場所がわかるかもしれない。だが、トミーが暮らすジャクソンははるか西。そこでジョエルは、リンカンのビルを訪ねて自動車を入手しようと画策する。偏屈なビルは生意気なエリーと衝突するも、彼の助力を得ることに成功。念願の自動車を入手したジョエルは、ともに奮闘したエリーに、控えめながら賞賛の思いを抱くのだった。

初対面でビルに手錠をはめられ、パイプに拘束されたエリーは激高。ふたりは犬猿の仲となり、ジョエルが仲裁役を買って出ることも。
〔重要キャラクター〕ビル(声:谷 昌樹)
ジョエルのかつての密売仲間。偏屈な性格をしており、街に多数のトラップを仕掛けてひとりで暮らしている。ジョエルに協力を求められて、しぶしぶ力を貸した。

(3) ペンシルベニア州 ピッツバーグ

(チャプター:ピッツバーグ/ピッツバーグ郊外)

ハンター襲撃を乗り越えてふたりの関係に変化が

 ジャクソンへの道中、ジョエルたちはピッツバーグでハンターに襲撃される。街からの脱出を試みるも、ふたりはホテルで散り散りに。不幸は続き、ジョエルは敵に不意をつかれて絶体絶命のピンチを迎えたが、駆けつけたエリーが敵を射殺してことなきを得た。合流したふたりは、街中で出会ったヘンリーやサムとも協力して街を脱出するも、サムが感染したことで、兄弟と悲しい別れを体験する。

歳が近いこともあり、すぐに打ち解けたエリーとサム。ハンターに追われる緊迫した場面でも、ときおり笑顔を見せていたが、ふたりの友情は長く続かなかった。
ジョエルは、エリーが武器を手にするのを頑なに拒んでいたが、彼女に助けられたことで考えに変化が。エリーに銃を渡して自身のサポートをお願いするとともに、助けてくれたことへの謝意を伝えた。
〔重要キャラクター〕ヘンリー(声:坂口候一)
善良な生存者グループの一員。仲間とはぐれて、弟のサムと行動していたときにジョエルと出会う。感染したサムを射殺した後、パニックになってみずから命を絶った。
〔重要キャラクター〕サム(声:内山昂輝)
ヘンリーの弟で13歳の少年。行動をともにするうちにエリーと親しくなるが、感染者に噛まれて菌に感染。エリーに襲いかかったところを、ヘンリーに射殺された。

(4) ワイオミング州 ジャクソン

(チャプター:トミーのダム)

本音をぶつけ合うことでふたりの絆は強固に

 偶然立ち寄ったジャクソン近郊の水力発電所で、ジョエルは弟のトミーと再会する。彼に旅の目的を説明し、エリーをファイアフライのアジトに送り届けるようお願いするも、マリアが反対して険悪な雰囲気に。そばで見ていたエリーは、言い争いの原因をジョエルに尋ねたが、はぐらかされたことに腹を立てて馬に乗って飛び出してしまう。牧場の家でエリーを見つけたジョエルは、彼女の本音を聞いて考えを改め、自分がエリーを送り届けることを決意する。

トミーとマリアの言い争いの原因が、自分にあると察したエリーに、問いただされるジョエル。エリーの気持ちを後回しにしようとするジョエルの行動が、エリーを傷つけてしまう。
雨降って地固まると言うように、本音でぶつかりあったからこそ、ジョエルとエリーの絆は強くなった。ふたりは馬にまたがり、ファイアフライの研究施設を目指す。
〔重要キャラクター〕(画像中央)トミー(声:高橋広樹)
ジョエルの弟。意見の違いから兄とケンカ別れし、ファイアフライに身を寄せていた。現在は脱退しており、ジャクソンの生存者たちのサブリーダー的な役割を担う。

〔重要キャラクター〕(画像右)マリア(声:浅野真澄)
 トミーの妻で、生存者グループのリーダー。一度はジョエルとエリーを歓迎したが、トミーがエリーを送り届けることに反対し、ジョエルにきびしい言葉をぶつけた。

(5) コロラド州 コロラド大学

(チャプター:大学キャンパス)

研究所に着いたのも束の間、さらなる試練がふたりを襲う

 トミーに研究所の場所を教えてもらったジョエルは、研究所のあるコロラド大学を訪れた。ふたりの旅は終わりを迎えるかと思いきや、研究所はもぬけのから。しかも、物資を探し求めてきた生存者のグループと遭遇し、争いが起こってしまう。ジョエルは生存者たちを退けながら出口に向かうが、不意をつかれて下階に落下。脇腹にむき出しの鉄筋が突き刺さり、大ケガを負った。ジョエルはエリーに助けられて大学を脱出するも意識を失う。

エリーの力を借りて体から鉄筋を引き抜いたが、ジョエルはかなりのダメージを負っていた。彼を死なせまいと、エリーが奮戦する。

(6) コロラド州 湖畔地帯

(チャプター:湖畔地帯)

ジョエルを守るためにエリーが立ち上がる

 エリーは生存者との物々交換で抗生物質を手に入れる。だが、交換をした相手のデビッドは、ジョエルたちが倒したハンターのリーダーだった。追手が迫る中で、エリーは囮となるべく隠れ家を出て奮戦するも、捕らえられてしまう。一方、傷が癒えて目覚めたジョエルは、エリーを捜してハンターのアジトへ。そこで錯乱したエリーがデビッドを惨殺する現場に遭遇し、彼女を強く抱きしめる。

デビッドたちに捕らえられたエリーは、彼らのスキをついて脱出に成功。街を徘徊する敵に気づかれないように注意深く進むも、デビッドに見つかってしまい、一騎打ちとなる。
デビッドを手にかけてパニックになったエリーを落ち着かせるために、彼女を強く抱きしめるジョエル。お互い生存していた喜びを噛み締めながら、ふたりの旅は大詰めを迎える。
〔重要キャラクター〕デビッド(声:大川 透)
ハンターのリーダー。人当たりがよさそうに見えるが、そのじつ本性は残忍。エリーに強い興味を持ってたびたび襲うも、最後は武器を奪われて惨殺されてしまう。

(7) ユタ州 ソルトレイクシティ

(チャプチャー:ソルトレイクシティ/医療施設)

人類の未来か、エリーの命か。ジョエルの最後の選択は……

 大学に残されていた手がかりを頼りに、ふたりはソルトレイクシティのファイアフライの研究施設を訪れる。だが、目前で泳げないエリーが川で溺れてしまい、蘇生を試みていたジョエルも兵士に襲われ気を失ってしまう。ジョエルが目を覚ますと、そこにはリーダーのマーリーンの姿が。彼女からエリーを犠牲にしてワクチンを作る計画を知ったジョエルは、エリーを助けるべく最後の戦いに臨む。

ファイアフライの兵士の忠告を無視して、必死にエリーの蘇生活動を続けるジョエル。彼の奮闘もあって、エリーは息を吹き返す。
エリーを奪還したジョエルは、禍根を断つためにマーリーンを射殺し、研究施設を後にした。
〔重要キャラクター〕マーリーン 声:朴 ろ美(ろ は王ヘンに路)
ファイアフライのリーダー。エリーの亡き母親とは友人だったため、内心ではためらいも感じつつもワクチン開発を進めようとするが、最後はジョエルに射殺される。

(8) ワイオミング州 ジャクソン

(チャプター:ジャクソンシティ)

ジャクソンで平穏な暮らしが始まる

 エリーを救出したジョエルは、弟夫婦が暮らすジャクソンに自動車を走らせた。その道中で目覚めたエリーに、ジョエルは凄惨な顛末を隠し、「(ファイアフライは)治療法の開発をやめた」と嘘をつく。彼の嘘に気づいたのか、エリーはファイアフライについての話がすべて本当だと誓ってほしいと詰め寄った。「誓うよ」と答えるジョエル。そして、ふたりの旅は終わりを迎えるのだった……。

物語は5年後の『The Last of Us Part II』に続く

 そして『The Last of Us Part II』では、このエンディングから5年後、19歳に成長したエリーが主人公となり、新たな物語が描かれる。エリーは、ほかの生存者たちとジャクソンで暮らしていたが、ある出来事をきっかけに、“復讐”を決意する……。