自分だけのアイテムを作ろう!

 6月に入り、夏モノ家具収集が楽しくて仕方のない西川くんです。2020年3月20日に、Nintendo Switchにて発売された『どうぶつの森』シリーズ最新作『あつまれ どうぶつの森』(以下、『あつ森』)。テレビ番組での特集がいくつも組まれたりと、まだまだ高い人気を感じています。

 さて、『あつ森』には“マイデザイン”機能というものがあります。簡潔に説明すると、自分で描いたデザインを洋服にしたり、道のデザインを変える、何かを飾りにするなど、自分が描いたもので島を彩れる非常に自由度の高いシステムです。

『あつまれ どうぶつの森』(パッケージ版)の購入はこちら (Amazon.co.jp) 『あつまれ どうぶつの森』(ダウンロード版)の購入はこちら (Amazon.co.jp)
ファミ通Tシャツもマイデザイン!
島クリエイターにはない種類の歩道なども作れます
たとえばどうぶつたちを洋服にしてみたり(これはパッチくんワンピース)
エイブルシスターズに飾れば、マイデザインの服を住民たちが着ることも。

 得意な方は、すでにいくつもマイデザインを作っていると思いますが、「なんだか難しそう」と感じて、手を出していない人も多いのではないでしょうか。

 本記事では、フェイスペイントから飾りに使えるマイデザインまで、基本的な描き方をレクチャーしていきましょう。もちろんこれは筆者の自己流なので、コツを掴んだら自分の好きなようにデザインしていってください。なお、服のマイデザインは、マイル交換で“マイデザインPRO”機能を解放する必要があります。

マイデザインのクセについて

 最初に、マイデザイン機能のクセについて解説します。『あつ森』のマイデザインは、基本的にタテ32×ヨコ32マスの中に、いわゆるドット絵を描くものです(服の場合、服の種類によってサイズが異なります)。

 ただしドット絵といっても、描いたものがそのままゲーム内に反映されるのではなく、色がつながったり、角が丸みを帯びたりと、自動的に補正が掛けられます。

●マイデザインのおもな仕様について

  • (1)同じような色をナナメに伸びるよう配置すると、色がつながる
  • (2)横に伸びると、色がつながらない
  • (3) (5)と似た色でも、つながらない色の境界線がある
  • (4)1点だけ置くと、とんがったカタチになったりする
  • (5)違う色どうしでも、似ていたらつながる
  • (6)完全に違う色の場合は、つながらない

 といっても、最初はとくに気にする必要はありません。慣れていくうちに、このクセをうまく活用することで、より良いマイデザインが楽しめるようになる、くらいの感覚で頭の片隅に置きながら、いろいろなデザインにチャレンジしてみましょう。

ステップ1:フェイスペイント

 マイデザインデビューをするならば、まずはフェイスペイントがオススメ。フェイスペイントは描く線が少なくて済むので、サクッと作れるからです。

 フェイスペイントの用途は大まかにいうと、“眉毛を描く”か、“顔にペイントメイクをする”といった具合。とくに眉毛を描くと、自身のキャラクターの個性がグッと強まりますよ!

 では、まずは基本的なことから。マイデザインを描く際、白紙のマイデザインにガイドラインが引かれていますが、そもそも十字の線が画面に表示されていますし、のちのち邪魔になるため、すべて透明にしてしまいましょう。

Rボタンでいちばん右の透明色を選択。Xボタンでツール選択をし、“すべて塗りつぶし”を選択しましょう。
ツールの各カラー変更で、パレットの色は自由に変えられます。ただし、パレットの数だけしか色は使えません。

 続いて、フェイスペイントはほかのマイデザインと違う点がひとつあり、マス目によって顔にマイデザインの表示される場所が変わります。下記の場所が、マイデザインが顔に表示される位置です。

ちなみにRスティックボタンを押すと、左下のプレビュー方法も変更できるので活用してみてください。
実際に貼るとこんな感じ。髪型にもよりますが、おでことアゴは、ほとんど隠れて見えないですね。

 では、今回はカンタンに黒い眉毛を描いてみましょう。真ん中の太い横線が目だと思って、その上に沿って好きなように線を描いてみてください。ね? 簡単に眉毛ができちゃいました。

ナナメにピッと線を引いてみただけ! ZRボタンで鏡面モードで線を引けば、すぐ完成です。
凛々しい眉毛ができました。

 あとはお好みで、いろいろ試してみましょう。たとえばハートマーク機能を使えば、ほっぺにキュートなハートが描けたりと、お手軽に個性的なオシャレが楽しめます。

ほかにもハートマークをほっぺに置いたり(ハートマーク型スタンプ機能を使いましょう)
シワを描いて年齢を重ねてみたり(笑)
突然第三の眼に目覚めてみたり……ウッ……頭が……
マロ眉ぐるぐるほっぺなど、なんでもできちゃいます。

 なお、覚えておくとマイデザインがやりやすくなくなるショートカットもあります。

●よく使うショートカット

  • マイナスボタン:1回前へ、元に戻る(再度押すと、元通りになる)
  • L+Rボタン:ペンを置いている場所のカラーへ、パレットが移動する
  • ZRボタン:左右鏡面の状態でペンが動くようになる

ステップ2:地面に貼るマイデザイン

 続いては、島を彩る地面に関するマイデザインについて。非常に分かりやすいので、今回は地面に落ちた花びらを描いてみましょう。

赤めの色で、パパッとランダムに色を置いていきます。とくに形は気にせずに。
あとはそこに濃い、または暗い色の赤色を重ねて、少しだけ花びらのような形をイメージして整えれば完成。ついでによくわからない白点を置いてみましょう。
といったかんじで、さくっとキュートな花びら地面ができました。白い点が何なのかは謎ですが、カワイイのでオススメです。

 少しレベルは上がりますが、続いては道を描いてみましょう。今回は上記の花びらに合わせる感じで、白い石の道を作ってみようと思います。なんとなくの想像で作りましたが、もちろん何かを参考にしながら描いてもオーケーです。

 なお、地面のマイデザインについての注意点としては、外だと回転して地面に貼れないので、タテヨコに地続きのものを描きたい場合は、その都度デザインを1点ずつ増やす必要があります。

白い床にしたいので、濃い色を下に塗りましょう。透明色と白色の区別がつきやすくなります。
なんとなくアタリをとっていきます。この時点だと木のようにも見えますね。
石の感じを出したいので、なんとなく角を丸めてみました。
あとは陰影をつけて、薄い色で石の感じを出しました。そのままでもいいですが、マイデザインは陰影をつけるとグッと完成度が上がります。
最後に背景の濃い色を“塗りつぶし”ツールで透明に。
これでキュートなバラの花道ができました。

ステップ3:看板を作ってみよう

 つぎに、マイデザインで何か物体を描いてみましょう。ここから難度は上がりますが、慣れればサクサク作れるようになってきますのでご安心を。今回のレクチャーでは、看板のマイデザイン用に、オレンジを描いてみましょう。オレンジは丸いので、初心者でも描きやすいはず!

丸スタンプを、オレンジ色でポンと押しちゃいましょう。
単純に好みですが、輪郭を濃い色で囲ってみます。あとは葉っぱの形を、なんとなくアタリだけ置いていきます。
そこから葉っぱの形を整えて
影になる場所を、現在のオレンジ色より暗いオレンジ色で描き、ツルンとした感じを白色で表現。陰影が付くだけで、ただの円という印象が消えてきたと思います。
葉っぱの線や、オレンジの表面を足して完成。
看板なので、文字も足しちゃいましょうか。小さな隙間で文字を表現するのも楽しいポイントだったりします!
あとはこれをDIYリメイクから、マイデザインを選べば……。
オレンジの果樹園に最適な、オレンジの看板の完成です。
もちろん地面そのまま貼ることもできますよ。

ステップ4:洋服にもチャレンジ!

 続いては、洋服のマイデザイン。といっても、今回描くのは一般的にあるような服飾デザインというわけではなく、服にイラストを描くというものです。今回は先日、5月30日が誕生日だったハムスケの服を作ってみようと思います。

カワゆいので大好きなハムスケくん
なお、服によって型紙は異なります
今回はワンピースを選択しました。まずはハムスケの服が青いので、青くしちゃいます。袖、背中も、全部染めておきましょう。
ハムスケの顔をなんとなくアタリでとっていきます。
耳などを付けて、ハムスケの輪郭を整えていきます。なお色が変ですが、色は最後に調整したほうが自分はやりやすいので、似た色を適当に選んでいます。
目や髪の毛などをかき込んで……。
ここで色味を調整します。
最後はやっぱり陰影。ちなみにワンピースは上下に型紙が長いぶん、描いたものが上下に引っ張られます。ですので、真ん中の画面より左下のプレビューをメインにみたほうが作りやすいです。
背中ももったいないので、ハムスケの着ているTシャツみたく、★スタンプマークを押してみました。
ちなみに今回は使いませんが、表と背中をいっしょにするなど、服の中で同じデザインを入れたい場合、コピー機能がオススメです。
という感じでハムスケとハムスケワンピース!

ステップ5:家具へのマイデザイン

 最後に、家具のマイデザインについて。家具の中には、リメイクでマイデザインを反映できるものがあります。ステップ3程度のことまでできてしまえば、きっと模様を描くのもカンタンにできるはずなので、イスを花柄にしたり、ベッドをシマシマにしたりと、好みの模様にするのもお手の物かと思います。

 今回は、家具の特性を生かしたマイデザインを反映してみましょう。かなり慣れや工夫、センスなどが必要になってきますが、これができるようになると島生活がすっごく自由になりますよ!

シンプルなパネルは、マイデザインを貼ると、パネルの上下ふたつに貼られる特性があります。今回はパンの棚を作りましょう。
棚のなんとなくのイメージを作って……
パンもなんとなく、ディテールだけアタリを取ります。
食パン的なものを整えたら……
あとは硬そうなパンたちをチマチマ調整していきます。
最後に棚の左側を黒くして、陰影で立体感を表現してみました。
これを貼れば、パンが入った棚のような家具にパネルが大変身
島にパン屋のようなものができちゃうわけです

この自由度がクセになる!

 という感じで、マイデザインがあれば自由な発想で、島を彩ったり、ファッションを楽しめるようになっちゃうわけです! 苦手意識のある人も、ぜひぜひチャレンジしてみましょう!

ちなみに僕の家は、現在中華料理店風なのですが
マイデザインで料理をいくつか飾っていたりします。これは帽子のマイデザインで、器をイメージして無理やり飾っている感じで。うーん、パンもそうですが僕は食べ物のマイデザが多いですね。

ファミ通マイデザインを配布します!

 ここまで読んでくださった方々にプレゼント! 最後に、ファミ通Tシャツをモチーフにしたマイデザインを配布します~! 

 なお、『あつまれ どうぶつの森』の完全攻略本“あつまれ どうぶつの森 ザ・コンプリートガイド”が、電撃から発売中。ページ数は1072ページ! 快適な無人島生活に必要な情報&重要データを見たい人はチェックしよう。

完全攻略本“あつまれ どうぶつの森 ザ・コンプリートガイド”の購入はこちら (Amazon.co.jp)

『あつまれ どうぶつの森』関連オススメ記事