“Nintendo Switch Online”に加入することで遊べる、“ファミリーコンピュータ Nintendo Switch Online”と“スーパーファミコン Nintendo Switch Online”。その次回のタイトル追加日が2020年5月20日(水)に決定した。

 今回追加されるのは、『スーパーパンチアウト』(任天堂)、『パネルでポン』(任天堂)、『アルゴスの戦士 はちゃめちゃ大進撃』(コーエーテクモゲームス)、『ラフワールド』(SUNSOFT)の4タイトルだ。

スーパーパンチアウト(任天堂)

世界の強豪を相手に3分間の一本勝負。
強力なスペシャルパンチが勝負の鍵を握る。

 1998年にスーパーファミコンのカセット書き換えシステム“ニンテンドウパワー”より発売されたスポーツゲーム。ボクサーである主人公が、世界各国の個性豊かな強豪たちに挑戦する。パンチやダッキング、スウェーなど、本格的なボクシングのアクションを簡単な操作で行うことができ、強烈な威力のスペシャルパンチもくり出せる。相手の動きや特徴に合わせてこれらのアクションを駆使し、チャンピオンを目指そう。

パネルでポン(任天堂)

カラフルなパネルをそろえて消していく。 連鎖をつなげるパズルゲーム。

 1995年に発売されたスーパーファミコン用のアクションパズルゲーム。隣り合う左右のパネルを入れ替え、3つ以上の同じパネルを縦か横に揃えて消す。数あるテクニックの中でも重要なのは、パネルが消えていくあいだにほかのパネルを操作し、つぎつぎと連鎖をつなげていく“アクティブ連鎖”。うまく使えばスコアアタックでハイスコアが獲得できたり、VSモードで相手に大きなおじゃまパネルを送ったりできる。

アルゴスの戦士 はちゃめちゃ大進撃(コーエーテクモゲームス)

聖地アルゴールに戦士は甦る。獣王は天空にあり!

 1987年に発売されたファミリーコンピュータ用のアクションゲーム。プレイヤーはアルゴスの地より甦った戦士となり、獣王ライガーを倒すため、円盤状の武器“ディスカーマー”を手に戦う。戦士は敵を倒すことで、攻撃力や体力が少しずつ成長する。スタートボタンを押して開くサブ画面では、十字ボタンで矢印を移動させ、Aボタンで精神力を消費して画面右側の潜在能力を使用し、Bボタンで画面左側のアイテムを使用する。仙人や闘神インドラの力を借りながら聖地アルゴールを探索し、空飛ぶ城・獣王ライガーの牙城を目指そう。

ラフワールド(SUNSOFT)

父の想いを胸に、ジェイが巨大メカ軍団に挑む。

 1990年に発売されたファミリーコンピュータ用のアクションゲーム。父のかたきを討ち、コロニー開発計画“シリウス・プロジェクト”を成功させるため、主人公ジェイが全5ステージの攻略に挑む。攻略のカギは、状況に応じた武器の切り替え。スタートボタンでセレクトウェポン画面を開き、セレクトボタンで武器を切り替えることができる。ハンドガン以外の武器は使うと武器エネルギーを消費するので注意しよう。ステージを進むごとに新しい武器が入手でき、戦いの幅が広がる。