スクウェア・エニックスより発売中のプレイステーション4用ソフト『ファイナルファンタジーVII リメイク』。『アドベントチルドレン』や『クライシス コア』など、同作の関連作品を改めて紹介する。

『ファイナルファンタジーVII リメイク』(PS4)の購入はこちら (Amazon.co.jp)

さまざまな広がりを見せる『FFVII』関連作品

 壮大な物語が紡がれた『ファイナルファンタジーVII』(以下、『FFVII』)は、その前後、または裏側で起こっていた出来事などを描いた関連作品も多数展開。本記事は、オリジナル版に加え“コンピレーション オブ FFVII”と総称される、それら関連作品を紹介する。

『ファイナルファンタジーVII』

ハード:プレイステーション
発売日:1997年1月31日発売

ゲームの歴史で語り継がれる名作

 任天堂のゲーム機で発売されていた『ファイナルファンタジー』(以下、『FF』)シリーズのナンバリング最新作が、ハードをプレイステーションに変えたことも大きな話題になった『FFVII』。当時、対戦格闘ゲームやレースゲームといった限られた作品でしか使われていなかった3DCGを家庭用のRPGに用いて装いを一新。よりドラマチックな演出も可能に。

 バトルシーンは従来のサイドビューから3Dのバトルフィールドになり、臨場感がアップ。『FFVII』は世界でも大ヒットし、これまでの世界累計販売本数は1240万本以上(※スクウェア・エニックス発表のパッケージ版出荷数とダウンロード販売数の合計)を記録している。

 主人公クラウドは、反神羅を掲げるアバランチに傭兵として加わり、神羅の魔晄炉を爆破。神羅に追われる身となったクラウドたちは、その後、星の命運を懸けた戦いへと巻き込まれいく。ダブルヒロインのひとり、エアリスの悲劇や宿敵セフィロスなどのキャラクター、名曲揃いのBGMも人気を博した。

 現在はNintendo Switch、PS4などでも発売されている(ダウンロードのみ)。

美しい緑色の瞳と独特の雰囲気を持つ花売りの女性エアリスとの出会いをきっかけに、クラウドの過去や神羅の陰謀、星の未来など、さまざまな要素が絡み合う壮大な物語が展開していく。

『FFVII』発売当時のファミ通もチェック

 20年以上の時を経て、『FFVII』は『FFVII リメイク』へと大きな進化を遂げているワケですが、当時の週刊ファミ通は……攻略情報をメインに毎週大特集を組んでいました。レイアウトは時代を感じさせるシンプルなもの。現在のデータ入稿ではなく、原稿はプリントアウトしたものやフロッピーに入れ、画面写真は出力したものを入稿していました。誌面をリメイクしてみようかと思いましたが、微妙すぎたのでやめました。

レイアウトはシンプルならが、1ページの密度が濃すぎる当時の記事。

ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン

ハード:映像作品
発売日:2005年9月14日発売

フルCGで描かれたハイスピードアクションは必見

 ゲームではなく、フルCGの映像作品として制作された『FFVII アドベントチルドレン』は、『FFVII』本編の2年後の世界を描く。ディレクターは野村哲也氏で、ヴェネツィア国際映画祭にも招待された。2005年9月にはDVDが発売。2009年4月には、一部シーンを差し替え・追加し、HD解像度でBlu-rayディスクに収録した『FFVII アドベントチルドレン コンプリート』が発売された(ちなみに、限定版には『FFXIII』の体験版が同梱)。

 メテオによる災害から2年。世界には“星痕症候群”という不治の病が蔓延。その病に呼応するかのようにカダージュ、ヤズー、ロッズという謎の青年3人がクラウドの前に現れる――。フルCGでスピーディーに展開するアクションは、いま見ても圧巻のひとこと。

カダージュたち3人以外にセフィロスもクラウドの前に!?
本作品でクラウドの新たな武器として登場するのは、必要に応じて6本の剣の合体、分離が可能な合体剣。

他エピソードのアニメ化も展開

 『FFVII アドベントチルドレン』の限定BOXには、ニブルヘイム事件をザックスとタークスの視点で描いた『ラストオーダー -FFVII-』が特典ディスクに収録。また、『FFVII アドベントチルドレン コンプリート』には、野島一成氏の小説『On theWay to a Smile』デンゼル編のアニメが特典として収録されている。

『On the Way to a Smile
EPISODE DENZEL INAL FANTASY VII』

ビフォア クライシス -ファイナルファンタジーVII-

ハード:携帯電話
配信日:2004年9月24日配信開始(現在はサービス終了)

タークスの視点で『FFVII』にいたる6年間が描かれる

 iモードやYahoo!ケータイなど、携帯電話向けにリリースされ、ネットワーク要素も盛り込まれたアクションRPG。物語は、『FFVII』本編にいたる6年間を描き、プレイヤーは神羅カンパニーの特殊部隊タークスの新人として、反神羅組織のアバランチの活動を阻止すべく任務に当たることになる。若き日のツォンやレノ、ルードなども登場する。

この時代のアバランチのリーダーはエルフェという女性。若き日のタークスのメンバーやザックスなども登場。
タークスのメンバーの意外な一面も!?

ニブルヘイム事件の真相に迫る

 エピソード配信形式だった『ビフォア クライシス -FFVII-』。その12章では、『FFVII』本編で記憶の中で描かれたニブルヘイム事件のエピソードも。セフィロス、ザックス、ティファ、そしてクラウドが揃い、ニブルヘイム魔晄炉の出来事がリアルに描かれる。ティファとクラウドの幼少期の思い出が語られる給水塔のイベントなど、本作で再現される『FFVII』の名シーンも。

ニブルヘイム事件が過去の出来事ではなくいま起きていることとして体験できる。

クライシス コア -ファイナルファンタジーVII-

ハード:プレイステーション・ポータブル
発売日:2007年9月13日発売

クラウドを救ったザックスの生き様を描く物語

 プレイステーション・ポータブルで発売された、ザックスを主人公にしたアクションRPG。バトル中、デジタル・マインド・ウェーブという3つのリールの揃った絵柄により、さまざまな効果が得られるシステムが特徴的だった。

 物語は『FFVII』から巡ること7年前。『FFVII』でクラウドを救うことになるザックスのソルジャー時代を描く。先輩ソルジャー・クラス1stでバスターソードを持つアンジールや、英雄セフィロスに迫るほどの実力を持っていると言われたジェネシスなども登場し、『FFVII』では語られなかった物語が展開する。

まだ英雄と呼ばれていたセフィロス

かなりの実力を持ったソルジャー・クラス1stの3人。ある事件を機にその関係性は崩れていく。
ザックスとエアリスの出会いも描かれる。
神羅兵時代の初々しいクラウドも登場。

ダージュ オブ ケルベロス -ファイナルファンタジーVII-

ハード:プレイステーション2
発売日:2006年1月26日発売

ヴィンセントの秘密に迫るガンアクションRPG

 ヴィンセント・ヴァレンタインを主人公に『FFVII』から3年後の物語が描かれるガンアクションRPG。突如として現れた“ディープグラウンドソルジャー(DGソルジャー)”という組織が町を襲撃し始め、ヴィンセントはそれに対抗するために立ち上がる。

 DGソルジャーとの戦いの中で、自身に隠された秘密が明らかになる。多数のプレイヤーとオンライン対戦が可能なマルチプレイヤーモードも用意されていた。

自身の過去やルクレツィアの秘密を知ることにーー。
クラウドやティファなどおなじみのメンバーも登場。

携帯電話で描かれたもうひとつの物語

 『ダージュ オブ ケルベロス -FFVII-』の本編では描かれなかったエピソードが楽しめた携帯電話向けのガンアクションRPG(現在はサービス終了)。

 携帯電話向けながら、フルボイスでイベントシーンが描かれた。“エンシェント・マテリア”を狙うDGソルジャーの目的を探るべく神羅屋敷へと向かうヴィンセントだったが、彼が乗ったヘリコプターが何者かによって撃墜されてしまう。