シティコネクションは、Nintendo Switch用ダウンロードソフト『星をみるひと』を2020年夏に発売することを発表した。

 また、本日2020年5月1日、公式サイトを公開し、ゲームに実装される壁紙イラストの公募企画も開始。

以下、リリースを引用

『星をみるひと』Nintendo Switchで今夏発売! 伝説のファミコンタイトルが復活、公募企画も始動

 株式会社シティコネクションは、Nintendo Switchダウンロードソフト『星をみるひと』を2020年夏に発売することを発表いたします。

 また本日5月1日、本作の公式サイトをオープンし、ゲームに実装される壁紙イラストの公募企画をスタートいたしました。

『星をみるひと』ゲーム紹介

「ぼくたちは気付いてしまった、この世界の不条理にーー」

『星をみるひと』とは

 『星をみるひと』は、1987年にホット・ビィからファミリーコンピュータ用ソフトとして発売されたロールプレイングゲームです。

 主人公は超能力を持った記憶喪失の少年「みなみ」。荒廃した未来の巨大都市を舞台に、世界の謎を解き明かすべく、仲間とともに旅をします。

 管理コンピュータ、マインドコントロール、襲い来るロボット、改造生物、サイキック狩り......といった要素が登場し、当時の家庭用ゲームでは珍しいハードなSF世界観も印象的でした。

 短編ながらも衝撃的な展開が待ち受けるストーリー、結末がプレイヤーの選択に委ねられるマルチエンディング、そしてそんな人類の行く末を左右する冒険にふさわしい超絶難度は、今でもファンの間で語り草になっています。

Nintendo Switch版の特徴

 当時のプレイヤーを悶えさせたイノセントな難度はそのままに、冒険をサポートするいくつかの機能やオプションを追加予定です。

 オリジナルのままの不条理な世界観をじっくり味わうもよし、自分にあった機能を選びながら未来世界を堪能するもよし。

 かつてこの世界の結末を見届けられなかった人にも、初めて『星をみるひと』の世界を旅する人にも、本作をやりつくしてしまったという超能力者の方にも新鮮な気持ちで楽しんでいただけるよう、現在鋭意開発中です。

 新機能をはじめ、本作の詳しい情報については、公式サイトシティコネクション公式Twitterアカウントでも今後紹介予定です。続報をお待ちください。

公募企画

 33年の時を経て最新ハードにてよみがえる本作の発売を記念して、ゲームに壁紙として実装されるイラストを募集いたします。

募集内容

  • 『星をみるひと』の世界観やキャラクターをモチーフにした壁紙用イラスト
  • サイズ:1920×1080px
  • ファイル形式:PSDまたはPNG
  • 応募期間:2020年5月1日(金)~5月15日(金)まで

応募方法

 『星をみるひと』公式サイト「参加型企画」ページにある「応募用フォーム」よりお送りください。

各賞詳細

  • シティコネ賞 2名様
    ・ゲーム内実装A:設定可能な壁紙として実装
    ・ゲーム内実装B:メニューより閲覧できるページにイラストを掲載
    ・公式ページ掲載
  • いるか賞 10名様
    ・ゲーム内実装B:メニューより閲覧できるページにイラストを掲載
    ・公式ページ掲載
  • さいきっく賞 数名様
    ・公式ページ掲載
  • かりう賞 応募者全員
    ・「星をみるひと」特製缶バッジプレゼント

イラスト制作に関するご注意

 ある程度壁紙を想定したデザイン内容が好ましいですが、壁紙用に再配置する場合があるため、BGと各キャラクターなどはレイヤーを分けてください。

 BGは必須ではありません。その場合は、こちらでBGを用意し配置します。

 イラスト内にテキストフォントは使用しないでください。

 PNGの場合は背景を透過し、キャラクターやBGなどを分けてそれぞれ保存の上、圧縮ファイル(ZIP推奨)でお送りください。

 おひとり様何通でも応募可能です。

 受賞者は掲載をもって発表とさせて頂きます。

 また、応募期間中も含め、応募者本人によるTwitterやpixiv等での公開は特に制限しておりませんが、公開時には以下のハッシュタグや情報の記載をお願いします。(#星をみるひと参加型企画)

 詳細は『星をみるひと』公式サイト「参加型企画」ページをご覧ください。たくさんのご応募お待ちしております!