ユービーアイソフトは、人気タイトル『アサシン クリード』シリーズの新作『アサシン クリード ヴァルハラ』を発表した。

 これは、日本時間2020年4月29日21時00分からYouTubeの“Ubisoft”チャンネルで配信されていた、“Assassin’s Creed: Teaser | LIVE with Bosslogic”で発表されたもの。

 この番組では、1枚のイメージビジュアルを仕上げていくライブペイント形式の配信になっており、何もなかったところから、徐々にビジュアルが完成していくという、ゲームタイトルの発表としては異例のもの。

 配信は約8時間に及び、最終的には『アサシン クリード』のマークが刻印された斧を持つ人物を中心に、左右で異なるふたつの世界が描かれたビジュアルが仕上がった。右には崩れた神殿の前で闘う兵士の姿、そして、左にはバイキングのような男たちが乗る船が描かれている。

 そして、番組の最後にゲームタイトルとともに、“WORLD PREMIERE TRAILER”(ワールドプレミアトレーラー)が、2020年5月1日0時(日本時間)に公開されることが発表された。

最初はグレーバックにシルエットからスタート。
背景のイメージが描かれて……。
船や兵士の姿も。動画では細部まで描かれていることがわかる。
シルエットだった人物の装備品なども足されていき……。
完成! ぜひ動画で見てほしい。

[2020年4月30日11時15分追記]

 『アサシン クリード ヴァルハラ』が日本でも正式発表。ロゴなどが公開された。また、日本での新たなトレーラーの公開は、2020年5月1日11時になるという。

※“Assassin’s Creed: Teaser | LIVE with Bosslogic”の画面は映像をキャプチャーしたものです。