2020年4月7日、新型コロナウイルス感染拡大を受けた緊急事態宣言が行われた。

 本宣言後、対象の7都府県(東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡)では、劇場や映画館といった大勢の人が集まる娯楽施設は、多くが営業の自粛を行っている。

 同じく大勢の人が集まるゲームセンターは、現在どのような対応を取っているのか、運営会社の対応をまとめる。

セガ エンタテインメント

1都7県は休業。他地域はガイドラインを用いつつ営業を維持

 緊急事態宣言発令発令中の都府県下の店舗については、現在休業中。宣言解除まで休業を予定(営業再開は2020年5月7日を想定)。

 他県では「お客様に安心してご利用いただける環境維持に努めつつ、通常営業を継続しています。ただし、行政の指針やガイドラインのもと、施設所在地の都府県毎の措置・要請に沿ったフレキシブルな営業体制(臨時休業・営業時間短縮等)とします」(セガグループ 広報部)

 ショッピングセンター内の店舗においては、施設全体の方針に沿う形で(臨時休業・営業時間短縮など)対応。児童の入場制限について、2020年4月6日より(春休み明け)休校延長措置表明の都府県では、平日日中(開店~15時)の高校生以下のみでの入場はできない。

緊急事態宣言を受けたセガ店舗の対応について(セガ エンタテインメント)

タイトー

同じく対象地域は休業。他地域では短縮営業など

 緊急事態宣言対象区域に所在する店舗は、一部店舗を除き、2020年4月8日(水)から当面の間、臨時休業が決定。ショッピングセンター内ゲームセンターなどの母体施設がある場合は、母体施設の方針に準ずる。

 対象区域以外の店舗では、営業時間を短縮するほか、引き続き感染拡大防止に向けた取り組みを実施。

 各店舗において、当面の間、営業時間を短縮して営業を行っている(一部店舗を除く)。

 また、平日15時まで、小中高生のみでの入場はできない。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への対応について(タイトー)

バンダイナムコアミューズメント

母体商業施設やビル等にあわせて一時休業および短縮営業

 母体施設等が全館臨時休業や営業時間を変更する場合、ゲームセンターの営業も同様となる。

 母体施設のフロアにあるタイプではない独立店舗のナムコ池袋店などは2020年5月6日まで臨時休業。

新型コロナウイルスに関する当社施設の各種対応について(バンダイナムコアミューズメント)

ゲーセン ミカド

 また、高田馬場・池袋の有名ゲームセンター“ミカド”も営業を休止している。

 なお、Youtubeミカドチャンネルでは毎日配信を行うとしている。

新型コロナウイルス感染症に伴う営業自粛について(ゲーセン ミカド)