スクウェア・エニックスから配信中のアプリ『ドラゴンクエストウォーク』が、プライベートジムのライザップとコラボ!? 驚きのコラボレーションがアプリ内、公式サイト、そしてYouTubeの動画で発表された(※)。

※これはエイプリルフール企画です。

 『ドラゴンクエストウォーク』とライザップのコラボでは、ゲーム内にコラボレーションを記念したオリジナルメニューが登場。スマホを持つだけで筋肉がレベルアップする“マッスルモード”が実装されるという。

 またライザップ側には、闇の大魔王ゾーマの居城でトレーニングを行う“大魔王ゾーマプログラム”が登場。トレーニングによって火照った筋肉を、ゾーマのマヒャドで瞬間的にクールダウンできるほか(マヒャドは“こごえるふぶき”に変更可能)、“いてつくはどう”で翌日の筋肉痛による状態変化も防げるそうだ。

 マヒャドに耐える肉体が必要な気もするが、この夢のコラボレーションで夢の肉体改造ができるかも?

 ちなみに、『ドラゴンクエストウォーク』にログインすると、自宅へのプレゼントでジェム401個がもらえるほか、自宅の庭にライザップでおなじみのあの台に乗ったカンダタが登場。カンダタは爆弾岩が付いたダンベルを持ちながらクルクル回っている。