2020年3月16日に3周年を迎えたスマートフォン用リズムゲーム『バンドリ! ガールズバンドパーティ!』(以下、『ガルパ』)。それを記念して全6バンドのボーカルキャストにインタビューを実施! 最後は新バンドMorfonicaのボーカルを務める進藤あまねさん。役が決まった心境やこれからの意気込みを撮り下ろし写真とともにお届け!!

※掲載されているボーカルキャストインタビューは、2020年2月上旬に取材したものです。

進藤あまね(しんどうあまね)

4月20日生まれ。愛知県出身。おもな出演作に『バミューダトライアングル 〜カラフル・パストラーレ〜』(キャロ役)、『りばあす』(美濃周子役)、『D4DJ Groovy Mix』(春日春奈役)など。

進藤あまねが新キャラ、倉田ましろに息を吹き込む!

――“倉田ましろ”を演じることが決まったのはいつごろだったのでしょうか?

進藤去年の4月ぐらいに知りました。

――以前から『バンドリ!』は知っていたのでしょうか?

進藤もともとゲームが大好きで、ましろ役に決まる前からかなり遊んでいます。とくに移動時間は『ガルパ』を含めたソーシャルゲームを遊びまくっています!

――決まったときはどういうお気持ちでしたか?

進藤ましろが新キャラクターとして出てきたときに、お母さんと「新キャラの見た目好き! 声は誰がやるんだろう」って話していたんです。そうしたらましろ役に選んでいただけて、とってもビックリしましたし、すごくうれしかったです!

――ましろはメインストーリーの第2章で初登場したキャラですよね。ファンもすごい待ち遠しかったと思います。

進藤私も待ち遠しくて、「この子、バンド組むのかな?」とか、ガルパユーザーとしていろいろ考えていました! 今は皆さんに受け入れてもらえるかドキドキしてます。

――なるほど。ましろが所属するバンド“Morfonica”についてもお聞きしたいです。Morfonicaはどういったバンドなのでしょうか?

進藤いままでの『バンドリ!』にない、バイオリンを入れたガールズバンドです。バイオリンが入っているバンドって、なかなかいないと思うので、そこが大きな特徴であり、魅力だと思います。あとメンバーひとりひとりの個性が、ほかのバンドのメンバーに負けないぐらい強いです。

――演じられるキャストの方と顔合わせはしたのでしょうか?

進藤もちろん顔合わせしています!ボイス収録やバンド練習の際にお会いしてます。

――そのときに、ほかのメンバーとお話をされたりとかは?

進藤バンド練習ではメンバーの皆とライブ演出や好きな音楽について話し合ったりしてます! とくにMV撮影のときにはずっといっしょにいたのですごく仲が深まりました。

――進藤さんは、ましろというキャラクターにどういった魅力があると感じていますか?

進藤ましろは、一見するとすごい根暗な子に見えるんですが、閉じた心の中に強い芯を持っていて、すごくいいキャラクターだと思いました。

――メインストーリーを読んでいて、この子はどういったキャラクターなんだろうなと私も考えていたのですが、進藤さんの話を聞いて合点がいきました。好きなバンドはどのバンドでしょうか?

進藤フリフリした衣装やアイドルっぽい曲が好きなので、Pastel*Palettes(以下、パスパレ)ですね。

――パスパレの曲を聞くことは?

進藤かなり聞きます! “きゅ~まい*flower”の曲調が好きです。パスパレ以外では、Afterglowの“Hey-day狂騒曲(カプリチオ)”もすごい好きです。

ましろのデビュー楽曲は、“Daylight -デイライト-”&“メリッサ”

――ましろとして歌ったりするときに、自分の中で意識していることはありますか?

進藤私は地声が低いのですが、ましろは声が高めの華奢なキャラクターなんです。ですので、ふだんよりも高い声を出して歌の収録に臨みました。また、芯の通った性格を歌の中で表現できるように意識してます。

――ましろとMorfonicaにとって初めてのオリジナル楽曲“Daylight -デイライト-”を収録したときはどういった心境でしたか?

進藤上松範康(音楽プロデューサー・Elements Garden代表)さんの手掛けた楽曲を自分が歌えるなんてとても光栄だと思いました。初めて“Daylight -デイライト-”を聴いたときは、その力強さに驚かされました。うれしく思う反面、その曲を背負うという責任感がすごいプレッシャーになって、収録では自分の中でいっぱいいっぱいだった部分もありました。

――カバー楽曲は“メリッサ”とのことですが、楽曲にはどういった印象を持たれましたか?

進藤じつは、お姉ちゃんの影響で、子どものころから知っていた曲なので、最初のカバー楽曲が“メリッサ”と知ったときは、「何かのご縁なのかな」とビックリしました。なので、小さいころから聴きなれた楽曲というイメージが強かったです。

――カバーすることになったときに、どういったことを感じましたか?

進藤すごく光栄でしたし、これをライブで披露したらファンの皆さんに絶対に喜んでもらえるだろうなと思いました。もし自分がファンの立場だったらすごい喜んじゃいます(笑)。

――早くファンの人の反応を見てみたいですね。ちなみに進藤さんの特技は、ギターとお伺いしていますが、ギターはどれくらいの時期からやられているのでしょうか?

進藤小6か中1の頃に、ポピパの皆さんがリアルバンドとして活動している姿を見てビックリして、「これからの声優はバンドもやっていくのかな」とお母さんと話していたら、お母さんから「あなたも、ギターを始めてみようよ」といって勧めてくれて。そこからギターを始めました。

――学校などで友だちとバンドを組んだりは?

進藤すごく興味があって、やってみたいんですが、まわりに楽器を弾ける子がいなくて。文化祭ではバンドを組めなかったのでひとりで寂しく歌を歌いました(笑)。

――文化祭以外でも人前で歌を披露することはあるのでしょうか?

進藤もともと歌うことが好きなので、頻繁に歌います! 遠足や修学旅行のバスの中にあるカラオケで歌を披露することが多いですね。

――ふだんから歌うことが多いのですね。今後挑戦してみたいことはありますか?

進藤ギターの弾き語りをやってみたいという想いはあるのですが、できるのかなという不安もあって。理想としては、香澄役の愛美さんのように弾きながら歌ってみたいですね。

――ファンとしてはましろと香澄のセッションを見てみたいです!

進藤私もぜひやってみたいです!

――では最後に、今後の『バンドリ!』に対する意気込みをお願いします。

進藤ファンの方にましろの歌やキャラクター性、Morfonicaのバンドを好きになってもらえるようにいっぱい努力したいと思いますので、応援よろしくお願いします!