2002年3月28日 『キングダム ハーツ』発売

 いまから18年前の2002年(平成14年)3月28日はプレイステーション2ソフトの『キングダム ハーツ』が発売された日。

 『キングダム ハーツ』は、スクウェア(当時)から発売されたアクションRPG。ゲームデザイナーの野村哲也氏が初めてディレクターを務めたタイトルで、メインキャラクターデザインやコンセプトデザインなども兼任している。主題歌の『光』を宇多田ヒカルさんが手掛けたことも当時かなりの注目を集め、いまでも人気の楽曲となっている。

 最大の見どころは何と言ってもディズニーの世界を冒険できるところ。ミッキーやミニー、ドナルドダック、グーフィーといったおなじみのキャラクターが活躍するのはもちろん、『くまのプーさん』、『ピノキオ』、『アラジン』、『リトルマーメイド』、『ピーター・パン』、『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』など、数え切れないほどの作品から多種多様なキャラクターたちが登場し、物語に深く関わってくれるのがうれしい。そのほか、『ファイナルファンタジー』シリーズからも主要キャラクターが参戦。ディズニーのファン、ゲームファンにとってはまさに夢のようなスターたちが登場する。

 本シリーズの象徴的な武器“キーブレード”を片手に襲ってくる敵と戦っていく、爽快なバトルも魅力的。また、直接操作はできないものの、ドナルドやグーフィーを始め、特定のワールドで仲間になってくれるキャラクターと共闘できる点も『キングダム ハーツ』ならではの体験として非常にワクワクさせてくれた。

 本作はご存じの通り、世界中で大ヒットを記録。シリーズ化され、ナンバリングタイトルだけでなく多数の派生作品も発売されている。最新作は『キングダム ハーツIII』で、有料DLC『キングダム ハーツIII Re Mind』のプレイステーション4版が2020年1月23日に配信されたばかり。『キングダム ハーツIII』からシリーズを始めたいのであれば、スクウェア・エニックスが編集した動画“IIIに繋がる物語たち”をチェックするのが手っ取り早くておすすめだ。

※画像は『キングダム ハーツ HD 1.5 リミックス』のものです。