いつでもどこでも修羅場三昧

 アトラスは、パズルアクション・アドベンチャー『キャサリン・フルボディ for Nintendo Switch』をNintendo Switchで2020年7月2日に発売することを発表。公式サイト、および、PVも公開されている。

 『キャサリン・フルボディ』は、浮気と結婚の決断に揺れる男女の恋愛模様を描き、公式みずから“アトラスの大問題作”と称する作品。2011年にPS3、Xbox 360で発売された『キャサリン』をベースに、第3の“キャサリン”の追加など、さまざまな新要素を追加した『キャサリン・フルボディ』が2019年2月14日にPS4、PS Vitaで発売された。

『キャサリン・フルボディ for Nintendo Switch』の予約購入はこちら(Amazon.co.jp)

 今回の『キャサリン・フルボディ for Nintendo Switch』は、鮮烈なアニメシーンを交えて描かれる過激で少しセクシーな大人のジュブナイルが、こっそり隠れてベッドの中で、みんなでにぎやかにリビングで、いろいろなシーンで楽しめるのが特徴になっている。

 また、PS4、PS Vita版で登場した、Catherine(キャサリン)のボイスを変更できる有料DLC“Catherine"理想の声"全ボイスセット”をはじめからすべて収録。さらに、新たに“ヒーリングフラワー”花澤香菜、“生意気後輩”竹達彩奈、“インテリジェンスビューティー”井上麻里奈の3名の声を追加し、総勢14名から選べるようになっている。

ストーリー

 主人公ヴィンセントは、長年付き合っている恋人“キャサリン”に 結婚を迫られながらも、恋人と同名の美女“キャサリン”と浮気をしてしまう。恋人と浮気相手に翻弄されるなかで、天使のように純真無垢な3人目の“キャサリン”と出会い、ヴィンセントの心はさらに揺さぶられる。そんな中、街では奇妙な噂が流れ始める……「浮気男は悪夢に堕ちる。夢の中で命を失うと、現実世界でも死に至る」。つぎつぎと発生する修羅場の果てに、ヴィンセントが選び取る未来とは……!?

奥深く歯応えのあるアクションパズル

 本作は、高く積み上がったブロックを押したり引いたりしながら道を切り開くアクションパズル。絶対にゲームオーバーにならないセーフティモードから、プロゲーマーも夢中になるハードモードまで、プレイヤーの好みに合わせた難易度選択が可能になっている。さまざまなサポート機能の実装に加え、オートプレイやパズルスキップを使えばストーリーだけを楽しむことも。遊べるステージは500以上。罠を避け、アイテムを使い、悪夢の夜を乗り越えよう。また、世界中で熱狂的なプレイヤーを生み出した対戦モードもコントローラーを分け合って、1台で気軽に遊ぶことが可能になった。

製品情報

タイトル:キャサリン・フルボディ for Nintendo Switch
ハード:Nintendo Switch
発売日:2020年7月2日(木)
価格:6980円[税抜](パッケージ版/ダウンロード版)
CERO:C(15歳以上対象)
初回生産限定:描き下ろしスペシャルパッケージ仕様
ジャンル:パズルアクション・アドベンチャー
プレイ人数:1〜2人
発売:アトラス