バンダイナムコエンターテインメントは、プレイステーション4版『機動戦士ガンダム EXTREME VS. マキシブーストON』を2020年7月30日に発売する。発表は3月23日に実施された公式生配信“春の家庭用ガンダムゲームまつり2020”で行われ、新要素も明かされた。

PS4『機動戦士ガンダム EXTREME VS. マキシブーストON』第1弾PV

配信内では実機プレイの様子も。

 本作は2016年3月9日から2019年11月26日まで稼働していたアーケードゲームのプレイステーション4版。アーケード版には未実装だった3機体が登場し、その中の“ザクアメイジング(ガンダムビルドファイターズ)”はすでに発表済みとなっている。

 今回の配信では、残りの2機体が発表された。ひとつは“モンテーロ(ガンダム Gのレコンギスタ)”で、パッケージ購入時より使用可能だ。

 もうひとつは“ガンダム・バルバトスルプスレクス(機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ)”。こちらは、パッケージ版の初回生産限定特典とダウンロード版早期購入特典となる。

 加えて、新たなナビキャラクターとして、“機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ”より、クーデリア・藍那・バーンスタイン、アトラ・ミクスタ、フミタン・アドモスの3人が登場することが明らかになった。

 ひとり用モード“マキシブーストミッション”も発表。200以上のミッションを攻略し、機体を強化するのが目的だという。また、“エディットBGM”機能も搭載。自作の曲を設定して遊ぶこともできるそうだ。

 商品形態は8200円[税別]の通常版を含む3タイプ。

 通常版の収録楽曲に加え、アーケード版では有料で使用可能だった楽曲など、全33曲を収録した特別版“プレミアムサウンドエディション”は1万1200円[税別]。

 “プレミアムサウンドエディション”の内容に加えて、特別仕様のガンプラ“HG 1/144 エクストリームガンダム&エクリプス-Fパーツ”がセットになった豪華版“コレクターズエディション”は、1万4500円[税別]となっている。

 パッケージ版の初回封入特典は、特別デザインのバナパスポートカード。アーケード版『機動戦士ガンダム エクストリームバーサス2』で使用すると、エクストラ機体“アストレイゴールドフレーム天ミナ”と“EXVS.シリーズ10周年の特別なゲージデザイン”が手に入る。

『機動戦士ガンダム EXTREME VS. マキシブーストON』の予約購入はこちら(Amazon.co.jp)『機動戦士ガンダム EXTREME VS. マキシブーストON プレミアムサウンドエディション』の予約購入はこちら(Amazon.co.jp)

 また、配信内ではネットワークテストの実施もアナウンスされた。

募集期間:2020年3月23日(月)~4月10日(金)
実施期間:2020年4月25日(土)19時~4月27日(月)11時
使用可能な機体数:183(※)
プレイ可能なモード:プレイヤーマッチ / カジュアルマッチ / フリーバトル

※ネットワークテストでは、ザクアメイジング、モンテーロ、ガンダム・バルバトスルプスレクスは使用不可

ネットワークテスト参加者募集ページ