2020年3月18日、3goo(サングー)は、ゲーム開発スタジオ・スターマインド社とのパートナーシップにより、Nintendo Switch、プレイステーション4版『リマザード:トーメンテッド ファーザーズ』を3月19日に発売すると発表した。価格は3200円[税抜]。また、シリーズ続編の『リマザード:ブロークン ポーセリン』も発売予定。

以下、リリースを引用

スターマインド社とのパートナーシップによりアジア地域での『リマザード』シリーズPlayStation4,Nintendo Switch版リリースを発表

 株式会社3goo(サングー)(本社:東京都渋谷区、代表取締役:ディ・コスタンゾ・ニコラ)は本日3月18日、イタリアのゲーム開発スタジオであるスターマインド社とのパートナーシップにより、複数のアワード受賞歴のある『リマザード:トーメンテッド ファーザーズ』のNintendo Switch版とPlayStation4版を3月19日にリリース予定である事を発表いたしました。

 本作は日本国内および、香港・台湾などのアジア地域での展開が予定されています。また、シリーズの続編となる『リマザード:ブロークン ポーセリン』も3gooよりリリースを予定しています。

 このパートナーシップの発表にあたり、スターマインド社は、以下のようにコメントを発表しています。

 「この度Stormind GamesはNintendo Switch版の移植を自社スタジオで行い、コンソール版とPC版全てにおいて、高品質な移植版を完成させることができた事に満足しています。-Stormind Games Team-」

 『リマザード:トーメンテッド ファーザーズ』はRely on Horror(GOTY 2018)やEurogamer(Best Indie and Best Italian Game)など各種専門ウェブサイトに評価され、2018年に「ベスト・イタリアン・ゲーム」として賞を受けています。また、Gamespotは「ゲーム史上、最も怖いゲームのひとつ」と評価しています。

 続編の『リマザード:ブロークン ポーセリン』の発売日は未公開ですが、Game Rantは「2020年の最も期待されるホラーゲーム10選」にリストしており、Gameranxも「2020年の新作ホラーゲームトップ10」に『リマザード:ブロークン ポーセリン』をリストしています。

 この評価で世界中のサバイバルホラーファンが期待する作品として注目されています。

 Nintendo Switch版『リマザード:トーメンテッド ファーザーズ リマスター』は、現在予約受付中となります。

3gooについて

 2009年設立。海外ゲームを中心とした家庭用ゲームソフトのパブリッシング事業を展開し、PlayStation4版『マインクラフト ストーリーモード シーズン2』、PlayStation4版パッケージ『Dead by Daylight 山岡一族の物語り -公式日本版-』とNintendo Switch版パッケージ『Dead by Daylight -公式日本版-』、PlayStation4版およびNintendo Switch版『ヴィクター・ヴラン オーバーキルエディション』、Nintendo Switch版『ギア・クラブ アンリミテッド』および『ギア・クラブ アンリミテッド2』ほか多数のタイトルをリリース。2020年4月23日にはNintendo Switch版のパッケージ『メトロ リダックス』ダブルパックをリリース致します。

商品概要

  • タイトル:リマザード:トーメンテッド ファーザーズ
  • 発売日:2020年3月19日(木)
  • 価格:3,200円(税別)
  • ジャンル:サバイバルホラー
  • 対応機種:Nintendo Switch/PlayStation4
  • 発売元:株式会社3goo 開発元: Stormind Games
  • CERO:D(17才以上対象)