漫画やアニメ、ゲームといったコンテンツと並び、日本を代表するポップカルチャーの一角として、海外でも広く認知されているコスプレ。“コミックマーケット”や“東京ゲームショウ”などと並び、毎年夏と冬に開催されている“ワンダーフェスティバル(略称:ワンフェス)”も、コスプレが楽しめる催しとして、大勢のコスプレファンから支持されている人気イベントのひとつ。

 そんな“ワンフェス”の最新回に当たる“ワンダーフェスティバル2020[冬]”(2020年2月9日開催)を取材して見つけた、ハイレベルなコスプレイヤーたちの写真60枚を、前後編の2回にわけて紹介しよう。

ワンフェスとは

 “ワンフェス”とは、プロ・アマチュアを問わず、誰でも造形物を出展・販売することができる大型イベントで、1984年にプレイベントが初開催(1992年より海洋堂が主催を引き継ぐことに)。

 航空機、戦艦、鉄道車両などの模型をはじめ、特撮ヒーローやアニメヒロインのフィギュア、さらには原寸サイズで再現されたアニメ、ゲームキャラクターの装飾品など、出展される商品は多岐にわたり、近年では大手企業も続々と参入。入場者数は毎回、5万人を超える盛況ぶりで、ここでしか手に入らない限定グッズや、人気声優によるトークステージなどを目当てに参加する来場者も多いという。

 今回の“ワンフェス2020[冬]”も、開場早々、ホール内には大勢のサブカルファンが殺到。いずれのブースにも大規模な人だかりができ、大賑わいとなっていた。ちなみに展示物のなかには、『Re:ゼロから始める異世界生活』に登場するレムの等身大立像や、ボーカロイドの初音ミクがデザインされた痛車など、ファンにはたまらないアイテムがずらりと並び、立ち止まってそれらの写真を撮る参加者の姿も見られた。

 続いて、屋外に設けられたコスプレエリアに足を運ぶと、こちらにも大勢のコスプレイヤー&カメラマンが集結していて大盛り上がりに。“ゲームキャラクター”という括りで見てみると、今回もやはり『Fate/Grand Order』が人気で、同作のサーヴァントに扮した美女レイヤーたちが勢ぞろい。“ワンフェス”の理念に則ってか、細部まで作り込んだ自作衣装で参加していたレイヤーが多く、終了時間ギリギリまで、各所に撮影のための列や巨大な囲みができていたのが印象的だった。

 各写真には、それぞれのコスプレネームと、扮するキャラクターの名称(および作品名)、Twitterアカウントを記載しているので、そちらも併せて確認してほしい。彼女たちのツイートをチェックすれば、今後参加予定のコスプレイベントもわかるかも!?

16名のコスプレイヤーの写真を一挙掲載!

希林まおはさん(@maoha_0x0
『Fate/Grand Order』/間桐桜(ストリート・チョコメイド)

照井るゐさん(@rui_cos_L
『Fate/Grand Order』/玄奘三蔵

ぐぐるさん(@guguru_PICO
『Fate/Grand Order』/ジャンヌ・ダルク〔オルタ〕

永原芽衣さん(@meinghr100008
『Fate/Grand Order』/マシュ・キリエライト

丹波あずささん(@atk_tan
『Fate/Grand Order』/ブラダマンテ

陽莉さん(@hiyori0103_cos
『Fate/Grand Order』/ナーサリー・ライム

木漏日みけらさん(@mkrnln
アズールレーン』/ザラ

Rennaさん(@ren_na_yu_ki
鬼滅の刃』/栗花落カナヲ

しらほしなつみさん(@natsumi0913
バーチャルYouTuber・キズナアイ

うさこさん(@moon__usako
ボーカロイド・初音ミク

カナタさん(@kanatassp
〈物語〉シリーズ/戦場ヶ原ひたぎ

浅香圭さん(@kei_a0505
〈物語〉シリーズ/羽川翼

倉地那侑さん(@nayupettan
ワンダーフェスティバル』マスコットキャラクター・リセット

こよみさん(@coyomi_43
『ワンダーフェスティバル』マスコットキャラクター・ワンダ

Uta-chanさん(@chihara_ala
アゾンインターナショナルのマスコットキャラクター・ASAGI

五月うゐさん(@nawisicca
ベルファインのマスコットキャラクター・瑞穂りん