ドラゴンに騎乗して戦う、セガの往年のシューティングゲーム『パンツァードラグーン』シリーズ。その3作品の世界をVRで没入して体験できるVRタイトル『パンツァードラグーンVoyage Record(仮題)』が発表された。

 本作は、セガより公式ライセンスを受けてワイルドマンが開発・販売するVR専用の完全新作。プレイはVRヘッドセットに最適化された一人称視点と、VRコントローラーをドラゴンの乗り手のハンドガンに見立てた操作で行う。

 『パンツァードラグーン』、『パンツァードラグーン ツヴァイ』、および『AZEL -パンツァードラグーン RPG-』の3作品からのエピソードが収録される予定で、収録エピソードと対応機種は後日発表予定。発売時期は2020年度内となっており、価格は6900円[税別]を予定している。

 ワイルドマンは同シリーズに影響を受けたVRシューティング『ガンナーオブドラグーン』を開発・出展してきたという経緯もあり、その蓄積が本作でいかんなく発揮されることを期待したい。続報が気になる人は公式Twitterアカウント(@PanzerDragoonVR)をフォローしておくといいだろう。