ファミ通発表の売上ランキング。今回は2020年2月24日~3月1日のゲームソフト&ハード週間推定販売数まとめをお届け。

 『ポケットモンスター ソード・シールド』が、7週ぶりに1位に返り咲いた。発売以降8週連続で1位を獲得し、それ以降もTOP10内をキープ。安定したセールスを続け、累計販売本数はまもなく350万本に達する。

 ちなみに、集計期間中の2月27日は『ポケットモンスター 赤・緑』が1996年に発売されたことを記念した“Pokemon Day”。『ポケモン』コンテンツに注目が集まった影響か、先週よりも販売本数を伸ばしている。

『ポケットモンスター ソード』購入はこちら(Amazon.co.jp) 『ポケットモンスター シールド』購入はこちら(Amazon.co.jp) 『ポケットモンスター ソード・シールド』ダブルパック購入はこちら(Amazon.co.jp)

 新作では、『ロックマン ゼロ&ゼクス ダブルヒーローコレクション』のNintendo Switch版が、唯一TOP10内の6位に入った。プレイステーション4版は惜しくも11位とTOP10入りを逃した。

 ハードでは、Nintendo Switch LiteとNintendo Switchがそれぞれ週販台数を伸ばして両機種合計5.3万台。前週の4.1万台よりも若干セールスを伸ばし、復調傾向となっている。

ソフト推定販売本数TOP10

1位(先週3位) Switch ポケットモンスター ソード・シールド
24886本(累計 347万674本)/ポケモン/2019年11月15日発売

2位(先週1位) PS4 ペルソナ5 スクランブル ザ ファントム ストライカーズ
19504本(累計 13万5499本)/アトラス/2020年2月20日発売

3位(先週6位) Switch Minecraft
12510本(累計 128万5095本)/日本マイクロソフト/2018年6月21日発売

4位(先週10位) Switch マリオカート8 デラックス
11958本(累計 279万3235本)/任天堂/2017年4月28日発売

5位(先週8位) Switch 大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL
11635本(累計 358万1055本)/任天堂/2018年12月7日発売

6位(初登場) Switch ロックマン ゼロ&ゼクス ダブルヒーローコレクション
11610本/カプコン/2020年2月27日発売

7位(先週5位) Switch リングフィット アドベンチャー
8958本(累計 70万4963本)/任天堂/2019年10月18日発売

8位(先週2位) Switch ペルソナ5 スクランブル ザ ファントム ストライカーズ
8889本(累計 55304本)/アトラス/2020年2月20日発売

9位(先週13位) Switch スーパー マリオパーティ
7650本(累計 135万4554本)/任天堂/2018年10月5日発売

10位(先週12位) Switch 東北大学加齢医学研究所 川島隆太教授監修 脳を鍛える大人のNintendo Switchトレーニング
7644本(累計 16万5331本)/任天堂/2019年12月27日発売

※11位より下の数値は、ゲーム販売本数ランキングページにて2020年3月5日(木)以降に公開予定です。
※本ランキングの推定販売本数は、パッケージソフトおよびダウンロードカード、本体プリインストール版を合算したものです。

ハード推定販売台数

  • Switch Lite/37784台(累計 142万4065台)
  • Switch/15314台(累計 1087万6722台)
  • PS4/5946台(累計 741万6245台)
  • PS4 Pro/3637台(累計 144万7175台)
  • Xbox One X/37台(累計 18999台)
  • Xbox One S/35台(累計 92881台)
  • New 2DS LL/1064台(累計 169万9929台)
  • New 3DS LL/67台(累計 588万6490台)

※ゲームソフト&ハードとともに、集計期間は2020年2月24日~2020年3月1日。

Amazon テレビゲームストア