ファミ通発表の売上ランキング。今回は2020年2月17日~2月23日のゲームソフト&ハード週間推定販売数まとめをお届け。

 プレイステーション4とNintendo Switchで発売された『ペルソナ5 スクランブル ザ ファントム ストライカーズ』が初登場1、2位となった。2機種合計では16.2万本で、2019年10月31日に発売された『ペルソナ5 ロイヤル』の初週販売本数20万1448本を下回るスタートとなった。

PS4『ペルソナ5 スクランブル ザ ファントム ストライカーズ』販売ページ(Amazon.co.jp)Switch『ペルソナ5 スクランブル ザ ファントム ストライカーズ』販売ページ(Amazon.co.jp)

 そのほかの新作タイトルは、同じくプレイステーション4とNintendo Switch向けに発売された『侍道 KATANAKAMI』が4位(PS4版)と9位(Switch版)と、いずれもTOP10入りした。『侍道』シリーズとしては、じつに9年ぶりの発売となるが、根強いファンに支持された格好だ。

 ハードでは、新型コロナウイルス感染症の影響で、出荷遅延が発生しているNintendo Switchが10850台にまで落ち込んだ。また、先週は週販6.3万台だったNintendo Switch Liteも今回は30640台と後退。2ハード合計でで、4.1万台にとどまっている。

ソフト推定販売本数TOP10

1位(初登場) PS4 ペルソナ5 スクランブル ザ・ファントムストライカーズ
11万5995本/アトラス/2020年2月20日発売

2位(初登場) Switch ペルソナ5 スクランブル ザ・ファントムストライカーズ
46415本/アトラス/2020年2月20日発売

3位(先週2位) Switch ポケットモンスター ソード・シールド
18403本(累計 344万5788本)/ポケモン/2019年11月15日発売

4位(初登場) PS4 侍道外伝 KATANAKAMI
10654本/スパイク・チュンソフト/2020年2月20日発売

5位(先週5位) Switch リングフィット アドベンチャー
9861本(累計 69万6005本)/任天堂/2019年10月18日発売

6位(先週4位) Switch Minecraft
8687本(累計 127万2585本)/日本マイクロソフト/2018年6月21日発売

7位(先週1位) Switch 初音ミク プロジェクト ディーヴァ メガミックス
8468本(累計 62074本)/セガゲームス/2020年2月13日発売

8位(先週7位) Switch 大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL
7608本(累計 356万9420本)/任天堂/2018年12月7日発売

9位(初登場) Switch 侍道外伝 KATANAKAMI
7392本/スパイク・チュンソフト/2020年2月20日発売

10位(先週8位) Switch マリオカート8 デラックス
7326本(累計 278万1277本)/任天堂/2017年4月28日発売

※11位より下の数値は、ゲーム販売本数ランキングページにて2020年2月27日(木)以降に公開予定です。
※本ランキングの推定販売本数は、パッケージソフトおよびダウンロードカード、本体プリインストール版を合算したものです。

ハード推定販売台数

  • Switch Lite/30640台(累計 138万6281台)
  • Switch/10850台(累計 1086万1408台)
  • PS4/3758台(累計 741万299台)
  • PS4 Pro/2457台(累計 144万3538台)
  • Xbox One X/25台(累計 18962台)
  • Xbox One S/17台(累計 92846台)
  • New 2DS LL/979台(累計 169万8865台)
  • New 3DS LL/46台(累計 588万6423台)

※ゲームソフト&ハードとともに、集計期間は2020年2月17日~2020年2月23日。

Amazon テレビゲーム ストア