Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)で2020年3月20日に発売予定の『あつまれ どうぶつの森』。2020年2月20日に配信された“あつまれ どうぶつの森 Direct 2020.2.20”で公開された情報をまとめてお届けしていく。

パッケージ版特典 オリジナル2段ミニランチボックス付きの予約購入はこちら(Amazon.co.jp)『あつまれ どうぶつの森』+マスコット3種の予約購入はこちらダウンロード版の予約購入はこちら(Amazon.co.jp)

第1部:無人島移住パッケージのサービス紹介

 本ダイレクトは3部構成。第1部は、無人島移住パッケージのおさらいを兼ねて、無人島の生活を紹介していく。

北半球と南半球の選択

 水上飛行機で、豊かな自然に囲まれた無人島の飛行場に降り立つ。到着後は、複数の島の地図から移住したい島を選ぶことになる。島の地形とともに、本作では北半球か南半球かを選択可能。どちらも四季を楽しめるが、同じ日にちで北半球か南半球かで季節が変わっていく。

島に到着したら、見た目も選べる!
北半球エリアか南半球エリアか選択可能。
※“あつまれ どうぶつの森 Direct 2020.2.20”をキャプチャーしたものです。
選んだエリアで同じ時期でも季節が異なる。
※“あつまれ どうぶつの森 Direct 2020.2.20”をキャプチャーしたものです。
無人島の春。
こちらは夏。
紅葉がキレイな秋。
冬は一面の雪景色。オーロラも見える。

島に到着したらオリエンテーション

 オリエンテーションでは、テントが支給される。移住者と相談しながら、好きな場所にテントを張ろう。テントを貼る場所を迷っている人がいたら、手助けしてあげるのもいいかも。

島に着いたらオリエンテーション。テントをもらう。
※“あつまれ どうぶつの森 Direct 2020.2.20”をキャプチャーしたものです。
好きな場所にテントを張ろう。
※“あつまれ どうぶつの森 Direct 2020.2.20”をキャプチャーしたものです。
テントを貼る場所を見つけてあげることも。
※“あつまれ どうぶつの森 Direct 2020.2.20”をキャプチャーしたものです。

島の施設“案内所”

 島には、移住者の生活をサポートするための“案内所”があり、たぬきち一家は案内所にいる。案内所では、生活雑貨の販売、不用品の買い取りなど、生活のアドバイスを24時間体制でサポートしてくれるとのこと。

 案内所では、DIYワークショップに参加することでさまざまなものを作れるようになる(レシピを覚えて、材料を集めることでさまざまなアイテムを作成できるように)。

テントの案内所。
※“あつまれ どうぶつの森 Direct 2020.2.20”をキャプチャーしたものです。
※“あつまれ どうぶつの森 Direct 2020.2.20”をキャプチャーしたものです。
※“あつまれ どうぶつの森 Direct 2020.2.20”をキャプチャーしたものです。

 そのほか、リメイクワークショップで家具の色を塗り替えたり、自分でデザインしたマイデザインをあしらったりと、自分好みにアレンジすることも。

※“あつまれ どうぶつの森 Direct 2020.2.20”をキャプチャーしたものです。

島の施設“飛行場”

 飛行場では、ローカル通信やインターネット通信で友だちを迎えられるほか、よその島へお出かけも可能。自分を含めて、最大8人でお出かけができる。

こちらが飛行場の受付。
※“あつまれ どうぶつの森 Direct 2020.2.20”をキャプチャーしたものです。

 また、島民にメッセージカードを届ける郵便サービスも行っている。

メッセージカードは絵柄が複数。
※“あつまれ どうぶつの森 Direct 2020.2.20”をキャプチャーしたものです。
プレゼントも付けられます。きっと雑草も?
※“あつまれ どうぶつの森 Direct 2020.2.20”をキャプチャーしたものです。

たぬき開発による安心のサポート

 たぬきち率いるたぬき開発は3つ大きなサポートを用意している。そのひとつが、いろいろな物資の提供。テント以外にも生活に必要なものを用意してくれるのだが、なかでも大事なのがスマートフォン。スマートフォンでは、カメラやマップなどの標準的なアプリが使えるほか、無人島で使えるアプリを順次提供してくれる。

たぬきちがスマホをくれる。……いくらだ?
※“あつまれ どうぶつの森 Direct 2020.2.20”をキャプチャーしたものです。
スマホにはアプリがいっぱい。
※“あつまれ どうぶつの森 Direct 2020.2.20”をキャプチャーしたものです。

 たぬきちのサポートふたつ目は、島内の人々に向けた“島内放送”。島の大事な出来事や、暮らしのアドバイスなどを教えてくれる。

※“あつまれ どうぶつの森 Direct 2020.2.20”をキャプチャーしたものです。

 サポートの3つ目は“たぬきマイレージ”。無人島暮らしで体験できる遊びや活動を体験することで、どんどんマイルが貯まっていくというもので、マイルはパッケージ費用の支払いに使えるほか、案内所にある“タヌポート”でさまざまな景品に交換できる。交換できるものは、たぬき開発のオリジナルグッズから、暮らしを楽にするグッズなど。無人島で何をしたらいいかわからない人は、まずはこのマイレージを貯めることを目的にするといいのかもしれない。

危険生物にご用心

 シリーズでおなじみのハチが本作にも登場。逃げ遅れて刺されてしまうと顔が腫れてしまったり、気を失ってしまったりする。無理せずに逃げるのがいちばんだが、もし腫れてしまったら、案内所で売っている薬を飲めば治るという。

ハチに刺されちゃった。
※“あつまれ どうぶつの森 Direct 2020.2.20”をキャプチャーしたものです。
でも、薬があるから大丈夫!
※“あつまれ どうぶつの森 Direct 2020.2.20”をキャプチャーしたものです。
薬は案内所で買えます。商売上手。
※“あつまれ どうぶつの森 Direct 2020.2.20”をキャプチャーしたものです。

夜道にご注意

 無人島の夜は明かりが少なくてとても暗め。テントの前にランプなどの家具を置いて明かりをつけるといい。また、夜道を歩いていると不思議なものと出会うかも……?

ライトで照らされる夜。幻想的。
※“あつまれ どうぶつの森 Direct 2020.2.20”をキャプチャーしたものです。
夜に現れる謎のもの。ある意味、幻想的。

遭難者を見つけたら

 本作でも、おなじみジョニーが島の岸辺に流れつくことがある。彼を見つけたら、根気よく話しかけて目を覚めさせて、国に帰れるようにサポートしよう。

ジョニーのいつもの光景。

緊急脱出サービス

 迷子になったとき、身動きが取れなくなったときなどは、スマートフォンの緊急脱出サービスを利用しよう。オペレーター経由でレンジャーを呼ぶことでテントに戻れる。オペレーターは関西弁だったようだが、あのキャラクターの復活か……?

いざというときはスマホで助けを呼ぼう。
※“あつまれ どうぶつの森 Direct 2020.2.20”をキャプチャーしたものです。
関西弁……。リセットしたときに怒ってくれる、あの方も関西弁でしたね。
※“あつまれ どうぶつの森 Direct 2020.2.20”をキャプチャーしたものです。

マイホームの建設と拡張

 テント生活ではなく、マイホームの建設も可能。無金利・無審査のローンでマイペースに返済できるのは、いつも通り。マイホームでは専用の収納があるので、片付けがしやすいのが特徴。本作では、部屋を見渡しながら壁のオブジェを複数選んで移動させたりもできるようになっている。増築やリフォームも可能。もちろん、たぬきちへの返済は発生するが……。

テントからマイホームへ!
ですよねー。
※“あつまれ どうぶつの森 Direct 2020.2.20”をキャプチャーしたものです。
荷物をたっぷり収納できるようになるので便利。
※“あつまれ どうぶつの森 Direct 2020.2.20”をキャプチャーしたものです。
俯瞰で家具をレイアウト。
壁のものを複数選択などができる。便利!
※“あつまれ どうぶつの森 Direct 2020.2.20”をキャプチャーしたものです。
こういう写真が撮れるのも、テントとは違う魅力。
※“あつまれ どうぶつの森 Direct 2020.2.20”をキャプチャーしたものです。
マイホームの外観を変えることもできる。借金は増えますが……。

離島ツアー

 マイレージサービスで“マイルりょこうけん”をもらうと、離島への旅行ができる。このツアーの行き先はパイロットの気分で毎回変わるミステリーツアー。離島では木や花が生い茂っていて、採集したものを持ち帰ることもできる。

離島の行き先はパイロットの気分次第。
離島での出会いも!

同じ島の“住人呼び出し”サービス

 本作では、ひとつの島(ひとつのニンテンドースイッチ本体と、ひとつのソフト)で最大8人のプレイが可能。ひとつの島に複数人でプレイしているときにできるのが、“住人呼び出し”サービス。このサービスを使うと、同じ島に住む最大4人でいっしょに散策などができる。

ひとつの島で複数人で遊んでいる人限定のサービス。
※“あつまれ どうぶつの森 Direct 2020.2.20”をキャプチャーしたものです。
最大3人まで住人を呼べる。
※“あつまれ どうぶつの森 Direct 2020.2.20”をキャプチャーしたものです。
みんな集合!
呼んだ人をリーダーに、ほかのフォロワーはいっしょに行動することになる。
リーダーは簡単に交代可能。
釣った魚などは、リサイクルボックス経由でお持ち帰りできる。
唯一無二の島で、自分たちらしい過ごしかたも。

“タヌポータル”使用でボイスチャットやQRコード読み取りが可能に

 “Nintendo Switch Online”アプリ内に登場予定の“タヌポータル”を活用することで、さまざまな機能が使用可能となる。『とびだせ どうぶつの森』、『どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー』で作った“マイデザイン”のダウンロード、インターネットのマルチプレイ中にスマホをキーボード代わりにしたチャット&ボイスチャットなどもできるように。このサービスは、2020年3月中にスタート予定。

※“あつまれ どうぶつの森 Direct 2020.2.20”をキャプチャーしたものです。
スマートフォンアプリ“Nintendo Switch Online”内に“タヌポータル”が登場。
※“あつまれ どうぶつの森 Direct 2020.2.20”をキャプチャーしたものです。
※“あつまれ どうぶつの森 Direct 2020.2.20”をキャプチャーしたものです。
ニンテンドー3DS『とびだせ どうぶつの森』や『どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー』などで作成したマイデザインの二次元コードを読み取り、共有することができる。
※“あつまれ どうぶつの森 Direct 2020.2.20”をキャプチャーしたものです。
インターネット接続時、スマートフォンをキーボード代わりにしてチャット入力が可能に。
※“あつまれ どうぶつの森 Direct 2020.2.20”をキャプチャーしたものです。
また、ボイスチャット機能も、アプリ経由で使用可能となる。
※“あつまれ どうぶつの森 Direct 2020.2.20”をキャプチャーしたものです。

第2部:無人島の発展イメージ

 第2部は、たぬきちの考える無人島の発展イメージ。最初は自然溢れる島だったのが、だんだんと街のようになっていく!?

住民も増やせるように。
※“あつまれ どうぶつの森 Direct 2020.2.20”をキャプチャーしたものです。
住民の住む場所を確保すれば、予想外のところにテントが張られることもない。
※“あつまれ どうぶつの森 Direct 2020.2.20”をキャプチャーしたものです。
自分で住民を勧誘することも。
※“あつまれ どうぶつの森 Direct 2020.2.20”をキャプチャーしたものです。

タヌキ商店やエイブルシスターズなどの施設も

 島民だけでなく、施設の建設や誘致も行われていく。シリーズでおなじみの博物館やタヌキ商店、仕立て屋さんのエイブルシスターズ、キャンプサイトなどが徐々に増えていくようだ。

タヌキ商店の復活も!
エイブルシスターズが無人島に。

案内所のリニューアル

 テントからスタートする案内所もだんだんとしっかりした建物になっていく。ここでマイホームの増築、改築などができるほか、島に建ったお店の場所を移動させるといったハウジング機能もできるようだ。また、案内所を改築すると、しずえさんも無人島に訪れる! しずえさんが来ると、シリーズと同じように、島メロ、島の旗などを変えられるように。

しずえさんの安心のお仕事っぷり。

さまざまな来訪者

 移住者だけでなく、一時的な訪問者も訪れる。シリーズでおなじみのどうぶつたちが来れば、島では作れないものを持ってくる行商のメンバーも。

かべがみなどを売ってくれるローランと、カブを売って売れるカブリバ……ではなくてウリ!?

虫取り大会や釣り大会のイベントも

 こちらもおなじみ、虫取り大会や釣り大会のイベントなども行われる。後述になる無料アップデートに合わせて、季節のイベントが追加されていくとのこと。

オンリーワンの島開発

 唯一無二の島づくりのため、たぬき開発がサポート。橋や坂の建設ができるようになる。島が十分に発達すると、工事ライセンス“島クリエイター”を獲得。道を自由に作れるほか、河川、崖などの工事で、島を好きな形に変えられる。

橋や坂などを自由に作れるように!
ついに道や地形も自在に変えられるようになる!
まさに自分の理想通りの島、いや、村が作れる!

島が発展すれば、こんな姿に!

 島が発展していけば、自然溢れる無人島から大きく姿を変え、こんな街のような生活もできるように。プレイヤーによって、発展系の形が大きく変わりそう。

第3部:FAQ(よくある質問)

 最後はよく聞かれる質問をまとめた“FAQ”。amiibo対応の詳細などの新情報も。

1台のNintendo Switchで家族で遊べる?

 Nintendo Switch1台とソフト1本あれば、家族みんなでひとつの島に暮らせる。島に暮らせる住人は最大8人。ユーザーごとにひとりずつ住人を登録でき、みんなが家を建てられる。

amiiboには対応してる?

 “どうぶつの森”シリーズのamiiboとamiiboカードに対応。たぬポートでタッチすると、キャンプサイトにどうぶつを招待したり、どこかにある撮影スタジオにモデルとしして招いて、こだわりの写真撮影が楽しめる。なお、一部の特殊キャラクターは順次対応予定。

通常のamiiboもamiiboカードも対応!
※“あつまれ どうぶつの森 Direct 2020.2.20”をキャプチャーしたものです。
タヌポートでamiiboを読み込める。
amiiboを読み込んで、お客さんをキャンプサイトにご招待。
どうぶつを呼び出して好きに配置できる撮影スタジオ。
※“あつまれ どうぶつの森 Direct 2020.2.20”をキャプチャーしたものです。
衣装などのコーデも楽しめる。
※“あつまれ どうぶつの森 Direct 2020.2.20”をキャプチャーしたものです。
みんなで記念撮影!

ベストフレンド以外のおでかけはオノなどが使えない

 通信による島へのおでかけは、ニンテンドースイッチのフレンドどうしはもちろん、一時的に発行したパスワードで招待もできる。なお。島の環境保護のため、インターネット通信でのおでかけ中は、オノやスコップなどの道具を使うことはできない。ただし、ベストフレンド登録をした友だちの島へお出かけした場合は、オノやスコップなども使える。

パスワードを発行して、フレンド以外の人を呼ぶことも可能。
※“あつまれ どうぶつの森 Direct 2020.2.20”をキャプチャーしたものです。
※“あつまれ どうぶつの森 Direct 2020.2.20”をキャプチャーしたものです。
※“あつまれ どうぶつの森 Direct 2020.2.20”をキャプチャーしたものです。
ベストフレンドなら、オノやスコップも使える!
※“あつまれ どうぶつの森 Direct 2020.2.20”をキャプチャーしたものです。

もしセーブデータをなくしてしまったら?

 『あつまれ どうぶつの森』はNintendo Switch Onlineのセーブデータお預かりサービスには非対応。ただし、サーバーにバックアップしたセーブデータを復旧できるサービスを後日提供予定。

※“あつまれ どうぶつの森 Direct 2020.2.20”をキャプチャーしたものです。

無料アップデートの内容は?

 ソフト発売後の無料アップデートで、季節限定のイベントを追加予定。最初の無料アップデートは、発売日当日の3月20日を予定。このアップデートで4月にイースターのイベントが 楽しめるようになる。

※“あつまれ どうぶつの森 Direct 2020.2.20”をキャプチャーしたものです。

『どうぶつの森 ポケットキャンプ』との連動も

 スマートフォンで展開中のアプリ『どうぶつの森 ポケットキャンプ』、『あつまれ どうぶつの森』、それぞれで特別なアイテムが手に入るキャンペーンを実施予定。詳細は、後日、『どうぶつの森 ポケットキャンプ』公式Twitterで告知される。

『どうぶつの森 ポケットキャンプ』のアイテムが並ぶ、『あつまれ どうぶつの森』。
『あつまれ どうぶつの森』のアイテムが並ぶ、『どうぶつの森 ポケットキャンプ』。