2020年2月13日にセガゲームスから発売されたNintendo Switch用ソフト『初音ミク Project DIVA MEGA39’s』。同作が、現在多くの販売店で品切れ、品薄の状況となっていることが、“SEGA feat. HATSUNE MIKU Project”の情報を伝えるサイト“週刊ディーヴァ・ステーション”により明らかにされている。

 同記事によると、「パッケージ版は順次出荷を行ってまいりますので、確実にご購入されたいお客様については、各販売店様でのご予約をおすすめいたします」(公式サイトより)という。なお、「パッケージ版の次回出荷までは、しばしお時間いただく予定です」とのことだ。また、次回出荷分のパッケージ版には“早期購入特典”を同梱予定らしい。

 また、記事では、ニンテンドーeショップでは『初音ミク Project DIVA MEGA39’s』のダウンロード版も販売されており、購入を予定している方は、ダウンロード版の利用も薦められている。

 『初音ミク Project DIVA MEGA39’s』は、初音ミクによる、シンプル・爽快な“歌うようにプレイする”リズムアクションゲームで、『SEGA feat. HATSUNE MIKU Project』の10周年記念作となる。シリーズ初収録となる楽曲を含む10年間の歴史を彩った100曲に、本作のための描き下ろしテーマソングを加えた全101曲がプレイ可能。Nintendo SwitchならではのJoy-Conを使った新ゲームモードなども追加されている。『Project DIVA』シリーズ初のNintendo Switch用ソフトということもあり、多くの初音ミクファンを惹きつけたようだ。