THQ Nordic Japanは、『Darksiders』シリーズの最新作となる『Darksiders Genesis(ダークサイダーズ ジェネシス)』を、本日2020年2月14日よりNintendo Switch向けに発売した。価格は4780円[税込]。

 なお、プレイステーション4版もまもなく発売予定とのことだ。

『Darksiders Genesis(ダークサイダーズ ジェネシス)』ニンテンドーeショップサイト

 本作は、アクションRPG『Darksiders』シリーズ待望の第4作目。独自の世界観を作り上げたコミックアーティストのジョー・マデュレイラ(Joe Madureira)が率いるAirship Syndicateが手掛けたシリーズ最新作となる。

 シリーズ第一作目の以前を描く前日譚となる本作では、“黙示録の四騎士”の最後の騎士ストライフがついに登場。同じ四騎士のひとりであるウォーともに、悪魔と天使、そしてすべてのものを銃と剣でなぎ倒し、地獄へと冒険することになる。シリーズ初となるふたり協力プレイモードを実装しているのもうれしいポイントだ。

ストーリー

 天地創造の時代から評議会は万物の調和を保ってきた。ネフィリム(天使と悪魔の異常な融合から作り出された強力な種族)の四騎士は評議会に忠誠を誓い、強大な力を与えられてその命を執行していた。だがこの力には非情な代償が伴っていた。騎士たちは新たに得たその力で同族を抹殺するよう命じられたのだ。そしてエデンでは評議会の命を受けた四騎士がネフィリムを滅亡させる血みどろの戦いが巻き起こった。

 エデンでのこの出来事を未だに引きずるウォーとストライフに、新たな使命が下された。欺きに長け謎多き悪魔の王ルシファーが、地獄の悪魔の首領達に力を与え、調和の破壊を目論んでいるというのだ。ウォーとストライフは悪魔の首領達を始末し、情報を集めて、調和を永久に打ち砕いて創世の秘密を暴露しようとする、複雑に絡み合う悪魔の陰謀を阻止しなければならない。

本作の特徴

  • 2人協力プレイモードでは、友達と一緒に『Darksiders』の壮大な世界で大暴れ。
  • 本シリーズで初登場、銃を操る騎士ストライフで天使や悪魔を倒せ。
  • 熱狂のバトルが繰り広げられるシングルプレイモードでは、屈強の剣士ウォーとストライフを即座に切り替えて戦え。
  • 『Darksiders』シリーズ第一作目の前日譚となる新たなストーリーで七つの封印の起源を追え。
  • アイテムやアビリティ、武器強化アイテム、クリーチャーコアなどを集めてキャラクターを強化。

 また、『Darksiders』シリーズ第一作の『Darksiders Warmastered Edition(ダークサイダーズ ウォーマスターエディション)』の期間限定セールが実施中だ。期間は2月20日までで、定価3035円[税込]のところ、70%OFFの896円[税込]で販売されている。

※『Darksiders Warmastered Edition(ダークサイダーズ ウォーマスターエディション)』ニンテンドーeショップページ