任天堂は、本日2020年2月13日、Nintedo Switch用ソフト『ファイアーエムブレム 風花雪月』のダウンロードコンテンツ“煤闇の章(すすやみのしょう)”を配信開始した。
 
 併せて、Ver.1.2.0無料アップデートも同時に配信開始。

第4の学級“灰狼の学級(ヴォルフクラッセ)”とは

 教団の命によりアビスの管理を担当し、アビスの環境改善に長年尽力してきたアルファルドによって設立された第四の学級“灰狼の学級(ヴォルフクラッセ)”。

 アビスには士官学校を去った者たちが居着くことがあり、彼らを一つの学級として団結させることをアルファルドが大司教・レアに提案。そういった経緯で成り立った学級のため、“灰狼の学級”は教団の中でも一部の者にしか存在を知られておらず、担任教師も配属されていない。

 そこで、教師としての主人公の評判を聞いていたアルファルドが、自分に代わって彼らを導いてあげてほしいと言い、主人公に“灰狼の学級”を託すことに。

 

アルファルド(声:平川大輔)

 セイロス聖教会の命で、アビスを管理する人物。

 飢えと犯罪がはびこるアビスを、一定の秩序を保つ現在の状態にまで導いた人物であり、穏やかで慈悲深く、教団に不信感を抱きがちなアビスの人々からも信頼されている。

“煤闇の章”の特徴

 サイドストーリー“煤闇の章”のセーブデータは『風花雪月』本編の進行状況を引き継がなく独立したものとなっている。さまざまな制約のある中で、緊張感あふれる戦いを楽しめるぞ。

兵種とスキルはユニットごとに定められたものから選択

 本編ではユニットの“技能”を育てて資格試験に合格させることで、好みの兵種に就かせることが可能だったが、“煤闇の章”では、技能の育成や資格試験といったシステムは存在しない。

 しかし、ゲーム開始時より、各ユニットはそれぞれ定められたいくつかの兵種の資格を持っており、その中で兵種を変更することが可能だ。また、技能が成長しないため、スキルや戦技もあらかじめ習得しているものから選ぶことになる。

 “煤闇の章”の戦闘マップは、特殊な仕掛けがあるものなど、本編に比べて難易度は少し高めとなっており、ユニットたちにどんな役割をもたせてどのように進軍させるか、状況に応じて作戦を練ろう。

イベントパートと戦闘パートで構成

 本編は節(月)末の課題出撃に向けて、“散策”や“出撃”など週末の過ごし方を決めて、ユニットの育成やパラメータの底上げなどを行うことが可能だった。しかし、“煤闇の章”の各エピソードは節による区切りではなく、イベントパートと戦闘パートで構成されている。また、エピソードによってはアビスの散策も可能だ。

アビスの内部を歩く
 物語が進む中で時折、アビス内部を自由に歩き回れる機会が訪れる。生徒やアビスに住む人々と話しをしたり、次の戦闘に向けての準備を整えよう。

鼠通り:アビスの住人たちが暮らす区画で武器屋、道具屋、鍛冶屋、騎士団ギルドが立ち並ぶ。お店は戦闘直前のブリーフィング時にも利用可能。

がらくた置き場:その名の通り、雑多な物が捨てられている場所。がらくたの山にも見えるが、中にはまだ使えそうな武器や、鍛冶屋で錬成すれば何とかなりそうな武器が埋もれていることも……。自由に使っていいので、ありがたく頂戴しよう。

鍛冶屋で必要な鉱石は、“煤闇の章”開始時と戦闘勝利時のほか、巨大な敵をアーマーブレイクすることで入手できる。

限られた資金と資源でのやりくり

 アビス内のお店は自由に利用できるが、“煤闇の章”で獲得できる資金や鉱石には限りがある。

 迂闊に武器の耐久を擦り減らしたり、アイテムに頼りすぎてしまうと、後々困ることになるので、浪費を抑え、上手く運用することが重要。また、騎士団ギルドでは戦力補充は可能だが、新しい騎士団は雇用できない。

スカウト可能になる“灰狼の学級(ヴォルフクラッセ)”の生徒たち

 “煤闇の章”エピソード1をクリアすれば、“灰狼の学級”の4名が本編第一部にも登場するようになり、週末の“散策”時には、ほかの生徒たちと同じように交流することも可能になる。

 また、“煤闇の章”の進行状況によっては、“スカウト”で自学級に招き入れることも。自学級に入った生徒は戦闘に参加させたり、指導して自分好みのユニットに育てられるのはもちろん、第二部にも成長した姿で登場するぞ。

 さらに“灰狼の学級”の生徒にまつわる新たな外伝や、主人公を含む特定のキャラクターたちとの支援会話も発生するようになる(サイドストーリーでは、戦闘においては“連携”は発生するが、支援値の上昇および支援会話は発生しない)。

“煤闇の章”で新たに仲間になるメンバーたち

ユーリス(CV:榎木淳弥)

フルネーム:ユーリス=ルクレール

 “灰狼の学級”のリーダー的存在。士官学校の生徒だったが、とある事情により除籍処分となり、アビスへ移り住んだという。

 粗野な言葉遣いの裏に、アビスに暮らす人々を守りたいという確かな信念が垣間見える。

コンスタンツェ(声:ブリドカットセーラ恵美)

フルネーム:コンスタンツェ=フォン=ヌーヴェル

 数年前の戦役で没落した帝国貴族・ヌーヴェル家の息女。

 アビスに身を置きながらもヌーヴェル家再興の夢は諦めておらず、偉業を成して世に認められる機会を虎視眈々と窺っている。言葉遣いは丁寧だが、高飛車な性格は隠せていない。

バルタザール(CV:木村昴)

フルネーム:バルタザール=フォン=アダルブレヒト

 同盟領出身の暴れん坊。自称「レスターの格闘王」。豪快かつ無頓着な性格が災いして追われる身となり、アビスに雲隠れしている。

 自分を匿ってくれたアビスの人々を守りたいという思いと闘争本能の赴くままに、侵入者を片っ端からぶん殴る。

ハピ(CV:三澤紗千香)

フルネーム:(不明)

 無気力さを隠さない脱力系女子。何に対してもどこか他人事であるかのような醒めた態度だが、「灰狼の学級」の一員としてアビスへの侵入者に立ち向かっている。

 アビスにその身を置く理由には、彼女の非常に特異な“体質”が深く関わっているという。

新たに4つの兵種が解放に

 サイドストーリーのエピソード1をクリアすれば、本編において新たに4つの兵種の資格試験が解放される。

新兵種紹介

特級職※貴族、平民などの“特殊職”とは異なる
サイドストーリー エピソード1のクリア後、本編にてLv.20以上のユニットで“地下試験パス”を消費すれば、特級職の資格試験が受けられる。“地下試験パス”は“灰狼の学級”の4名が1つずつ持っているほか、異教の祭壇でも入手できる。

※その兵種に求められる技能のレベルが低く、合格率が30%未満の場合は、試験を受けられません。

トリックスター

 素早い動きで敵を翻弄する魔剣士。習得には盗賊の資格が必要。魔法が少し使える兵種。

・兵種スキル:鍵開け
 鍵がなくても、扉や宝箱を開けられるようになる。

・兵種スキル:忍び足
 敵から狙われにくくなる

・兵種スキル:ラッキーセブン
 毎ターン、力・魔力・速さ・守備・魔防・命中・回避のいずれかを+5(1ターン)

ダークペガサス

 漆黒のペガサスに乗った魔法騎士。戦闘後、再び移動できる。魔法が使える兵種。

※女性ユニットのみが就ける兵種

・兵種スキル:再移動
 移動力が残っていると、行動後、その分だけ移動できる

・兵種スキル:黒魔法の達人
 黒魔法装備時、攻撃+5

・兵種スキル:魔力変換
 敵フェイズ中に魔法による攻撃を受けると、次の自軍フェイズ終了時まで全能力+3

バトルモンク/バトルシスター

 篤き信仰を胸に、斧や拳を振るう強力な戦士。魔法が少し使える兵種。

※ユニットの性別により兵種名が変化

・兵種スキル:格闘の達人
 格闘装備時、攻撃+5

・兵種スキル:素手格闘
 武器を装備していなくても、格闘攻撃ができるようになる

・兵種スキル:ライブ
 ライブが使えるようになる(すでに習得済みの場合は使用回数が2倍になる)

ヴァルキュリア

 黒魔法に秀でた騎士。戦闘後、再び移動できる。魔法が使える兵種。

※女性ユニットのみが就ける兵種

・兵種スキル:再移動
 移動力が残っていると、行動後、その分だけ移動できる

・兵種スキル:黒魔法
 射程+1黒魔法の射程が1伸びる

・兵種スキル:闇魔法射程+1
 闇魔法の射程が1伸びる

アビスでの散策

 サイドストーリーのエピソード1をクリアすると、本編の“散策”時にアビスに行くことが可能となる。

顔役

アビスにいる“顔役”に話しかけると、名声値を使ってアビスに人を集めてもらえる。人が集まれば、新たなクエストやアクティビティが解放されていき、本編の進行状況によって、“顔役”に依頼できることが増えていく。

異教の祭壇

供物
 食材や鉱石等、手持ちの素材を異教の偶像に“供物”として捧げると、名声値を獲得することができる。

取引
 顔役に人を集めてもらうことで可能になる行動。名声値と引き換えに、さまざまな武器や道具を入手できる。特級職の資格試験に必要な“地下試験パス”も入手可能。

がらくた置き場

 顔役に人を集めてもらうことで利用できるようになる場所で、一節に一度だけ、地下の住人が捨てたアイテムを拾うことができる。

 顔役に人を集めてもらうほど、いいアイテムが拾いやすくなり、また、たくさん拾えるようになる。中には使用回数の減った武器や壊れている物もあるが、中から掘り出し物が見つかることも……。

謎の教師

 顔役に依頼すると、士官学校の元教師だという人物がアビスに現れる。話しかけることで、主人公と行動を共にしたことによって仲間たちがどれだけ成長したかを診断してくれるぞ。

占星術師

 第二部で顔役に依頼するとアビスに占星術師がやってくる。名声値を消費し、仲間同士の絆について占ってもらえるぞ。

縁繋ぎ
 選択した2人の仲を占い、支援値を上昇させる。2人の仲が十分に深まっている場合は利用できない。

星結び
 主人公を除く支援レベルA以上の仲間1組を将来結ばれるようする。これにより、支援レベルAの相手が複数いるユニットがエンディングで結ばれる(後日談を見られる)相手を固定できる。

※どちらかが主人公と支援Sになっている場合や、相手がプレイ中にロストした場合は無効。

地下書庫

 第二部で顔役に依頼すると、アビスの書庫に関連するクエストが発生。達成すれば、地下書庫の書物を読めるように。

 理由あって隠匿された数々の書物からは、地上の書庫では知り得ぬ情報も得ることができる。

『ファイアーエムブレム 風花雪月』 Ver.1.2.0無料アップデート

仕様の追加・変更

  • モデル切替で、主人公用の衣装“踊り子の服”を選べるように。
  • モデル切替を散策中の自室メニュー以外にも、休日や課題出撃日などの行動選択メニュー画面でもできるように。

※行動選択メニュー画面でLボタンを押すと“モデル切替”が可能。

  • モデル切替の全キャラクター一括変更が可能に。

※モデル切替メニューで、キャラクター一覧の一番下にある「一括」から変更できます。

  • 紅花の章で、ベルナデッタと支援可能な相手を一人追加。
  • レアに落とし物が届けられるようになり、お茶会にも誘えるようなった。

※レアとのお茶会は、レアからの追加クエスト「大司教のお茶会」を受けることで可能となり、追加クエストはアクティビティのお茶会を解放している状態で、EP.5“黒風の塔”以降に受注可能。また、落とし物を届けるにはクエスト“落とし物を届けよう”をクリアしている必要がある。

  • “夜明けの追討戦”での仲間の衣装が、出撃時外見の設定にかかわらず“平服”になるようにした。

エキスパンション・パスの仕様の追加・変更

エキスパンション・パスの“サイドストーリー(煤闇の章)”を追加。

※本編の進行度にかかわらず、タイトル画面の“サイドストーリー”から始めることができようになった。難易度はノーマル・ハードの2種類。
※サイドストーリーのセーブデータは本編と独立しており、セーブスロット数は3個。(オートセーブも本編と独立している)
※続きから再開する場合は、タイトル画面の“続きから始める”を選び、ZLボタンまたはZRボタンで本編とサイドストーリーのデータを切り替えることができる。

  • サイドストーリーの進行度に応じて下記の内容が本編に追加。
    ・散策できる大修道院の新エリア

※自室近くにいる“怪しい商人”に話しかけてください。

・大修道院でスカウトできる新キャラクター

※第一部でのみスカウト可能。

・クエスト、アクティビティ、兵種、新キャラクターにまつわる外伝、新たな支援関係など
・エキスパンション・パス追加要素のアンナ用衣装“戦う商人の服”

  • エキスパンション・パス追加要素の犬や猫に食べ物を渡すアクティビティで、犬や猫の品種名がわかるようになった。
  • エキスパンション・パス追加要素のアクティビティ“入浴”に参加したキャラクターのランキングである“今節の入浴好き”を、オンラインプレイ時のカレンダー画面やロード画面で閲覧可能なランキングに追加。このランキングはエキスパンション・パスをお持ちでない方も閲覧できる。

※オンラインプレイのご利用には、有料サービス「Nintendo Switch Online」への加入が必要です。

その他、変更点や詳細はこちら

製品概要

  • 商品名:ファイアーエムブレム風花雪月エキスパンション・パス
  • 価格:2,500円(税込)
  • 商品名(本編):ファイアーエムブレム風花雪月
  • 対応機種:Nintendo Switch
  • ジャンル:ロールプレイングシミュレーション
  • プレイ人数:1人
  • 発売日:2019年7月26日(金)
  • 価格(本編):6,980円(税別)