バンダイナムコアミューズメントは、2020年2月7日~8日に千葉・幕張メッセで開催中の“ジャパン アミューズメント エキスポ 2020”にて、新バージョンの『太鼓の達人 ニジイロ Ver.』を発表した。

 シリーズ最新バージョンとなる本作の特徴は、何といってもモニターが120fps表示になったことだろう。これにより、表示の遅延が減少し、快適なプレイを楽しむことができる。

 また、演奏時の豊富なカスタマイズ機能も搭載。120fps表示により、逆に違和感を感じることがないよう“はやさ”を調整したり、“音符位置調整”も可能。表示機能が高まっても、これまで通りの感覚でプレイできるように調整できるわけだ。

進行は、公式ブログでもおなじみの(写真左から)11号&エトウのコンビ。
自分好みにカスタマイズ可能だ。
7ダ段階のスコアランクや新たな王冠も導入される。

 さらに、本作の愛称を“ニジイロ Ver.”とし、稼働日も2020年3月24日になることが発表され、同時に缶バッヂがもらえるTwitterキャンペーンも始まった。稼働日の3月24日からは収録される楽曲の募集もスタートするとのことだ。