ポケモンは、2020年2月5日、『ポケットモンスター ソード・シールド』のマックスレイドバトルに、ストリンダー(キョダイマックスのすがた)が期間限定で登場することを発表した。登場期間は、2020年2月7日(金)から3月9日(月)の8時59分までとのこと。

キョダイマックスしたストリンダーを発見!

 ガラル地方に生息する、異なる2種類の姿を持つポケモン・ストリンダーの中に、キョダイマックスする特別なストリンダーが存在することが明らかになった。キョダイマックスしたストリンダーは、ダイマックスしたストリンダーとは異なる見た目に加え、キョダイマックスわざ“キョダイカンデン”をくり出す。

ストリンダー(ハイなすがた)

分類:パンクポケモン
タイプ:でんき・どく
高さ:1.6m
重さ:40.0kg
特性:パンクロック/プラス

高電圧なギタリスト
 体内に取り込んだ毒素を分解し、電気を生成する。その際、胸部を激しく刺激するため、弦楽器のような音が発生。その音は、エレキギターをかき鳴らしたメロディのよう、といわれている。

動的で攻撃的
 ストリンダー(ハイなすがた)は、大変な自信家で、気が短い性質。人や他のポケモンと目が合うと、喧嘩腰で近づき、相手が誰であれ強気の姿勢で襲い掛かる。

ストリンダー(ローなすがた)

分類:パンクポケモン
タイプ:でんき・どく
高さ:1.6m
重さ:40.0kg
特性:パンクロック/マイナス

高電圧なベーシスト
 発電器官が胸部にあり、これをかき鳴らして電気を生成する。その電圧は15000ボルトほどといわれ、非常に危険。発電時には、ビートを正確に刻むエレキベースのような音が発生
する。

 
静的で挑発的
 ストリンダー(ローなすがた)は、自分の力を高く評価しており、身勝手な言動をとることが少なくない。人やポケモンに出会った際には、自らは襲い掛からないが、相手を挑発して、喧嘩を売ってしまう。

新特性・パンクロック
 ストリンダーの持つ特性“パンクロック”は、本作から登場する新しい特性。この特性を持つポケモンは、自身が放つ、音を使ったわざの威力が向上する。また、音を使ったわざで受けるダメージが半減する。

ストリンダー(キョダイマックスのすがた)

タイプ:でんき・どく
特性:パンクロック/プラス/マイナス
重さ:???.?kg
高さ:24.0m〜

毒の体液
 体内には雷雲のごとき電力と、100万リットルともいわれる多量の毒液を蓄えている。動くたびに全身からほとばしる毒液は、雨のように降り注ぎ、相対するものを蝕む。

ボルテージは最高潮
 戦闘時は、蓄えられた膨大な電力を集束させた、 巨大な電気の塊を力任せに叩きつけて攻撃する。強力な電力に、巨体によるフルスイングの勢いが加わり、その威力は大地に巨大なクレーターを作るほど。

キョダイマックスわざ“キョダイカンデン”
 キョダイマックスしたストリンダーが繰り出すでんきタイプの攻撃は“キョダイカンデン”に変化する。“キョダイカンデン”は、相手にダメージを与えるだけでなく、相手のポケモン全員を“どく”または“まひ”状態にさせる追加効果を持っている。

マックスレイドバトルでキョダイマックスしたストリンダーに挑戦しよう!

 2月7日(金)〜3月9日(月)8時59分までの期間、マックスレイドバトルにキョダイマックスしたストリンダーが登場。『ポケットモンスター ソード』では、キョダイマックスしたストリンダー(ハイなすがた)と、『ポケットモンスター シールド』では、キョダイマックスしたストリンダー(ローなすがた)と出会える。

 自分のプレイするソフトで出会えない姿のストリンダーに挑戦したいときは、違うソフトをプレイしている人の募集するマックスレイドバトルに参加しよう。

※キョダイマックスしたストリンダーに挑戦するためには、ワイルドエリアの最新情報を受け取っている必要があります。
※ワイルドエリアの最新情報はNintendo Switch™本体がインターネット接続できる状態であれば、自動で受け取ります。もしくは、ゲーム内のメニューから“ふしぎなおくりもの”→“ワイルドエリアニュースを受け取る”の順に選ぶと、ワイルドエリアの最新情報を受け取れます。