KADOKAWAは、フォワードワークスと協業で新たなスマートフォンゲームアプリを制作すると発表した。本プロジェクトの開発は、『怒首領蜂』シリーズや『ゴシックは魔法乙女~さっさと契約しなさい!~』などのシューティングゲームを手掛けるケイブが担当する。

 また、完全新作ゲームとして2020年の配信を予定しており、詳細は順次公開予定とのこと。

以下、リリースを引用

KADOKAWA×ForwardWorksの新プロジェクト始動! シューティングの老舗「ケイブ」が開発を担い制作開始!

 株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松原眞樹)は、株式会社フォワードワークスと協業で新たなスマートフォンゲームアプリの制作に取り組みます。

 本プロジェクトは、『怒首領蜂』シリーズや『ゴシックは魔法乙女~さっさと契約しなさい!~』などのゲームで知られるシューティングゲームの雄、株式会社ケイブが開発を担い、完全新作のゲームとして、2020年の配信を予定しています。

 詳細は順次発表していきますので、今後の情報公開にご期待ください。