スパイク・チュンソフトは、2020年2月20日発売予定のプレイステーション4、Nintendo Switch、PC(Steam)用ソフト『侍道外伝 KATANAKAMI』について、借金返済までの基本サイクルや“戦が起これば鍛冶屋が儲かるシステム”、“千客万来”モードなどを公開した。

以下、リリースを引用

PlayStation4/Nintendo Switch/PC(Steam)剣術アクションRPG『侍道外伝 KATANAKAMI』鍛冶屋経営のサイクルやシステム、一攫千金のチャンス「千客万来」モードを紹介

 株式会社スパイク・チュンソフトは、2020年2月20日(木)発売予定のPlayStation4/Nintendo Switch/PC(Steam)向け剣術アクションRPG『侍道外伝 KATANAKAMI』について、鍛冶屋経営のサイクルやシステム、大金を稼げる「千客万来」モードなど、地上生活に関する情報を公開いたします。

借金返済までの基本サイクル

 プレイヤーは多額の借金を抱える「堂島軍二」に代わり刀鍛冶屋を営み、六骨峠で勢力争いをくり広げる宿場町・赤玉党・黒生家の三勢力を相手に刀を売ります。

 三勢力から届く刀の注文は、鍛冶屋にある「帳簿」から確認でき、注文票から刀の発送まで行えます。

 刀が不足している場合は、「炉」から辞界で集めた材料を消費して刀を製作可能です。

 また、軍二が自動で製作する刀の方針も「炉」から変更できます。

 注文の刀を発送して報酬を受け、決められた期日までに指定の金額を用意して返済していきますが、期日までにお金を用意できなかった場合は、誠意を込めた謝罪が有効。

 不用意な行動は、逆に返済額を増やしてしまいます。

鍛冶屋経営の肝!「戦が起これば鍛冶屋が儲かるシステム」

 「帳簿」に届く注文は勢力の情勢により変化し、鍛冶屋に対する評価を表す「満足度」と、敵対勢力に対する緊張を表す「緊張度」を上昇させると、報酬の良い注文が届きます。

 「緊張度」は勢力同士の武力差が大きいほど早く上昇し、「緊張度」が高まると「抗争状態」へ。

 「抗争状態」は刀の注文が早まる上、検品も甘くなります。

 勢力の武力差を開くには特定の勢力だけに刀を発送したり、辻斬りをして勢力を減らしたりと、プレイヤー自身で勢力の情勢をコントロールして戦を起こすことがポイントです。

 勢力の情勢は、鍛冶屋の隣にある掲示板の新聞から確認できます。

「抗争状態」になると、宿場町のドナルド・ドナテロウズや赤玉党の吉兆など、主要キャラクター同士の戦闘シーンも見られます。

攫千金のチャンス!「千客万来」モード

 勢力に刀を発送し続けて武力を上昇させると、各勢力が掲げている「武力目標」に到達します。

 到達後は、大量の客が鍛冶屋に押し寄せてくる「千客万来」モードに突入。

 客が入店する度にお金が増え、「千客万来」時には借金取りも来なくなります。

商品概要

  • タイトル:侍道外伝 KATANAKAMI
  • 機種:PlayStation4/Nintendo Switch/PC(Steam)
  • 発売日:2020年2月20日予定
  • 価格:3,980円+税/パッケージ版・ダウンロード版
  • ジャンル:剣術アクションRPG
  • プレイ人数:オフライン1人、オンライン1-2人
  • CERO:Z(18才以上のみ対象)
  • 販売:スパイク・チュンソフト
  • 開発:アクワイア
  • 『侍道外伝 KATANAKAMI』公式サイト
  • 『侍道外伝 KATANAKAMI』公式Twitter