2020年1月4日、ヒューリックホール東京(東京都千代田区)にて、“メギド72 THE CONCERT ~新年の宴~ presented by ファミ通”が開催された。本イベントでは、アレンジされたゲーム内楽曲が生で演奏されただけでなく、声優陣による寸劇やキャラクターソングなども披露された。本稿では、昼夜行われたイベントのうち、夜公演の模様をお届けする。

開場時間から多くのファンが駆けつけた。
コンサートのセットリストに入っている楽曲を収録したCDを筆頭に、物販も大盛況だ。
“贈り物”やメギドをモチーフにしたフラワースタンドも並んでいた。
会場入り口ではプロデューサーである宮前公彦氏が来場者を出迎えるというサプライズも。思わず二度見するお客さんたちが続出!

 コンサートが幕を開けると、まずはタイトル画面で使用されている“ソロモン王の伝説 -承”、アジトのテーマ曲である“追放アッパーグラウンド”が演奏された。『メギド72』を象徴する楽曲が場内のスモークとライティングの演出を受け、会場が一気に幻想的な世界に引き込まれるオープニングだった。

 演奏に続き、インキュバス役の鈴木裕斗さん、メフィスト役の高橋広樹さん、カスピエル役の朝霧友陽さんが登場。スクリーンに映し出されるメギドたちのイラストに合わせ、アジトに集まった3体のやり取りを、声優3名がその場でアテレコする様子を楽しむことができた。

左から朝霧さん、高橋さん、鈴木さん。

 本イベントのために作られたグッズである、“チャージフォトンペンライト”が観客席一面に揺れる光景を眺めたインキュバスが、「オレには見えるのさ、このアジトに溢れるフォトンがよ……」と語り、観客=“フォトン”というまさかの設定が明かされると、場内からは笑いがこぼれた。

 インキュバスらによるフォトン(観客)いじりが落ち着くと、3体のキャラクターソングである『俺らイケメン』でおなじみのSAKEコールが始まり、そのまま『俺らイケメン』の歌唱がスタート。コールの練習などはとくになかったが、観客席からは一糸乱れぬSAKEコールが沸き上がった。

演奏を行ったエルプシャフト楽団の皆さんもノリノリでSAKEコールに参加。

 大盛り上がりのままに『俺らイケメン』の歌唱が終わると、メフィストの提案で3体は酒場にくり出すことになり、再び演奏パートがスタート。

  メインクエスト1章のフィールド画面で流れる『辺境の剣』、1章の戦闘BGMである『魔を統べる少年』、ショップ画面の『常連のグラス』が、ピアノやキーボード、ストリングス、ドラムやサックスにフルートなど、エルプシャフト音楽団員による各種楽器の旋律を前に出すアレンジで演奏された。曲の展開に合わせたライティングの演出も相まって、会場全体を『メギド72』の世界で包み込むような演奏を楽しむことができた。

今回バンドマスターを務めた『メギド72』のコンポーザー・寄崎諒さんはエレキベースで参戦。心地よい低音でメロディを支えた。
乾杯をし、一気に飲み干す動きを見せた後に高橋さんが「透明だけどうめぇな!」とコメントするなど、細かいところでも笑いが溢れた。
なお、会場入り口では『メギド72』のロゴが入ったカップも配布された。このカップで乾杯したいが、使わずに持ち帰りたい、というジレンマに悩んだ人も多いことだろう。

 演奏が落ち着くと、再び高橋さん、朝霧さん、鈴木さんが登場。アジトにいたフォトンが酒場までついてきている、というフォトンいじりも交えつつ、カスピエルの「我らがソロモン王に、乾杯!」という音頭に合わせ、会場が一斉にカップを掲げた。

会場でドリンクを注文すると、今回メインキャストとして登場したメギドたちのコースターがランダムに入手できた。

 酒を飲みかわしつつ、ソロモン王との出会いを振り返る会話が始まると、“ソロモン誘拐事件・悪夢編”より“夢魔謡う一夜”、“怒れる勇者とプチマゲドン”より“悪戯スーパーセル!”、“ソロモン誘拐事件・悪夢編”および“ソロモン誘拐事件・逃走編”より“魅惑狂騒曲”と、イベントクエストの楽曲が連続で演奏された。

 再び朝霧さんら3名が登場して語らっていると、今度はアスモデウス役の生田善子さんが登場。インキュバスがアスモデウスに酒を注いでドヤ顔を決めるなどの笑いどころがありつつ、アスモデウスの命令によって演奏が始まり、アスモデウス戦で流れるキャラクターソング“混沌より愛をこめて”の歌唱が行われた。

生田さんの透明感溢れる声や荘厳さを感じさせる演奏に会場中が聞き惚れた。

 歌い終えた生田さんが退場し、飲みなおそうとしたインキュバスやサキュバスがセンチな気分になっていると、メフィストは「酒を飲むのってのは、戦いなんだよ!」と言い放つ。そして、しんみりした空気を払拭するべく、楽団にたかぶる曲をリクエストした。

 3名が退場すると、バラム戦の“龍虎激突”、ガブリエル戦の“Encounter”の演奏がスタート。“Encounter”ではボーカルによって奏でられるメロディが印象的で、人の身体もまた楽器なのであると感じさせるものだった。

 演奏の後、再びカスピエルらが登場。テンションが上がってきたということで改めて乾杯しようとすると、今度はベリト、フラウロス役の宮下栄治さんが登場。「俺様と、ついでに三馬鹿どもに、乾杯!」との音頭で乾杯をすると、ベリトのキャラクターソングである“永遠意光~Twilight”の歌唱がスタートした。

ゲーム内で流れた際にも多くのプレイヤーが涙した楽曲が、ブルーを基調としたライティングでさらに情緒たっぷりに演出されていた。

 歌唱が終わり、照明が上がると、カスピエルとインキュバスはベリトの歌に感涙。メフィストもしんみりしかけたところに再びアスモデウスが登場し、「愚かな豚は未来だけ見ていろ! ハルマゲドンを阻止するという未来だけをな!」と一喝。

投影された映像にも、ゲーム内ではあまりお目にかかれないメンツがズラリ。5体のメギドが並び立つ会話シーンもなかなかに貴重な光景だ。

 ほかのメギドたちをきびしい言葉で気合を入れたアスモデウスが「勝算」というキーワードを口にすると、それを合図に“勝算の一手”の演奏がスタート。そのまま“化身舞闘 −嵐渦叫風−”につながる形で演奏が展開した。

 演奏後、改めてキャスト5名がステージ上に集まり、今回のコンサートを楽しめたか、などと呼びかけると、観客席はチャージフォトンペンライトを揺らして応えた。「どいつもこいつも幸せそうに揺れてやがる」と最後までフォトンいじりを交えつつ、ベリトの「必ずまた会える」という言葉とともに、キャスト陣は退場。

一面にチャージフォトンが浮かぶ光景は壮観。

 キャスト5名がステージを去ると、美しいコーラスやハミングでガブリエル戦の曲などを彩る寄崎知紘さんから……「クーズ♪」というかわいらしいコーラスが。イベントクエスト“傀儡の王と操られた花嫁”のテーマ曲『Lovable Debris!』が演奏された。締めくくられたかとも思えたコンサートだったが、この曲を持ってきたか、と驚かせるチョイスには、まだまだ何かがありそうな予感……。

 軽快なリズムに会場からは自然と手拍子が起こり、大盛り上がりのなかに演奏は終わりを迎えた。しかし、暗くなった場内に観客席からアンコールを求める手拍子が鳴り響くと、先ほどまで登場していた5名に加えて、サプライズでヒュトギン役のバトリ勝悟さん、アイム、シトリー役の関根明良さんが登場。

 そしてアンコール曲として、関根さん、バトリさん、宮下さんがイベントクエスト“魔獅子と聖女と吸血鬼”のテーマ曲『カタチを成す想い』を歌唱。関根さんはアイムとシトリーの歌声をシームレスに使い分け、優しいアイムの声から力強いシトリーのイケメンボイスに変貌し、会場を驚かせた。

アイム、シトリー役の関根さん。シトリーのラップパートでは会場を大いに賑わせた。
ヒュトギン役のバトリさん。サプライズ登場に喜びの悲鳴を上げる人も出た。
ベリトとしても歌唱を披露した宮下さんは、こちらの楽曲では完全にフラウロスの声で歌い切り、アイムとシトリーを演じて歌い分けた関根さんともども、声優という職業のすごさを改めて実感させてくれた。

 歌唱が終わり、キャスト陣が退場すると、場内からは再びアンコールを求める手拍子が。それに応えるように、キャスト陣が各メギドとしてではなく、いわゆる中の人として素の状態で登場し、それぞれ最後の挨拶を行った。

 自己紹介を忘れたバトリさんに関根さんがアイムの声でツッコミを入れたり、高橋さんが「じつは『メギド72』がゲーム大賞優秀賞を受賞したことを、お客さんが持っているうちわを見て知った」とコメントしてほかのキャスト陣から総ツッコミを受けるなど、最後まで会場には笑いが溢れていた。

 そして、挨拶の後は『メギド72』と言えばあの曲、という紹介とともに、キャスト陣がオープニングテーマ曲である『メギド72』を全員で歌唱。観客たちも総立ちとなり、エンディングにふさわしい盛り上がりを見せた。歌唱難度が高いと評判の楽曲ながら、見事に歌い切ったキャスト陣に場内も大興奮だ。

 歌唱が終わり、ついにステージの幕が閉じると、コンサート終演のアナウンスとともに宮前プロデューサーが幕のあいだから登場し、挨拶を行った。宮前氏は「年始にふさわしいコンサートになりました。この場にいられて幸せです」と語り、これでコンサートは終わるが、『メギド72』は始まったばかり、と今後にむけてさらなるやる気を見せた。

最後に登場し、非常に大きな声援を受けた宮前氏。

 宮前氏が幕の奥へと消え、ついにイベントは終了。会場から出ていく観客たちはいずれも非常に満足した表情で家路を辿っており、最後の挨拶で「ぜひ2回目を開いてほしい」という宮下さんのコメントに同意する人が溢れていた。

 会場の出口では、本公演の模様を収録したブルーレイの発売を知らせるチラシが配られ、来場者にうれしい驚きを与えた。ブルーレイの早期予約はすでにスタートしており、1月31日23時59分までに予約をすれば、オリジナルグッズも入手可能だ。忘れないうちに予約しておこう。また、グッズの事後通販も1月31日まで実施されている。詳しくはコンサートの公式サイトなどをチェックしてみよう。

声優陣の記念撮影も!
ブルーレイ予約サイトグッズ事後通販サイト