2019年12月13日(金)~15日(日)、千葉県の幕張メッセにて開催中の『グランブルーファンタジー』(以下、『グラブル』)の祭典“グラブルフェス2019”。14日、15日に行われるステージイベント“グラブルフェス2019 スペシャルショー 蒼の軌跡 -The Journey of Blue-”のリポートをお届けする。なお、本公演は12月15日にも行われるため、ネタバレは極力伏せているものの一部含まれていることをご了承いただきたい。

 “グラブルフェス2019 スペシャルショー 蒼の軌跡 -The Journey of Blue-”は、『グラブル』のこれまでの物語を美しく鮮やかな映像と音楽、そして迫力と驚きに満ちた演出で再現する2日間限定のスペシャルショー。

 開演前には、声優陣によるトークイベントやStella Magnaのライブなども行われた、会場の特設ステージの端から端までを覆うほどの超大型透過スクリーンが登場。そして、ルリアの語りとともにルリアノートを彷彿とする映像がスクリーンに投影され、ノートのページをめくりながら『グラブル』のメインストーリーやシナリオイベントを振り返っていくという構成になっている。

 本公演の見どころは何と言っても超大型透過スクリーンを活用した演出。ステージを覆うほどのスクリーンで見る映像の迫力はもちろんのこと、エピソードによっては透過スクリーンであることを活かして、オフィシャルキャストがステージに登場することも。その中でもとくに四騎士のバトルシーンは圧巻。ツヴァイ・フリューゲルなどの奥義もバッチリ再現されている。

透過スクリーンであるため、オフィシャルキャストが登場中にも映像は投影されている。これを駆使して、ゲームで見た数々の名シーンが目の前で展開される。

 ファンの間でも感動作として人気のシナリオイベントである『プレガンド・コーラス』や『俺達のレンジャーサイン!』などでの心揺さぶられる演出には涙する騎空士(『グラブル』ファンのこと)の姿も……。

 そのほかにも、ゲームの背景がプロジェクションマッピングで再現されていたり、『どうして空は蒼いのか』シリーズなど一部シナリオイベントの映像では描き下ろしイラストが登場したりなど、見どころ盛りだくさん。

 12月14日は会場限定となっていたが、12月15日は生配信も行われるので、会場に足を運ぶ人はもちろんのこと、興味を持った人はぜひチェックしてほしい。

※グラブルフェス2019ステージイベント配信ページ(YouTube)
※グラブルフェス2019ステージイベント配信ページ(Periscope)