アメリカ時間の2019年12月12日、ロサンゼルスで行われたゲーム賞“The Game Awards 2019”。豪華プレゼンター陣による受賞作の発表はもちろん、さまざまな新作発表や豪華ミュージシャンによるライブなど、盛りだくさんだったこのイベントで、年間最優秀ゲームである“ゲーム・オブ・ザ・イヤー”(Game of the Year)とは異なるもうひとつの“GOTY”の発表が行われた。

 それは、“ゲーミング・ツイート・オブ・ザ・イヤー”(Gaming Tweet of the Year)。Twitter社が公認する年間最優秀(?)ゲーム関連ツイートである!

アワード会場の入り口そばには本GOTYのコーナーも。

 前もって選ばれた5本の候補作には、猫の『サイバーパンク2077』コスプレや、ガァガァと今年盛り上げまくった『Untitled Goose Game』×『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』ネタのコラージュ、「もし『ファイナルファンタジーVII リメイク』がこうだったら……」というジョーク、ゲーマー女子の理想と現実など、現地アメリカのゲーマーたちに思わずリツイートさせた強ネタばかり。

 そして投票の結果、見事GOTYに選ばれたのは……ユーザー名“Sunny”(@YTSunnys)による、「後悔してない(i regret nothing)」のつぶやきとともに『スーパーマリオメーカー2』のハードコアなコースに挑んだ始終を収録したツイート!

 10万弱のリツイートと30万以上のLikeを集めたこのツイートが、日本まではるばるタイムラインに流れてきた人も少なくないんじゃないだろうか。記者はアメリカ在住だが、ソフト発売から間もない時期に流れてきたこのツイートを見て「うわ、これ絶対クリアーまでに死にまくってんだろ……」と思った記憶がある。

 あなたが今年記憶に残ったゲームネタツイートはなんだろうか? できればTwitter日本支社でもやってみて欲しいところだが、ゲーマーが適当にハッシュタグをつけて各々発表しちゃってもいいんじゃないかと思う次第である。2020年もいろいろと盛り上がれるゲームが出るといいですな。それじゃあまた来年。

おまけのパノラマ写真。業界人席でも「うおー、コジマがいるぞ」とか盛り上がってて面白かった。
会場はE3のマイクロソフトカンファレンスなども行われるマイクロソフト・シアター。