アラフォーあたりの人なら、アニメやマンガ、あるいは消しゴム収集で小さいころにハマったであろう『キン肉マン』。

 例に漏れず筆者も死ぬほどハマったコンテンツで、“キン消し”もバケツ3杯ぶんは集めたし、ロサンゼルスオリンピックの開会式で『キン肉マン』のアニメ放送が中止になった際には「見たいのは超人オリンピックなんじゃ!」とブチ切れ倒していた記憶もあったりします(と思ったら、どうやら改変された記憶らしく、そのころには超人オリンピック編は終わっていたみたいでした)。

そんな『キン肉マン』も2019年は生誕40周年の節目。筆者は単行本派ですが、Webサイト“週プレNEWS”で連載中のマンガも追い続けていまして、いまだに筆者のライフサイクルをガッツリハックしている状態です。

 ただ、ハックしている割合としてもっとも高いのは……マンガではなく、“『キン肉マン』アパレル”なんですね。じつはワタクシ、ここ数年のあいだ、週5日は『キン肉マン』関連のTシャツなどを着用するほどのヘビーユーザーなんですよ!

 というわけで本稿では、そんな『キン肉マン』Tシャツ大好きライターの筆者が、手持ちのTシャツを公開しつつ、その素晴らしさを布教していこう、と! ショップで扱われる商品もかなり増え、手持ちの一部が売り切れになったいま、街でのTシャツカブリが怖くなくなったからやっと布教できるようになったんです!

 あ、ちなみにこれ、PR記事とかではありません。言うなれば、アラフォーライターによるアラフォー読者の皆さんへの、アツい想いの垂れ流し記事。

 趣味丸出しだけど、喜んでくれるファミ通.com読者がきっとたくさんいると信じています……!

自宅にあったTシャツなどをかき集めてみたのがこちら(ライター私物)。フレーム外にあと4枚あるんですが……。

『キン肉マン』アパレルのいいところを語ります!

 ざっくり説明すると、本稿で『キン肉マン』アパレルと言っているのは、KIN29SHOPという公式ショップで売られている商品群のこと。

 名シーンや人気超人をモチーフにしたTシャツやパーカーなどが豊富にラインアップされています。

 一般論ですが、マンガやアニメなどをモチーフにしたTシャツの中には「ちょっとこれを普段着にするには……」なんて尻込みするものがあったりするもの。ですが、『キン肉マン』アパレルは違うんですよ! ふだんからガンガン着られそうなアイテムが本当に多くって……スバラシイ!! 

 論より証拠、まずは筆者が持っているTシャツの中から、お気に入りのものを見ていただきましょう。さすがにちょっと着古しているものもあったりするので、画像は公式サイトのものがメインになっている点はご勘弁を!

ご存知(!?)不忍池の戦いをモチーフにした、映画Tシャツっぽいもの。けっこう人気らしく、後述の実店舗では色違いが再販されているので、気になる人はチェックです。
バッファローマンとスプリングマンのコンビ“ディアボロス”の名シーンをモチーフにしたシャツ。「いいシーンをぶっこ抜いているなー」って感じです!
某有名紅茶メーカー的な雰囲気を醸す、ティーパックマンをモチーフにしたTシャツ。赤と黄色のカラー違いもあったのですが、あまりにリ●トン感が強すぎるのでこちらを購入。
公式サイトでも素材が見つからなかった、ある意味レアな1枚。着古し感がある私物の写真で申し訳ないです。マリポーサチームのミスター・VTRがデザインされており、キン肉マンが動きを止められているシーンだとわかるのがカッコいい!
過去最高レベルのスピードでマンモスマンに敗れ去ったレオパルドンTシャツ。「マニア好みの超人をよくぞピックアップしてくれました!」という感じで、筆者が『キン肉マン』アパレルに目覚めたシャツのうちの1枚です。
ステカセキングのTシャツは、バックプリントもカッコよくて大好きですね。少し前にバージョン2的なデザインの似たシャツも出ましたが(下記オンラインショップ参照)、買う機会を逸して筆者のサイズは売り切れに……。
バイク好きの筆者のために用意されたのかと思うほどで、買わざるを得なかった一品。手持ちのシャツを改めて見てみると、ロボとかメカとか、そういう超人をモチーフにしたものが多いな……。

 いかがでしょう? 『キン肉マン』を知らない人なら「映画かバンドのTシャツかな?」って思いそうな“さりげなさ”がいいでしょ!? 

 ちなみに、Tシャツであれば概ね4000~5000円の価格帯になっており、キャラクターものにしてはお手頃なのも個人的には高評価です。

 さらに『キン肉マン』アパレルが好きな理由を挙げるなら、Tシャツ自体がかなり頑丈だってことも素晴らしいと思っています。お気に入りのシャツはけっこうヘビーローテーションしてる筆者ですが、襟ぐりが簡単にヘロヘロになることもなく。

 週1回くらいの頻度で着るなら、3年間くらいはぜんぜん着られる印象です。なお、従来からそんな感じだったのですが、最近ベースとなるTシャツを刷新したそうで、さらに品質がアップしたらしいです。より長持ちになるのはイイですね!

 もう1点、『キン肉マン』アパレルでとてもうれしいポイントがサイズ展開です。筆者は180センチ92キロという大柄ファット体型なんですが、それでもラクに着られるものがたくさんあるんです! たまに芸人のサンドウィッチマンさんが『キン肉マン』アパレルを着ているのをテレビで見かけたりしますが、それを見ると納得しちゃいます。だって、着られるサイズとデザインで考えると、あとはラガーシャツとかプロレス系のTシャツとかになりがちな体型なので……。

チャンスがあれば、実店舗のKIN29SHOPへGO GO MUSCLE!

  『キン肉マン』アパレルは、オンラインショップで購入できるほか、東京に2店舗、大阪と福岡に1店舗ずつある実店舗でも購入可能です。オンラインショップのほうは比較的売り切れが早いのですが、店舗にはまだ在庫があったりすることも。どうしても欲しいものがある場合は、実店舗に連絡して在庫を聞いてみるのもいいかもしれません。

 ちなみに、撮影と称して実店舗に伺って買い物をしたのですが、現品限りコーナーで売り切れたと思っていたアイテムを見つけたり、再販コーナーで欲しかったシャツの再販を見つけてみたりといううれしい発見も! そんなこともあるので、キン肉マンアパレルに興味を持った方はぜひ実店舗に足を運んでいただきたいですね。

こちらはサンシャインシティALTAの南館1階にある“池袋キン肉マンKIN29SHOP”店員さんはもれなく『キン肉マン』好きなので、ほかのお客さんの迷惑にならなければ『キン肉マン』話で盛り上がったりもできます。
アパレルだけでなく、グッズ関連の取り扱いも。店員さんによると、東京にある2店舗だと、池袋店はアパレルが主力、ダイバーシティのTOKYO店はグッズ主力のラインナップになっているそうです。
取材日が11月29日の“キン肉マンの日”から間もなくだったこともあり、新作がたくさん! ちなみに、池袋店限定のアイテムもいくつかあったので、ぜひお店でチェックしてみてください。
売り切れていた商品の再販ぶんも、早々に実店舗に並んでいました。買うかどうかとても迷ったけど、今回はこれを超える優先度のものを買うことに。
ウォーズマンの透過図をデザインしたシャツ。ファミリーコンピュータとファイティングコンピューターを掛けたようなデザインも秀逸で、ゲームライターの筆者的には必携と判断!
買い逃していたデザインの再販だったので、迷わず手に取りました! 名バウトがアメコミ風のデザインに仕上がっています。
一見すると単なるボーダーTシャツなのですが、よく見ると胸元にステカセキングの刺繍が! 現品限りコーナーで見つけて即購入決定!!