週刊ファミ通2019年12月5日号(2019年11月21日発売)では、10周年を迎えた『ラブプラス』を計40ページの大型特集でお祝い!

 全国のカレシから届いたアツい思い出やエピソードを紹介したり、イラストレーターの箕星太朗さんを始め、皆口裕子さん(姉ヶ崎寧々役)、丹下桜さん(小早川凛子役)、早見沙織さん(高嶺愛花役)のキャストインタビューも掲載しています。

2009年9月3日に発売されたニンテンドーDS用ソフト『ラブプラス』。通常の恋愛アドベンチャーでは“全クリ”となる、告白後の恋人生活が楽しめるというコロンブスの卵的発想でセンセーショナルなデビューを飾った。2010年6月24日には2作目『ラブプラス+』が発売。
ニンテンドー3DS用ソフト『Newラブプラス』(2012年2月14日発売)。立体視も楽しめた。2014年3月27日には旅行先が増えた『Newラブプラス+』がリリース。
キャスト3名にインタビュー! 皆さん一様に「もう10年ですかぁ」と感慨深げなご様子でした。

 カノジョとの思い出をさまざまなイラストで振り返るとともに、特別企画“日本列島スゴイカレシの旅”では、コンテナ(ユニットルーム)に『ラブプラス』グッズを満載しまくった“ラブプラスコンテナ”を作っちゃったカレシに突撃取材! その中身とはいったい!?

 さらに、10周年記念読者プレゼントでは、箕星太朗氏描き下ろしのイラスト色紙と非売品缶バッジを抽選で計33名様にプレゼント!

※応募には応募券が必要です。応募券があるのは紙の雑誌のみになります。電子版『週刊ファミ通』には付属しませんのでご注意ください。

※箕星太朗氏のこのつぶやきは本企画のイラストだったのです。

 詳細は週刊ファミ通2019年12月5日号(2019年11月21日発売)でご確認ください!

■週刊ファミ通のご購入はこちら
※Amazon
※ebten(エビテン)

■電子版のご購入はこちら
※BOOK☆WALKER
※Kindle