ファミ通発表の売上げランキング。今回は、2019年10月28日~2019年11月3日のゲームソフト&ハード週間推定販売数まとめをお届け。

 注目の新作が好調なスタートを切った。1位は2016年9月に発売された『ペルソナ5』をベースに、新要素が追加されて生まれ変わった内容となった『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』。前作のプレイステーション4版の初週26.8万本には及ばなかったものの、20万本超えのスタートとなった。

 2位も新作の『ルイージマンション3』。ナンバリングとしては2013年3月発売のニンテンドー3DS版『ルイージマンション2』以来の発売となる。ちなみに『ルイージマンション2』は初週30.1万本のセールス。発売ハードが違うため一概に比較はできないが、約2倍の開きとなった。そのほかの新作ソフトでは、『マリオ&ソニック AT 東京2020オリンピックTM』が5位に入っている。

 ハードは、Nintendo Switch Liteが先週から約4倍増となる66272台を販売。Nintendo Switchも先週と同等の53125台を売り上げ、合計では11万9397台と5週ぶりに10万台を突破した。

ソフト推定販売本数TOP10

1位(初登場) PS4 ペルソナ5 ザ・ロイヤル
20万1448本/アトラス/2019年10月31日発売

2位(初登場) Switch ルイージマンション3
15万649本/任天堂/2019年10月31日発売

3位(先週2位) Switch リングフィット アドベンチャー
51143本(累計 18万3685本)/任天堂/2019年10月18日発売

4位(先週1位) PS4 コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア
37905本(累計 15万5575本)/ソニー・インタラクティブエンタテインメント/2019年10月25日発売

5位(初登場) Switch マリオ&ソニック AT 東京2020オリンピックTM
19438本/セガゲームス/2019年11月1日発売

6位(先週7位) Switch ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S
8551本(累計 42万1548本)/スクウェア・エニックス/2019年9月27日発売

7位(先週5位) Switch 牧場物語 再会のミネラルタウン
8266本(累計 90954本)/マーベラス/2019年10月17日発売

8位(先週9位) Switch Minecraft
7758本(累計 98万7202本)/日本マイクロソフト/2018年6月21日発売

9位(先週10位) Switch マリオカート8 デラックス
7233本(累計 251万1662本)/任天堂/2017年4月28日発売

10位(先週12位) Switch 大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL
7109本(累計 331万7305本)/任天堂/2018年12月7日発売

※11位より下の数値は、ゲーム販売本数ランキングページにて2019年11月7日(木)以降に公開予定です。
※本ランキングの推定販売本数は、パッケージソフトおよびダウンロードカード、本体プリインストール版を合算したものです。

ハード推定販売台数

  • Switch Lite/66272台(累計 41万8443台)
  • Switch/53125台(累計 937万8446台)
  • PS4/4992台(累計 715万9683台)
  • PS4 Pro/3346台(累計 130万7678台)
  • Xbox One X/43台(累計 17269台)
  • Xbox One S/32台(累計 91387台)
  • New 2DS LL(2DS含む)/989台(累計 167万1114台)
  • New 3DS LL/81台(累計 588万4938台)
  • PS Vita/41台(累計 586万2744台)

※ゲームソフト&ハードとともに、集計期間は2019年10月28日~2019年11月3日。