アークシステムワークスは、本日2019年11月4日(月)11:00に配信したWeb番組“あーくなまSP”にて、プレイステーション4用ソフト『New GUILTY GEAR(仮題)』の新情報を公開した。本稿では、番組で発表された新情報をまとめてお届けする。

最新PVで新キャラクターが2体公開

 番組では新規PVが公開され、チップ・ザナフとポチョムキンの参戦が発表された。ARCREVO America 2019に出展される試遊版では、今回発表された2キャラクターを含む6キャラクター(ソル、カイ、メイ、アクセル、チップ、ポチョムキン)をプレイできる。

チップ・ザナフ

ポチョムキン

最新PV

2020年春にクローズドオンラインベータテスト開催決定

 『New GUILTY GEAR(仮題)』のクローズドオンラインベータテストが2020年春に実施されることが発表された。

 ARCREVO America 2019でアンケートに答えると、優先参加権が贈られるという。クローズドオンラインベータテストの詳細は後日公開予定。

PVで使われた楽曲の販売が決定

 発表トレーラーで使用されていた楽曲『Smell of the Game』のフルバージョンが近日中に各種音楽配信サイトにて発売される。詳細は後日アナウンスされるとのこと。

【11月6日追記】『Smell of the Game』のフルバージョンが各配信サービスで11月5日より販売されている。

 また、GUILTY GEAR公式Twitetrではフルバージョンの歌詞が公開されている。著作権は放棄していないため、あくまでも個人で楽しむ目的で利用してほしい。

『New GUILTY GEAR(仮題)』のシステムが明らかに

ダッシュ

 本作にはダッシュボタンが存在し、ワンボタンでダッシュができる。名称の通り、そのままダッシュをするボタンで、押していても攻撃ができなくなるようなことはないという。

ガトリングコンビネーション

 『New GUILTY GEAR(仮題)』での“ガトリングコンビネーション”は過去作から相当一新されているそうで、基本的にパンチなどの小技から通常技に連携できず、一部の特殊技にはコンボがつながるという。

 今回は小技から長いルートのコンボがつながることはなくなった。片野アキラ氏からは「いままでの『ギルティギア』でできていたことはすべて忘れてプレイしてほしい」といった解説もあった。

 ただし、画面端での追撃については、いままで以上につながるとのこと。片野氏いわく、画面端であればなんでもできるそうだ。過去作品ではコンボのレシピやルートを覚えないと連続攻撃をつなげられなかったが、画面端では単純にボタンを連打するだけでコンボがつながるため、画面端に追い詰めることが重要となる。

ステージ移動

 画面端で連続技を決めたり、大技を決めたりすると画面が割れるような演出とともに隣のフィールドに移動する。移動後はステージ中央で戦闘が再開される。

ダストアタック

 しゃがみガードができない攻撃(しゃがみ時は立ちガードができない攻撃)。前後にレバーを入れながらダストアタックボタンで投げが発生。本作では投げが発生しない位置にキャラクターがいるときには、投げが空ぶるモーションが発生する。空中投げも存在。

 なお、実機プレイでは投げ1発で相手の体力ゲージが1/3ほど減少する様子を確認できた。本作では一発一発のダメ―ジ量が多めに調整されているようだ。

 ダストアタックは中央で決めると横へのふっとばし攻撃となり、画面端では壁バウンドにより追撃ができる。

 本作では基本的に崩し攻撃(下段や中段)など、特殊なガードを必要とするアクションからは気軽にコンボがつながらなくなっている。ダストアタックは従来よりも発生が早くなっているため、性能としては強力になっているという。

ガード

 直前ガードは存在するが、硬直時間が短くなるなどの効果は存在しない。そのかわり、テンションゲージがたまりやすくなる。

 なお、本作では削りKOは存在しない。

フォルトレスディフェンス

 本作では地上攻撃も空中で通常のガードが可能だが、ガードをすると右上アイコンのリスクレベルゲージがたまるという落とし穴がある。

 リスクレベルがたまった状態で攻撃をくらうと、カメラ演出が挿入される特殊なカウンターが発生する。また、ダストアタックではさらに特殊な演出が発生する。

 フォルトレスディフェンスはリスクレベルゲージの上昇を抑える効果があるため、中級者~上級者ほど使うシステムになる。また、削りダメージも無効化できる。

ダウン

 技によって、相手が自動で体制を立て直すもの(受け身)とダウンするものがある。自動受け身は、主に打ち上げ系の技で発生する。

 起き攻めの際には、どういった技を使って受け身やダウンを誘導するかが重要となる。

 なお、ダウン追い打ちのルールも変更されており、ダメージは通常通り入る。場合によっては、ダウン追い打ち後に追撃をしつつも状況をとれることもある。

受け身

 手動の受け身は基本的に存在しないため、連続攻撃を食らっているときにボタンを連打する必要もない。

 お手玉できてしまうのでは? という質問に対して片野アキラ氏は「実際に触って研究してほしい」とコメントしていた。

ロマンキャンセル

 あらゆる行動をキャンセルできるロマンキャンセル。攻撃時のロマンキャンセルではキャラクターの周囲に赤い輪が表示され、それが相手に当たると相手はふわっと浮き上がるため容易に追撃が可能となる。

 青い輪の場合は相手の動きが少し遅くなり、小技からのコンボがつながるようになる。ガード中のロマンキャンセルは黄色で、相手の攻めを中断させられる。

 本作のロマンキャンセルにはさまざまな秘密が隠されているという。番組では、この他にも紫色のロマンキャンセルを確認できた。

 なお、ロマンキャンセルのゲージ量は50%とのこと。

コマンドリスト

 コマンドリストでは実際の動きを動画で確認できる。

発表済みキャラクターの注目ポイント

カイ=キスク

 非常に使いやすいスタンダードなキャラクターであるカイ=キスク。

 本作では特定の技に“帯電”(開発スタッフが呼んでいる便宜上の名前)効果があり、相手に当てると敵が青く光り、雷のアイコンが表示される。

 帯電状態時にはガードをしても大きなダメージを受けてしまうため、固め能力が高いキャラクターとなっている。

メイ

 新しい海の仲間としてマナティが追加された。ビーチボールを飛ばす遠距離攻撃ができる。

開発スタッフから非常に好評というメイの勝利ポーズ。

チップ・ザナフ

 忍者要素がパワーアップし、分身攻撃や壁走りが可能になった。

Q&Aまとめ

 番組への視聴者コメントなどについての片野氏の回答をまとめてお届けする。

Q:気絶はありますか?

 ありません。そのほか、復帰によるよろけ、削りKO、ブリッツシールドもありません。

Q:デンジャータイムはありますか?

 ありません。今作では、いままでのシリーズに存在したすべてのシステムを洗い出して整理したうえで、『New GUILTY GEAR(仮題)』にふさわしいシステムをチョイスして再構築しています。デンジャータイムは、いまのところ本作には必要ないだろうとオミットしています。

Q:UIは仮のものですか?

 今回のROM自体が仮のもの。システム、映像、技など、次回お見せする際にまったく違うものになっている可能性があります。

 実際に、トーレラーでは使われていた技でも、試遊版には存在しないものがたくさんあります。

Q:ドラゴンインストールはありますか?

 試遊版には入っていません。試遊版では実装していませんが、まだ見せられない技もたくさんあります。

Q:空中ガードが手軽にできるようになった理由は?

 いままでは、ジャンプという気軽なシステムにもかかわらず、ガードをするために方向キーの後ろとボタン2つの同時押しをしなければいけませんでした。

 『ギルティギア』をプレイしたことがないプレイヤーには「それが基本だから」と説明せざるを得ない状況でしたが、今回は複雑な攻撃ボタンの同時押しをしなくても楽しめるように設計しました。

 ただし、空中で通常カードをするとリスクレベルが早くたまってしまうので、上級者にとってフォルトレスディフェンスはいままで通り重要です。上級者が楽しめるシステムは減らさず、初心者が“あのシステムを知らないと遊べない”という状況を減らすように設計しています。

Q:起き上がり時間は?

 起き上がり時間は全キャラクターで統一されています。

Q:通常投げのフレーム数を教えてください。

 詳しくは言えませんが、1ではありません。起き上がりの投げと通常の打撃が重なった場合は、打撃に負けます。

Q:チップが時折召喚している生物は何?

 今回公開した“Chipp & Potemkin Trailer”を繰り返しご確認いただければ謎が解けるかもしれません。