Blizzard Entertainmentが、来月頭に開催を予定している恒例のファン向けイベント“BlizzCon 2019”のスケジュールを公開。その内容が話題を呼んでいる。

 スケジュール表で注目されているのは、メインステージである“MYTHIC STAGE”のイベント予定に、初日(アメリカ太平洋時間の11月1日)に4つ、2日目に2つ“Coming Soon”としか書かれていないものがあること。

 BlizzConでは、初日の最初に行われるオープニングセレモニーで新タイトルや各タイトルの新たな展開を発表し、その後に各フランチャイズのディープなファン向けの詳細な紹介を行うステージイベントが行われるのが恒例。それは今年も変わらないだろうし、これらのステージの詳細はオープニングセレモニー後に明かされるのだろう。

初日に4つ、2日目に2つのステージイベントが“Coming soon”となっている。

 しかしそれらのステージ情報は、通常であればスケジュール公開時に“Overwatch - What's Next?”といった形のタイトルで掲載して、少なくともどのフランチャイズのものかわかるようになっているのが近年の流れ(じゃないと特定のゲームにフォーカスしたファンが当日の予定を立てづらい)。

 そんな中で通例をわざわざ崩して詳細完全非公開の予定を掲載するからには、何か普段よりも大きな発表があることを示唆しているのだろう……というのが海外ファンやメディアがこのスケジュールに盛り上がっている理由となる。

今度こそ『ディアブロ4』? それともまさかの『オーバーウォッチ2』?

 昨年のBlizzConでは「ついにアクションRPG『ディアブロ』に新展開が!」と思いきや、発表されたのが中国NetEaseと共同開発するモバイル向けタイトル『ディアブロ イモータル』で、ナンバリングの正統続編を期待していたファンコミュニティには肩透かしな結果となってしまったり、最近はオンラインカードゲーム『ハースストーン』プレイヤーの香港デモの支持表明に対する処分を巡って大規模なボイコット運動が巻き起こるなど、経営陣交代後にPR面で厳しい状態が続くBlizzard Entertainment。

 それでも年に一度のBlizzConが近付くとなんだかんだと盛り上がるもので、直近では「『ディアブロ』シリーズのアートブックのドイツ語広告に“『ディアブロ』から『ディアブロ4』までのアートを収録”という旨の記述が見つかった」という話題が飛び交ったり、噂レベルでは「『オーバーウォッチ2』と『ディアブロ2』のリマスターも発表されるらしい」という眉唾ものの話があったりするのだが、真相はいかに? 本誌では今年も現地で取材をしてくる予定なので、リポートをお楽しみに。