DMM GAMESより2019年10月10日配信予定の『Sea Salt(シーソルト)』のプレイレビューをお届けする。

メーカー:DMM GAMES
開発:YCJY Games
配信日:2019年10月10日
ジャンル:アクションストラテジー
価格:1800円[税抜]
対応機種:Nintendo Switch、PC

<どんなゲームか、ざっくり言うと>
クトゥルフベースのホラーテイスト
2Dドット絵アクションストラテジー
意外とスピード感がありテンポよし

 本作は、クトゥルフ神話をモチーフにした2Dアクションストラテジー。プレイヤーは古の神“ダゴン”となって、信心を忘れた人間たちを葬りさっていく。深海から迫りくるジメジメとした陰鬱な魔物が2Dドット絵で表現されており、味わい深いホラーテイストを描き出している。

ドット絵でくら~い雰囲気がよく表現されている。パイプオルガンのような音色のBGMもいい感じに味を出している。

 とある漁村は古の神ダゴンの恩恵を受けて繁栄したが、ダゴンは村にいけにえを求め続けた。やがて、司教はダゴンに背き私欲に走る。ダゴンはこれに怒り、人間に深海の恐怖というものを味わわせるのだった……というのが本作の導入。

 ステージ開始時、プレイヤーはまずダゴンの使徒を選択。使徒は魔物を呼び出しながら人間を血祭りにあげていく。使徒は複数用意されているが、ゲーム開始時には1種しか選択できない。ゲームを進めていくうちに条件を達成して、さらなる使徒を解放していくのだ。使徒にはそれぞれアビリティがあるので、ステージの特徴やプレイスタイルに合わせて、選択するといい。

初期に使える使徒は、サカナ顔(?)の“アグラ デ ペスカ”さんのみ。
条件達成で使徒がアンロックされる。顔色の悪いおじいちゃんをゲット!

 プレイヤーは魔物の群れを操作して人間に攻撃を行う。最初は少数の魔物しかいないが、ステージ中の祭壇で魔物を召喚可能。また、敵を倒してゴールドを一定量貯めると、その場でさらなる召喚が可能となる。それを繰り返して、魔物をどんどん増やしていくことができれば、攻略しやすくなる。

祭壇で魔物を呼び出す。魔物も最初はスウォームしか呼べないが、条件を達成すると種類が増える。どれも漏れなく気持ち悪い。
魔物の群れは意外と動きが早く、スピード感ある戦闘が楽しめる。ワラワラと敵に襲い掛かり、村を蹂躙する様子が気持ちいい。

 魔物はそれぞれ個別の能力があり、遠距離攻撃が可能、火に強いが攻撃力が低いといった個性がある。敵も銃を撃ってくる者や、火を放つ者、斧をぶん回す者などクセモノ揃い。出現する敵に合わせて魔物を呼び出さないと、あっという間にやられてしまうこともある。

火に強い蟹で守りつつ、カルト信者で遠距離から攻撃。倒した敵を亡霊として仲間にするリッチも入れて……と、戦術がハマるとおもしろく、魔物を組み合わせるストラテジー要素も楽しい。
筆者のお気に入りは魚人。扱いやすくバランスの取れた能力と、ほどよい気持ち悪さが好みだ。
敵が放つ火は本当にやっかい。攻撃に集中しすぎると群れごと燃やされてしまう。
複数を相手にすると辛いので、なるべく敵を分散させてひとりずつ血祭りに。

 ステージの最後には、ボスが待っている。それぞれ強力な技を放ってくるが、大技の後には隙ができるので、そこを狙って攻撃。撃破すると、ダゴンの怒りはMAX状態で、ボスを触手で縛り上げ、そのまま手足を引き裂いてしまう! ボス戦のたびにこの演出があるので、妙におかしくなってくる。

ボスは大振りの攻撃の後に足を止めるヤツが多い。ヒットアンドアウェイが基本戦術。
深海の恐怖を見せてやるぜ! グニグニグニ、ブチーンッ(激おこ)。

 プレイしているうちにドット絵の魔物がキモかわいく見えてくるし、逃げ惑う村人や幕間のムービーなどがコミカルで、独特の味わいがクセになってくる。

 テンポよく進んでいくステージ展開や、意外と骨のある(油断するとすぐ全滅する)ストラテジー要素など、手軽かつほどよい緊張感のアクションが楽しめ、インディーらしい意欲も感じられる作品だ。価格もお手頃なので、気になった方はプレイしてみてはいかがだろうか。蟹がワサワサ群れて動くのが苦手な人もいるかもしれないが。