10月8日のアップデートでXperia以外のAndroid端末でもリモートプレイが可能になる!

 ソニー・インタラクティブエンタテインメントは、2019年10月8日(火)18時より、プレイステーション4のシステムソフトウェア アップデート7.00を実施することを“PlayStation.Blog”などでアナウンスした。

 今回のアップデートでは、1つのパーティーに参加できる最大人数が16人に増加。さらに、PS4のリモートプレイ機能に対応する機器が拡大し、これまで対応していたiOS端末、Xperia、Windows PC、Macに加えて、Xperia以外のAndroid端末でもリモートプレイも可能になる。

PS4 システムソフトウェア バージョン7.00アップデート日程

2019年10月8日(火)18:00

システムソフトウェア バージョン7.00で更新される主な機能

・パーティーで、以下の内容が変更される。
 1)1つのパーティーに参加できる最大人数が、8人から16人に増加。
 2)ネットワークの接続性が改善。
 3)ボイスチャットの音質が改善。

※仕様変更に伴い、異なるバージョンのシステムソフトウェアを使用しているユーザーと一緒に、パーティーまたはシェアプレイをすることはできません。また、PS Vitaを使っているユーザーとパーティーをすることもできません。

リモートプレイ対応機器の拡大について

 今回のアップデートでは、Xperia以外でも、Android 5.0 以降を搭載したスマートフォンやタブレットでリモートプレイが可能に。これを行う場合は、GooglePlayから『PS4 Remote Play』アプリをダウンロードする必要がある。

 またAndroid 10を搭載した機器では、ワイヤレスコントローラー(DUALSHOCK 4)をBluetoothで接続してリモートプレイすることもできる。

※すべての機器での動作を保証するものではありません。また、機器によっては、タッチパッドや振動機能など一部の機能が制限されます。

PS4 Remote Playアプリのダウンロードはこちら

AppStoreからのダウンロードGoogle Playからのダウンロード