日本一ソフトウェアは、プレイステーション4、Nintendo Switch向け新作として、『void tRrLM(); //ボイド・テラリウム』を2020年1月23日に発売することを発表した。

 本作は、汚染され、荒廃した世界に残された人類最後の少女と、少女のお世話をするロボットによる、ローグライクお世話RPG。『htoL#NiQ-ホタルノニッキ-』や『ロゼと黄昏の古城』を手掛けた古谷優幸氏による最新作となる。美しく幻想的ながらも、ちょっぴり残酷な世界観が展開される……。

 今回は、あらすじや概要などを紹介しよう。

以下、リリースを引用

『void tRrLM(); //ボイド・テラリウム』最新情報

 日本一ソフトウェアは、2020年1月23日(木)に、PlayStation4/Nintendo Switch用タイトル『void tRrLM(); //ボイド・テラリウム』を発売することとなりましたので、ご案内させていただきます。

 本タイトルは、菌類に汚染され荒廃した世界を舞台にした、人類最後の少女「トリコ」と「お世話ロボット」によるローグライクRPGです。

 汚染された世界では生きていけないトリコのため、プレイヤーはロボットとなり、彼女が唯一過ごせる「テラリウム」の環境を充実させていきます。

 ディレクター・古谷による『htoL#NiQ-ホタルノニッキ-』、『ロゼと黄昏の古城』に次ぐ美しく残酷な世界をお楽しみください。

あらすじ

からっぽの世界に、詰められた少女

 文明が滅び、有毒な菌類に汚染された世界。

 かつては工場だった廃虚の片隅。

 スクラップ場で一台のロボットが目を覚ます。

 ロボットは廃虚をさまよい歩いた末に、菌糸に侵された状態で眠る一人の少女・トリコを見つける。

 まだ幼く、か弱い女の子。

 汚染されているらしく、体からはキノコが生えている。

 ロボットは衰弱したトリコを助け出し、お世話をすることに。

 しかし、滅亡した世界は彼女が生きていける環境ではない。

 トリコを守るためには、隔離された「テラリウム」で生存できる環境を作らなければならない。

キャラクター

トリコ

 文明が滅びてから数百年も経つ世界でなぜかひとり生き残っていた少女。

 有毒な菌類に汚染された世界では生きることができず、生存環境「テラリウム」内でロボットのお世話を受け生きながらえる。

ロボット(お世話ロボット)

 スクラップ場に破棄されていたロボットだが、ひょんなことから自我が芽生え動き出す。

 あてどなく廃虚を探索していたところ、きのこまみれのトリコと出会う。

 かつては家庭用ロボットとして普及していた機種らしい。

ゲーム概要

 トリコを守るため、プレイヤーはロボットとなり廃虚と化した世界を探索します。

 自分の力では生きることが出来ないトリコのために、プレイヤーは食糧を集めたり、身の回りのお世話をしていきます。

 数百年放置された世界には、人類が滅びたあとも自己進化を続けた「機械」や、菌の汚染により突然変異を遂げた「異常生物」たちが待ち構えます。

トリコが過ごすテラリウム

 汚染されたこの世界で、無防備なトリコは息をするだけでも命が脅かされてゆきます。

 飢餓や菌による汚染、未知の病気など、さまざまな苦難が待ち受けています。

 彼女が安心して暮らせる「テラリウム」を維持しましょう。

 「テラリウム」に瓶詰めとなるトリコ。汚染された環境からは保護できますが、ロボットが探索に出かけている間、トリコはひとりぼっちです。

 トリコが必要とする食糧を探してきたり、

 ひとりで待つトリコのために「テラリウム」内の環境も充実させてあげましょう。

 トリコを「テラリウム」に保護していても、必ずしも安全というわけではありません。

 汚染物資によって体調を崩したり、風邪をひいてしまったりします。

 この肉の塊は……!?

製品情報

  • タイトル:void tRrLM (); ボイド・テラリウム
  • ジャンル:ローグライクお世話RPG
  • 対応機種:PlayStation4/Nintendo Switch
  • 発売予定日:2020年1月23日(木)
  • プレイ人数:1人
  • 価格:
  • PlayStation4/Nintendo Switch
  • 通常版:6,980円[税抜]
  • ダウンロード版:6,980円[税抜]
  • ディレクター:古谷 優幸
  • キャラクターデザイン:古谷 優幸
  • 音楽:杉江一
  • CERO:未定
  • 公式サイト