2019年9月25日、ジュニは“YouTube Originals”としてYouTubeで配信予定のオリジナルアニメーション『オブソリート』のティザーサイトを公開した。

 本作はフル3DCGで描かれるアニメーションとなっており、公開されたティザーサイトではストーリーの核となる“エグゾフレーム”の情報などを見ることができる。

以下、リリースを引用

フルCGロボットアニメの世界観をWebGLで表現!「YouTube Originals」としてYouTubeで配信予定、オリジナルアニメーション『オブソリート』のティザーサイトを公開

 株式会社ジュニは、9月25日、「YouTube Originals」として、YouTubeにて2019年12月より配信を予定している、オリジナルアニメーション「オブソリート」のティザーサイトを制作・公開いたしました。

 本作は、数々のヒット作を生み出した奇才・虚淵玄(ニトロプラス)が原案・シリーズ構成を務め、新進気鋭のCGアニメーションスタジオ・武右ェ門が制作する完全オリジナルフル3DCGアニメーション。

 “2.5m”の意識制御型汎用ロボット「エグゾフレーム」が活躍する、現代から近未来にかけての<if>の世界を描いたリアルロボットアニメーションです。

「YouTube Originals」として、YouTubeバンダイナムコアーツチャンネルにて、2019年12月より配信されます。

作品中の3Dモデルを一部活用したサイトデザイン

 今回のサイト制作のご依頼にあたり、ストーリーの核となる要素、“エグゾフレーム”が、サイト内で効果的なアクセントとなる方法を模索しました。

 そこで、アニメ制作会社である株式会社 武右ェ門様より、作品内の3Dモデルデータを共有いただき、Web用にポリゴンを軽量化しWebGL技術による演出を加えることで、サイト内の世界観の表現に活用することができました。

 画面内に“エグゾフレーム”の躯体を登場させ、コンテンツを閲覧する人のタッチやマウス操作により、独自のアクションを起こすことで、それがもつ未知の技術と、それに対する作品への期待感を生み出しています。

キービジュアルを見せる画面ではKVから3Dモデルの世界観にシームレスに切り替わるように。

パーツ解説などでは3Dモデルを回転して閲覧可能に。

PVを再生するとサイトがダイナミックに変化

 サイト内に埋め込まれたYouTube動画は、YouTubeが用意するAPIを利用することで、映像の再生を、サイトのコンテンツと連動することが可能です。

 その仕組みを利用して、サイト内でPVを再生すると、サイト全体のイメージが切り替わる仕掛けを施しています。

 本編が始まるまでの期間、このサイトにて、作品の世界観や設定情報などをお楽しみください

株式会社ジュニ

 株式会社ジュニは、“アソビゴコロで、世界をハッピーに変えていく”を理念とし、感動を生み出すアイデアを、デザインとテクノロジーで形に変える制作プロダクションです。

 xR分野を中心にWEBサイト、イベントでのデジタル演出等、幅広い範囲に対応いたします。