携帯モード特化の新型スイッチがいよいよ発売

 任天堂より、明日(2019年9月20日)携帯モード特化の“ニンテンドースイッチ ライト”が発売される。本記事では、ニンテンドースイッチ ライトの特徴や注意点などを改めてお届けする。

価格やカラーバリエーションは?

 まずは価格やカラーバリエーションについて。価格は19980円[税抜]で、通常のニンテンドースイッチ(29980円[税抜])と比べると10000円安い価格設定となっている。

 ただし、ニンテンドースイッチ ライトは携帯モード専用ということもあり(※詳細は後述)、テレビに出力するための“Nintendo Switchドック”は付属していない点に注意してほしい。

 なお、本体カラーはイエロー、グレー、ターコイズの3色が展開される。

イエロー
グレー
ターコイズ

特徴や注意点は?

 ニンテンドースイッチ ライトの特徴は、なんと言っても携帯性に特化したということで、持ち運びやすいように小型&軽量化されている点。ただし、上述の通り携帯モードのみの対応となるため、“Nintendo Switchドック”を持っていたとしてもテレビへの出力は行えないので注意しよう。

 また、コントローラと本体が一体化されているため、コントローラを取り外すことができないほか、HD振動やモーションIRカメラも非搭載となっており、一部タイトルをプレイする際には別途Joy-Conを用意する必要がある(詳細は以下の関連記事をチェック)。

 そのほか、ファミ通.comでは2台目のスイッチを購入したときのセーブデータの移動方法や注意点をまとめた記事も公開しているので、そちらも参考にしてほしい。