2019年9月12日(木)~15日(日)の期間(12日、13日はビジネスデイ)、千葉・幕張メッセにて開催された“東京ゲームショウ2019”。最終日の15日のセガゲームスブースでは、Nintendo Switch用として展開中の復刻プロジェクト“SEGA AGES”のステージイベント“我が家でゲームパーティ!『SEGA AGES』ステージ”が開催された。

ステージ開始前には割烹着姿のMC嬢が小芝居を展開。楽しげな雰囲気を作り出した。

 SEGA AGESのリードプロデューサー兼ディレクターの小玉理恵子氏、シニアプロデューサーの下村一誠氏、スーパーバイザーの奥成洋輔氏、そしてエムツー 代表取締役社長の堀井直樹氏の4人でコタツを囲みながら、まったりと新作タイトルをプレイするという趣向で行われたこのステージ。プロジェクトの最新動向も明らかとなったその模様をお届けする。

コタツを囲みつつトークをくり広げたSEGA AGES開発陣。左からスーパーバイザーの奥成洋輔氏、シニアプロデューサーの下村一誠氏、エムツー代表の堀井直樹氏、リードプロデューサー兼ディレクターの小玉理恵子氏。

 最初のトークテーマは“SEGA AGESのこれまでとこれから”。すでに配信中の11タイトルを軽く振り返ったあとに、これから側のタイトルである『G-LOC AIR BATTLE』の実機検証の模様が披露された。

 千葉県にあるセガ・ロジスティクスの矢口事業所で行われた実機検証にはセガから2名、エムツーからは10名が参加したそうだが、堀井氏は「そこまで(大人数)で行かなくていい。プログラマーとかは実機検証をする機会がないから“俺も行きたい!”」と頭数が増えたのだと明かし、笑いを取っていた。

 しかし、左右に動くDX筐体と固定式のコックピット型、両方の検証が行えたのに加えて、これまで未調達だった海外版のROMまで発見がなされたとものこと。検証の成果が製品に反映されるのが、ますます楽しみになったといえる。

 続いては、SEGA AGESで配信予定の『忍 -SHINOBI-』と『ぷよぷよ通』の実機プレイを下村・小玉プロデューサーが披露することに。達成すれば来場者へのプレゼントが、失敗すれば罰ゲームという理不尽な展開となったが、そこはプロデューサー(?)。しっかり助っ人を用意して、両タイトルの完成度をSEGA AGESファンたちに見せることに成功。さらに、来場者へのプレゼントもゲットするという万全の構えを見せた。

『忍 -SHINOBI-』はエムツー駒林貴行氏がプレイ。「宇宙一うまい」という触れ込みだったが手裏剣禁止を言い渡され苦戦。そして失敗。
駒林氏のミスを受けて堀井氏が罰ゲームのイナゴの佃煮を口に。これぞ上司の鏡!
続いて『ぷよぷよ通』を小玉氏がプレイ。見事な階段積みで10連鎖のノルマ達成……のはずが、コントローラーから手を離してもぷよが動いている不正が発覚。
じつは操作をしていたのはプロゲーマーの飛車ちゅう氏。「ゲーセンで慣れ親しんだタイトルなので懐かしさを感じました」とコメント。

 最後に、ふたつの新情報が。まず、次回タイトルとして『イチダントアール』が2019年9月26日の配信が決定。さらに、『サンダーフォースIII』のアーケード移植版となる『サンダーフォースAC』(発売日未定)の実機映像が初めて公開となった。

開発中の『サンダーフォースAC』をプレイする奥成氏。

 さっそく開発機でのプレイをする奥成氏だが、画面にはなにか違和感が。そう、自機が『サンダーフォースIV』のRYNEX(ライネックス)になっているのだ。エムツーが開発に時間をかけたことで、実現したいうこの追加要素。RYNEXといえばゲーム後半でサンダーソードが追加となるが、これが再現されるのか否かは気になるところだ。

配信日は未定だが「(完成までは)もうちょっと」(小玉氏)とのこと。「どこまで欲張れるかがんばりたい」(堀井氏)とも。

 ステージを終えるにあたって堀井氏は「お待たせはするが失望させない方向で!」と、SEGA AGESブランドをさらに確固たるものににしていくことを宣言。折り返し地点を過ぎ、残り8タイトルとなった今後の展開にますます注目したい。

ステージ後には選ばれた来場者にセガロゴグッズが小玉氏よりプレゼントされた。