2019年9月12日〜9月15日(12日、13日はビジネスデイ)、千葉・幕張メッセにて開催された東京ゲームショウ2019。最終日となる9月15日、のコーエーテクモゲームスブースのステージにてゲーム『FAIRY TAIL(フェアリーテイル)』のスペシャルステージイベントが開催。開発スタッフのほか、エルザ役の大原さやかさんがゲストとして登場した。そのステージの模様をリポートする。

ファミ通.com“TGS2019情報まとめ”特設サイト

ゲームならではの新しい体験を味わえる『FAIRY TAIL(フェアリーテイル)』

 『FAIRY TAIL』スペシャルステージでは、ゼネラルプロデューサー鯉沼久史氏と、プロデューサー菊地啓介氏、ゲストの大原さやかさん(エルザ役)が登場し、2020年に発売を予定しているプレイステーション4、Nintendo Switch、PC用ソフト『FAIRY TAIL(フェアリーテイル)』の最新情報が公開された。

 ステージの冒頭では、菊地氏がどのようのな経緯でゲーム化に至ったのかを紹介。最初に原作マンガが連載されていた週刊少年マガジンの出版元である講談社から、ゲーム化に関する話があったそうだ。それを受けて社内のスタッフに聞いてみたところ、作品の熱いファンがいることが判明。そんなこともあって、ゼネラルプロデューサー鯉沼氏に相談をしたことが企画の発端になったとのこと。また、『FAIRY TAIL』の原作者である真島ヒロ氏もゲームが好きで、「ぜひ家庭用で作って欲しい」という熱い思いがあったことも、今回の企画実現の後押しになったそうだ。

 冒頭の話に続いては、ゲームの魅力紹介のパートとなったが、今回は、4つのポイントに分けて内容が解説紹介された。

 ひとつめは、ストーリーについてだ。本作のストーリー前半は、“天狼島編”から“大魔闘演武編”へとつながっていく展開になるとのこと。しっかり密度を濃くしてストーリーを描くということで、アニメの終わりの話までは収録されていない模様。また、メインストーリーのほかにも、キャラクターごとのエピソードやオリジナルエピソードなども用意していることがトークの中で明かされた。

 収録するストーリーを決めるにあたっては、「最近のファンの方もいれば、昔からのファンの方もいるので、そうしたファンの皆様の全体に喜ばれるようなところを描いたほうがいいのではないかと思い、ストーリーを決めました。また、ある程度の主力キャラクターをも登場させたかったというのもありますね」と開発陣が説明した。

 ちなみに、エルザ役・大原さんの音声収録ははすでに終わっているそうで、「アニメとは違い、密度を濃くした内容になっているのでクライマックスの連続で、思い出のアルバムを見返す感じで懐かしく思いました。アクションシーンなども多く、うめき声や叫び声、技名などをたくさんやらせていただいので、そのぶん、魂がぎゅっと凝縮した収録になりました」と、収録後の感想をコメントした。

 ふたつめは、本作に登場するプレイアブルキャラクターについてだ。プレイアブルキャラクターは10名以上が登場することが判明。“フェアリーテイル”のギルド以外のキャラクターも登場するので、ゲームならではの夢のタッグを実現することも可能。これについて大原さんは、カグラとエルザがいっしょに戦っているシーンを見てみたい、思いを語っていた。さらに、新たに登場キャラクター3人のシルエット画像も公開。原作ファンならすぐにわかってしまうシルエット……!?

 3つめは、ギルドについてだ。『FAIRY TAIL』には登場人物たちが所属する“ギルド”と呼ばれる組織が複数登場するが、本作では原作の魅力であるギルドをゲームシステムとして再現。これを発展させて、“仲間とつくる最強のギルド”を作り上げることが遊びの大きな要素として組み込まれていることがわかった。

 ギルドで依頼を受け、各地で冒険し、また戻ってきて依頼を受ける、というサイクルを通じてギルドを発展させていくようなゲームスタイルとなっている。初期のころはギルドの内装などが廃れており殺風景だが、さまざまな依頼を受けて発展させていくうちに、その様子は変化していくそうだ。

 さらに、ギルドがある“マグノリア”の街についても紹介された。コミックなどでは一部しか確認できない街並みだが、ゲーム内では3Dで細かく再現。コミックなどではあまり見ることができなかった場所が見られるのは、ファンにとってはうれしい要素と言えるだろう。ちなみに菊地氏は、「街内でバトルが起こるかも」と本作の仕様の一部のヒント? とも思えることを話していた。

 最後に紹介されたのは、『FAIRY TAIL』ならではの魔法を使ったバトルについて。こちらはフルボイスで、キャラクターたちが技を放つシーンの実機映像が公開された。このパートでは、“マカロフ”が登場することも判明。

 映像紹介が終わると、会場のファンからは大きな拍手が。大原さんも涙が溢れんばかりに想いが込み上げていた様子だった。

 公開映像からは、3Dならではの迫力や質、奥行きなどが細かく作られていることが伺え、アニメやコミックなどではこれまで見られない部分も確認できた。大原さんは、「技を使うときは仲間がピンチのときなど大事なシーンが多いので、そのあたりのシーンが込みあがってきました。マカロフのフェアリーロウとかたまらないです!」と興奮気味に感想を語っていた。

 ゲームの魅力が一通り紹介されたあと、鯉沼氏は「アニメやコミックは好きだけどゲームはやらないという方でも楽しめるような内容にしています。また、アニメやコミックなどでは体験できないゲームならではの体験をしてもらえるようにしたい」と、ゲーム開発のこだわりをコメントした。

 ステージの終盤には、本作に関する最新情報が公開。2019年10月に公式Web生放送が行われることが発表された。この生放送では実機プレイ紹介のほか、さらなる登場キャラクターの発表がされるとのことなので、忘れずにチェックしよう。

 ステージの締めくくりとして、大原さんが「アニメも残すところわずかとなり寂しくなっているときに、このゲームのお話がきて、また引き続き『FAIRY TAIL』の世界を皆さんと一緒に楽しめると思うとワクワクが止まりません。自分の中でこの作品は人生の宝物なんだなと感じております。これからの情報をご期待ください!」とコメント。

 続いて「ファンの方が多い作品なのでプレッシャーの中、がんばって作っています。私がこだわっているのは、男性のキャラはかっこよくしよう、女性のキャラはとにかくセクシーにしようということ。ボリューム感たっぷりご用意しておりますので期待してください」と菊地氏。最後は鯉沼氏が「『FAIRY TAIL』のRPGゲームということでガスト一同がんばっております。10月にも新情報が出ますのでご期待いただいて、ソフトの発売をお待ちください。」とコメントし、イベントは幕を閉じた。