2019年9月12日~15日(12日、13日はビジネスデイ)千葉県・幕張メッセにて開催中の東京ゲームショウ2019。会期3日目となる9月14日にSIE(ソニー・インタラクティブエンタテインメント)ブースにて行われた、『ファイナルファンタジーVII リメイク』のステージイベントで同作の最新情報が公開された。

・ファミ通.com”TGS 2019情報まとめ“特設サイト

 本作のバトルシステムは、アクションとコマンド選択を組み合わせたものとなっているが、今回のステージではアクションを自動操作にまかせて、コマンド操作のみを行う“クラシックモード”が発表された。ステージに登壇したプロデューサーの北瀬佳範氏によると、クラシックモードの状態でもボタンやスティックを入力すれば、通常通りアクションを行ってくれ、入力を止めると再び自動操作に戻るとのこと。

クラシックモードへは、オプションの“バトルの難易度”から変更を行う。

 『FF7』と言えば、バリエーション豊かなミニゲームも魅力だが、本作ではミニゲームもリメイクが行われているそう。ステージでは、オリジナル版にも登場していたミニゲーム“スクワット勝負”の実機プレイが初披露となった。

 そして、最後に召喚獣に関する情報も公開。クラウド、ティファ、エアリスの3人がアプスと戦う映像が公開され、その中でイフリートを召喚する様子が確認できた。

エアリスのアビリティに関する情報も公開。“聖なる魔法陣”は、足元に魔法陣を発生させ、その中で魔法を発動すると、連続魔法に変化する。
召喚獣は、画面右に表示されている“SUMMONゲージ”が溜まると召喚可能に。召喚する召喚獣は装備している召喚マテリアによって変化するそう。
召喚獣は“SUMMONゲージ”がなくなるまで自動的に戦ってくれる。
自身のATBゲージを消費することで、召喚獣のアビリティを発動することもできる。
召喚獣は“SUMMONゲージ”がなくなると、超必殺技(※イフリートの場合は地獄の火炎)を発動して、帰還する。

※画面は配信をキャプチャーしたものです。